院長ブログ

武田先生の腰痛のご経験

発信力のある武田先生が
youtubeで自分の腰痛治療経験について
語っていらっしゃいます。
https://youtu.be/GihUcAwJGsA

多くの腰痛患者さんは
同じようなご経験をされてきたことでしょう。

科学者武田先生も、
この時ばかりは一患者としての治療経験から
科学的ではなく
整形外科医はダメ、整体師はオッケー
のようなお話をされています。

整形外科医の僕がいうのもなんですが、
一理あります^_^

だって、10件以上かかった整形外科で
治せなかった腰痛が
「整体」にかかって、
一発で治ったんですから、
全世界にそう発信したくなるのもわかります。

殆どの腰痛は
画像検査では異常がみられません。

患者さんの痛み方を聞いて
体の動きを見て、筋肉を触れば
だいたいどこが悪いのかわかります。

時には、
腰痛なのに腰は悪くなくて
ふくらはぎが悪いこともあります。

そこにトリガーポイント注射や
ハイドロリリースをすれば
多くの人で痛みが改善し、
根の浅い腰痛なら
その日に痛みが取りきれることもあります。

だけどちょっと待って。

じゃあ、武田先生の言うように
全ての腰痛は「整体」に行けば
良いのでしょうか。

そもそも、武田先生も
整形外科と接骨院、鍼灸院、整体、カイロ
などの違いをわかっているでしょうか。

一般の人はあまり知らないかもしれませんね。

整形外科医は医師ですので
病的状態を診断治療するのは得意ですが、
筋肉の治療を得意とする医師は
まだ多くはありません。

接骨院は
国家資格を持った柔道整復師が
治療に当たります。
骨折の初期治療は保険適応。
それ以外の痛みやコリの治療では
保険適応はありません。
(しかし殆どの接骨院が本来のルールを破って保険適応としています。これは、本当に病気で保険を必要としている人に使う財源を、コリのもみもみに流用されているという問題があります。)
画像検査はできないため、
病気を見逃す可能性があることがリスクです。
基本的に体に触って治療をします。

鍼灸院は
国家資格を持った
鍼灸師が治療に当たります。
針や灸を用いて治療をします。
痛みに限らず、様々な症状に対して
治療を行っています。
医師が必要と認めた場合のみ
限られた疾患にのみ保険適応となります。

そして「整体」は
無資格です。
達人もいるでしょうが、
自分で整体師と名乗れば
今日からでも誰でも整体師になれます。
だから、本当に気をつけて
自分の体に合うのかどうか
確かめてください。

多くの整形外科医は
整体、鍼灸、接骨院に行ったけど
治らない腰痛の中に
手術適応なのに状態が悪くなった人
帯状疱疹を見逃されていた人
圧迫骨折が見逃されていた人
などを経験しています。

一般的な整形外科医師は、
まずはレッドフラッグと呼ばれる
手術適応の強度の変形性関節症や
手術適応の腰部脊柱管狭窄症や
手術適応の椎間板ヘルニア
そのほか骨壊死や感染症、腫瘍、免疫病など
手術や内服の治療が必要な
「病的な」ものを除外してくれます。

そのため、まずは整形外科医に受診して
病的な状態ではないことを確認すると
安心でしょう。

しかし画像的になにも異常がないと、
整形外科医も
武田先生の言うように
湿布とロキソニンを処方して終わり
ということが多いのも事実。

筋肉の診断と治療は、
画像には写らないため
筋肉の診察の勉強を専門にして
自ら勉強していかないと
できるようにはなりません。

もちろん、
筋肉を中心に治療をしている当院でも
初診時にはほとんどのケースで
レントゲンは撮ります。

時にはエコーも行い、
レントゲンでは写らない病的状態を
見逃さないようにします。

その上で、
筋肉の診察に入ります。

他院で行った画像所見があれば
持ってきていただければ
重複した検査はしなくて良い場合もあります。

さらに、身体の状態を見て
採血まで行うこともあります。

貧血や炎症、内臓の状態や栄養状態が
現在の痛みに関わっていないか
知るためです。

難治性の腰痛の中には、
膠原病である強直性脊椎炎などが
隠れていることもあります。
診断には採血やMRIが必要です。

武田先生のご経験は、
流石に10回以上整形外科に受診して
なにも病気がなかった腰痛で、
なおかつ「整体」で治ったということは
やはり筋肉筋膜による腰痛だったと
いうことでしょう。

