高額療養費の窓口適用

現在、入院医療で認められている
高額療養費の病院窓口での適用が、
来年の4月からは外来診療でも適応可能となります。

これにより、現在リウマチの生物学的製剤を使用中で、高額療養費の適応が受けられる方は、
医療機関窓口での一時全額支払いをしなくても、高額療養費上限での支払いで済むようになります。

あとから還付されるとはいえ、一時的に大きな現金を支払う必要があるのも生活には大変なもの。

来年の4月からは、そういった不便が少し解消されることになりますね。

2011.10.25 | コメント(2)

コメント

  1. tibisyuke2011年10月28日 3:59 PM

    後で戻って来るのと、立替なくて良いのとでは大きな違いが有りますね。病気の心配+お金の心配では
    治りも違うでしょう。

  2. 斉藤 究2011年10月29日 2:36 AM

    tibisyukeさん

    コメントありがとうございます。
    一時払いとはいえ、生物学的製剤の金額を窓口で支払うと50000円から、多い場合は10万円を超えます。
    病気の心配+お金の心配。
    日本の1000兆円を超える借金では、なかなかお金の心配を取り除くことはできないでしょうね。