院長ブログ

2019 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

2018年はこれまで行ってきた筋膜性疼痛、筋肉・筋膜のトリガーポイント診療をケアネット社の企画でDVDにまとめて発売することができました。
それを見てくれた沖縄の先生が当院の見学に来てくれたのもよい出会いでした。

また、臨床スポーツ医学という雑誌でも、当院で行っている筋・軟部組織の治療について論文発表することができました。

東京で長年行われている医師向けのSKILL UPセミナーにおいても4時間の講演の機会を得て、そこからも見学の先生がお見えになりました。
年末には神戸大学総合内科の先生が主催する勉強会にお招きいただき、筋膜性疼痛の治療について講演する機会を頂きました。
インターネットでのweb講演ではリウマチの鑑別診断やリウマチにおける筋膜性疼痛の鑑別などについてお話させて頂きました。

全国的に有名な理学療法士でもあり、組織間リリースという手技の講習会を行っていらっしゃる蒲田先生をお招きして、当院で医師向けセミナーを開催しました。蒲田先生の触診技術を間近で見れたことは、自分の触診を1段階も2段階も引き上げることになり、また治せる患者さんが増えました。

僕が監修する名古屋トリガーポイント治療院の前田院長、高橋鍼灸師と共に、鍼灸師、理学療法士のための超音波下触診セミナー肩関節編を初めて開催し、地域で活躍する医療者の痛み診療技術の向上に貢献できたことも新しい試みでした。

それと共に、日進月歩のリウマチ診療や、超音波下筋膜治療についていくために、土日は足しげく全国行脚していました。筋膜博士の首都大学東京 竹井仁先生が日本代表を務める筋膜マニピュレーションコースレベル1を受講したことも、自分のやってきた治療に共通することがたくさんあり、自信を深めました
今年のゴールデンウィークは10連休ですが、そのうち6日間はレベル2の受講にあてることになっています。(#^^#)

2019年は1月7日から診療開始です。

患者さんの「楽しい!」明日のために
という理念のもと、
リウマチ、慢性難治性疼痛、骨粗鬆症の治療を軸に
今年は
看護師、理学療法士、放射線技師、事務、鍼灸師、リラクゼーションセラピスト
それぞれのメンバーとの協力体制を強化しつつ、より高いレベルで患者さんを治療できるように、みんなでレベルアップを図っていくことが目標です。

一人でも多くの患者さんが笑顔になれるように頑張りますね。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

院長 斉藤 究

2019.01.01 | コメント(0)

松本家の休日 鍼治療

今日の松本家の休日
中国の鍼の先生が宮迫さんや松本さんの
肩こりを治していましたね。

「五十肩」と言われていた左肩の可動域制限。
これは五十肩じゃないよ、と言いながら
スネと首のツボにプスプスと鍼を刺して行きます。

すると今まで後ろに回らなかった肩が
すっと回るようになる。

「すげえなあ、こんな早く効くんや」
「中国4000年の歴史」
と言っていましたね^_^

人間の体は、肩が痛いと言っても
肩だけが悪いわけではありません。

肩が動くためには、
床を踏みしめる下肢から腰の筋肉が安定して
首や背中の筋肉も強調しながら、
腕の筋肉が動いて肩関節が回ります。

そのため、肩が痛いからと
肩ばかり触っているのでは
なかなか完全には治らないんですね。

全身の筋肉は引っ張りあっこをしています。
全身が協力して、脳の考えた動作を遂行するのです。

四肢体幹の痛み、運動器の痛みを取るためには
全身を見なくてはいけません。

これは、中国の経絡にも通じますし、
イタリアの筋膜博士である
ルイジステッコ、カーラステッコは
筋膜マニピュレーションという体系にまとめました。

アメリカのトーマスマイヤーは
アナトミートレインとして
筋肉と骨のつながりを解剖の上
動きのラインとして体系づけました。

僕はアナトミートレインや
筋膜マニピュレーションを学び
また現代理学療法を学び
トリガーポイント治療に応用して
前出の中国鍼の先生のような治療を行っています。

関連施設の名古屋トリガーポイント治療院では
テレビで出てきたような電気針治療も行っていますよ。

松本家の休日 で行なっていたような治療を
やってみたいという方は
名古屋トリガーポイント治療院を試してみては
いかがでしょうか。

鍼が危険な場所を刺さないように
安全に超音波画像装置を用いて
トリガーポイント鍼治療や電気針治療を
行なっていますよ。

2018.12.24 | コメント(0)

リウマチーム・ワークショップサミット2018

今日は東京有明で開催された、リウマチのチーム医療の会に
当院の看護師・理学療法士・医療事務さんと共に参加してきました。

全国の施設から、クリニックで参加していたのは当院だけ。
有名リウマチ病院に交じってクリニックでできるリウマチチーム医療について
スタッフと共に考えるよい機会にになりました。

名古屋医療センターでリウマチ診療をしていたころに比べて
クリニックでリウマチをやることの大きな変化は
毎日僕が診療しているので、何かあればすぐに相談しに来てね、と言えること。
看護師も部署の移動がなく、積み上げてきた知識とスキルが今の患者さんに還元できること。
いつも同じ顔がクリニックにいるため、安心できること。
病院でのリハビリはほとんどの施設において
術後のリハビリに限られているが、
クリニックでは手術が必要ないレベルの
機能障害もリハビリで治療することができること。
地域の各科クリニックと連携することで、
曜日に縛られずに医療連携が図れること。
超音波やレントゲンの検査はいつでもできること。
などなど、数限りないメリットがあります。