もっと多くの整形外科医が
筋膜性疼痛を理解して
筋肉の触診技術を身につけ、
ハイドロリリースの治療を
できるようになると
武田先生のご意見も
変わるかもしれませんね。

2019.07.02 | コメント(0)

今この瞬間の幸せに気づくこと

いつも配信していただいているメルマガ
人の心に灯をともす
から、今日はこんなお話が届きました。

僕が診療している
慢性の痛みの患者さんの中には
こんな心の切り替えがあると
体もすっと軽くなれるんではないかな、
と思う方もいます。

自分の現状や
これまでの医療に対する
不平、不満、怒り、悲しみなどの感情を
初診の時からぶつけてきます。

覆いかぶさってくるような
という印象をもつこともあります。

でもそこで切り替えます。

今、あなたはどうなりたいか。
それだけを考えましょうよ。

怒りや不安は交感神経を高ぶらせます。
すると心拍数や血圧は上がり
睡眠もままならず
全身の筋肉は常に緊張してしまいます。

今自分が負のエネルギーに満ちた状態に
あることに気づくことも
痛み治療にはとても重要です。

全身の力を抜いて、深呼吸してから、
ぜひこちらのメルマガを読んでみてくださいね。

【今この瞬間の幸せに気づくこと】3695

小林正観さんの心に響く言葉より…

あるホテルでエレベーターを待っていたときのことです。

目の見えない方が2人、白い杖をつきながらエレベーターから降りてきました。

そして、「どなたかホテルの方はいますか?」と声を出しました。

私の後ろに荷物を押しているホテルの女性職員がいて「はい」と答えたので、2人は「大浴場はどちらですか?」と尋ねた。

職員は荷物のほうを向いていたので、2人が目の不自由な方とは気がつかなかったのでしょう、「あちらです」と指をさして言いました。

2人が「では肩を貸してください」と言ったので、職員も「あっ!」と気がつき、謝りながら2人に近づいて、肩に手を添えながら歩いていきました。

この光景を見て、思いました。

私は目が見えないという経験をしたことがありません。

だから「あちらです」と言われて不自由に感じたことはない。

日常のあたりまえの言葉なのです。

しかし、目が見えない人にとって、それはあたりまえの言葉ではなかった。

彼らは肩を借りて誘導してもらわなければいけないのです。

生まれてからずっと目が見えない人は、「1秒でもいい、いや0.1秒でもいいから、親の顔を見てみたい」「結婚した相手の顔を見てみたい」「子どもの顔を見てみたい」と思いながら生きているそうです。

私たちは、0.1秒どころが、生まれてこのかた目が見えないことなどないにもかかわらず、目が見えるということに対して、感謝することなどまずありません。

それどころか、「あれが欲しい」「これが欲しい」「あれをよこせ」「これをよこせ」と現状に対して不満ばかり口にしています。

私たちは小さい頃から、足りないものをリストアップして、それを手に入れなければ幸せになれないと教え込まれています。

そのように洗脳されているのです。

「自分がいかに恵まれているか」「自分がいかに幸せか」「自分がいかにありがたい状況に生きているか」ということに気づいたら、「不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句」の「五戒」など口から出てきません。

願いがかなったら、望んだものが手に入ったら感謝する、というのは、本当の感謝ではありません。

何も要求することなく、不平不満を言うこともなく、いま目の前にあるものをありがたく味わう。

それこそが、本当の「感謝」なのです。

人は、自分がいかに幸せな状況のなかで生きているのかに気がつきません。

かぜをひいて、丸1日何も食べられなかったら、かぜが治ったときに食べた1杯のおかゆがとてつもなくおいしく感じられるでしょう。

元気いっぱいで毎日おいしいごちそうばかりを食べていたら、おかゆのおいしさはなかなかわからないでしょう。

では、かぜで丸1日食べられなかったことは、はたして不幸なことだったのでしょうか?

