院長ブログ

収納

今年最後の建築の打ち合わせが終わりました。

内装設計をしていますが、
外装ができたところで改めて床にベッドの大きさを床に
線引きしていくと、現実のスケール感が増してきます。

昨日は先輩開業医の先生を訪問し、
実際の収納や運用につき教えてもらいました。

かさばる湿布類は箱のまま床置きにしたり
ゴミ箱はカウンター下に入れ込んだり、
カウンター下に収まる冷蔵庫の大きさはこのくらいとか

今日は薬の卸さんに薬の空箱をたくさん持ってきてもらって、
実際のスケール感を認識しました。

勤務医をしていると
「看護婦さーん」と言うだけで必要な物が揃いました。

開業となると作業動線と大きさに物流を考えて収納を考えなくてはなりません。

もっと早くからこの辺りに注目しておけば
今こんなに苦労しなくてもよかったかなと反省です。

でもその時はその時で
大きな部屋の配置をみたり、外装を選んだり、機械を選んだりと
大忙しではあったんですけど、、。

年明けからはいよいよ採用に向けての打ち合わせが始まります。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2010.12.26 | コメント(0)

壁の裏側


現在のところ建築は壁の中、天井の中に隠れる
電気ガス水道の配線が行われています。
壁には花が咲いたように配線が円を描いています。

毎日のように打ち合わせが行われ、
話したことがすぐに工事に反映されていきます。

迷っているとどんどん工事が遅れてしまうので、
その場で図面から使い勝手を考えつつ
コンセント、LAN、ガス、テレビ配線を決定していきます。

現在の悩みは処置点滴室のベッドの配置と
カウンター収納の作り込み。

点滴室の大きなガラス張りから見えるお庭が生きるように、
限られたスペースにベッド、棚、冷蔵庫、点滴や包帯類の収納など
すっきり機能的に配置していかなくてはなりません。

今週末はリウマチ超音波の勉強に東京に行きますが、
処置室を作り込むのが宿題になりそうです。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究

2010.12.17 | コメント(1)

土地と時期


お世話になっている不動産屋さんから聞いたお話です。

今は一時の不動産投資の熱も冷めて、
名古屋の土地相場も適正価格になってきているそうです。

でも価格が下がって来ているので
売りに出る土地は今すぐに売りたいという人からしか出ず、
本当にいい場所はなかなか出ないそうです。
しかもいい場所は業者間でやり取りされ、
マンションなどになるとのこと。

今から考えると、現在の開業予定地を押さえたのは
土地の値段が上がり始めた頃でした。

目の前にはアオキスーパーがあり、ハローワークにも近く、
様々な地下鉄からバス路線が集中する猪高車庫直近という
現在の立地を確保できたのは、
そういう時期だからこそ出た物件だったのかも知れません。

もともとはカメラ屋さんのあった場所です。

カメラがみんなの思い出をサポートしてきたように、
これからはみなさんの健康と楽しい人生を応援する場所になるよう
頑張ります。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究

2010.12.15 | コメント(2)