一方クリニックではできないこととしては、
手術(手術をしているクリニックもあります。)
が大きい。
でも、これも手術の上手な先生を選んで連携することで解決できます。

あとは、栄養管理士・臨床心理士・医療ソーシャルワーカーのアドバイスなどですが、
栄養管理士、臨床心理士のアドバイスは受けられない病院のほうが多いですね。

これだけ治療が進化して専門分化したリウマチは
医師一人ではリウマチ患者さんの長い人生をサポートすることができなくなってきました。
チームでリウマチ患者さんを支えることはもはや必須です。

一方、リウマチ専門施設と、まだ最新の治療薬すら十分に使えない施設との格差は
開くばかりです。

大阪の橋本淳先生とパチリ。

以下、今回の勉強会のtipsです。

橋本淳先生
リウマチ患者さんとそうでない人の寿命は変わらなくなってきている。
100歳時代のリウマチのチーム医療により全人医療を行う。
テクノロジーの進歩により治療ゴールが変化。
趣味、スポーツを楽しむリウマチ患者さんも当たり前になった。
手術も機能的なものから、外観的なものが増えつつある。
足関節の人工関節の成績もよくなってきて、7年で2例/50例のみ再置換術に。
足趾の骨頭温存術は素足で負見返しができる。
高齢になっても片足立ち、太極拳もできる。
日本は中足骨頭温存手術の報告が非常に多い。
リウマチであったとしても、関節温存は手術のオプションである。
Hirao M JBJS 足趾骨頭温存手術のまとめ
昭和ではなく、平成30年のリウマチ医療を!
リウマチの治療が遅れれば、ゴールとしての日常生活活動レベルが低下していく。
歩行できなくなれば骨粗鬆症も進み、骨折の未来が近づいてくる。
旅行、スポーツが楽しめるリウマチ治療を!
新しい知識をつけること以上に難しいことは、古い考えから解放されること。
精神の隅々まで値を張った古い考えを忘れること。
リウマチは100歳時代に!
100歳を迎えるにあたっての様々な問題に寄り添い、薬物療法、手術療法、リハビリ、ケアの4本柱を十分に活用するリウマチ医療が求められている。
100歳時代のRA医療には、多職種連携で支えるチーム医療が必要。
各科医師、看護師、理学療法士、医療事務、義肢装具士、医療ソーシャルワーカー、、、、
リウマチロコモチェック外来 リウマチ患者さんの身体機能を整形外科医と理学療法士でチェック。早期に機能低下を防ぎ、向上させるリハビリテーション、インソール、装具療法の導入へ。手術の必要性も早期に判断し、他の関節への連鎖障害を防ぐ。
足趾のチェックで感染も見逃さないように。フットケア外来。自己負担でも2か月先まで満員。日本フットケア学会で勉強。
妊娠出産育児の会
慢性疼痛管理の会 リウマチが寛解になったのに痛い患者さんに臨床心理士が関与
栄養管理の会 栄養士
リウマチ広域連携としての考え方。
診断の難しい患者の診断、治療の難しい患者の治療・・・自院の特徴を作る。
リウマチの治療格差をもっと減らすためには、身近にリウマチが相談できて、手術や特殊な治療が必要な場合には適切に連携ができる施設がもっと必要。
医療業界を超えたチーミングも必要。「チームが機能するとはどういうことか。」英知出版

高橋良先生
教育・EBM
リウマチ性疾患
チーム医療
未来の日本へ向けて。

日本は国民皆保険で医者にかかりやすい一方、医師不足も世界ワースト
医師だけでなく、コメディカルも活躍して総力戦で乗り切るしかない。

EBM 7%が発表された時点で、15%が1年以内、23%が2年以内に結論が覆されている。
ANN Intern Med 2007 Aug 21
今ガイドラインに載っていることは、10年後には悪しき習慣になっているかもしれない。

EBMとは?
診断・活動性・患者さんの気持ち・背景
教科書読んで、pubmed検索・・・医者はここを一番大事にする。
この研究を信じてよいのか
この患者さんにはあっているのか?・・・ここが一番大事。
問題は解決されたか

mHAQで書かれている生活レベルは現代には古い。
患者さんが困っていることは、現在の生活レベルに合わせたものに。スマホ、パソコン、ipad、介護、仕事のあり方。

三崎先生
Prophyromonas gingivalis菌が口腔内に多いと、関節の滑膜炎が消えない。抗CCP抗体産生を促してしまう。歯科との連携が必要。
関節リウマチの死因は心血管イベントが多い。
リウマチと動脈硬化
樹状細胞がIL6やTNFαを出して炎症を起こして関節を壊すとともに、動脈硬化も進行する。
CRPが高いと動脈硬化は進行する。
看護師も超音波を行うことで温かいゼリーに手を添えてtouching効果も。

NTT西日本大阪病院 房間看護師
生活習慣と食習慣
毎日食べているもの。はまっているもの。

コストをかけずに可能なサービス向上の必要性
コストのかかること、かからないこと

忙しい医師の時間をコメディカルができることを分担する。

2018.12.09 | コメント(0)