そうとはいえないでしょう。

私たちが「幸せ」を感じるためには、その前には一般的に「つらい、苦しい、大変」といわれる状況が起こるようです。

そういう構造になっている。

それは、時計の振り子にたとえてもよいでしょう。

真ん中から右側が、一般的にいう「不幸」。

つらい、悲しいと感じる領域です。

一方、左側に行けば、いわゆる「幸せ」だと思ってください。

「幸せを見せてください」と言われた神さまは、まず思いっきり右側に振り子を振ります。

そして私たちが「もう耐えきれない、ギブアップ」と言うと、神さまはその振り子から手を離します。

振り子は勢いがついて、真ん中を通り越して、大きく左側(幸せ)に行きます。

そのことに気づいたら、私たちはつらいこと、苦しいこと、大変なことに遭遇したときも、一喜一憂せずに、平静な心でいられるかもしれません。

『人生は4つの「おつきあい」』サンマーク出版

小林正観さんは、本書の中でこう語る。

『いまという瞬間に幸せを感じるということは、目の前にあるものを楽しみ、味わい、大事にすることです。

いま目の前にいる人を大事にして、できるかぎりのことをしてあげること。

それは「念を入れて生きる」と言い換えてもいいでしょう。

「念」という文字は、「今」の「心」と書きます。

「念を入れて生きる」とはどういうことなのか、すでに「念」という一文字の成り立ちに込められているのです。

それをお釈迦様は「刹那(せつな)」「刹那を生きること」と言ったそうです。

刹那とは、ほんの一瞬。

いまここのこの一瞬、一瞬が一生の長さだとお釈迦さまは説いたのです。

私たちはともすると、明日何をしようか、将来どうなっているかなどと考えて、いまの瞬間を過ごしてしまいます。

しかし、「刹那」を生きるということは、目の前にいる人、物、現象を大切にすること。

いまという瞬間を心をこめて生きることです。

良寛さんは「私の口から出る言葉は、すべて贈り物でありたい」と言いました。

貧しい僧侶であった良寛さんは、何か物をプレゼントしようと思っても、何も贈るものがない。

だからせめて、言葉を贈り物にしよう。

自分の口から発する言葉は、つねにやさしく、あたたかく、人を励まし、勇気づけ、心安らぐものでありたい…。

良寛さんは、たとえ人からどんなひどいことをされても、このことを実践しつづけたのです。

それが、この一瞬を大切に生きる。

すなわち、「念を入れて生きる」「刹那を生きる」ということです。

この一瞬を大切にしないで、いつ、誰を大切にするというのでしょう。

私たちは、いま目の前にいる人、いまここに起こっていることしか大切にすることはできません。

昨日会った人を抱きしめることはできないし、明日会う予定の人を抱きしめることもできません。

いま目の前の人を抱きしめること。

自分のとびっきりの笑顔を見せてあげること、できるかぎりのやさしい言葉を贈ってあげることです。』

我々は、ともすると、今この瞬間の幸せに気づかないことが多い。

目が見えること、手足が動くこと、息ができること、仕事に行けること、そして、生きていること…。

当たり前の幸せに気づかない。

不足を数える人は、今ある幸せに気づかない。

不足を数えれば数えるほど、不平不満、愚痴、泣き言、文句が出てくる。

良寛さんは「私の口から出る言葉は、すべて贈り物でありたい」と言ったという。

それが「愛語」。

心のこもったあたたかい言葉だ。

今この瞬間の幸せに気づき、愛語の実践を重ねたい。

■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

2019.07.02 | コメント(0)

WEB講演してきました。

今日は生物学的製剤オレンシアの会社である、ブリストル主催のWEB講演会でお話してきました。

web講演は、聴いてくれている先生方の顔も見えず、1人でスライドを見ながら話し続けます。

こんな感じです。
さみしそうでしょ。

これで1時間喋り続けてきました。

さて、その内容は、、、

リウマチ患者さんが、痛みを訴えた時には、
リウマチによる痛みの可能性
リウマチ以外の病気による痛みの可能性
病気ではなく、筋肉のコリであるトリガーポイントによる痛みの可能性
などを鑑別する必要があります。

リウマチによる痛みかどうかは、
単に関節を触診するだけでは分からず、
特に肩関節や股関節は筋肉の奥深くに関節があるため、これがリウマチによる関節の痛みだ!と断定するのは、触診だけでは難しいのです。

そのため、今日のお話では、
リウマチ患者さんの肩周辺の痛みについて
超音波を使って見分ける方法を
お話させていただきました。

まずは超音波で活動性の滑膜炎が無いか見分けること。

肩峰下滑液包や、上腕二頭筋腱にはリウマチ患者さんでなくても炎症が出やすいところなので、孤発の炎症であれば局所のリンデロン注入を複数箇所の炎症であれば投薬治療の強化を考えること。

痛風、偽痛風などの結晶性関節炎は肩鎖関節にも見られること。

滑膜炎が認められなければ、肩の痛みの原因としての病的な状態である、リウマチによる肩破壊、OA、肩板断裂や石灰沈着性腱板炎、滑液包炎、上腕二頭筋腱炎などを考えます。

そして、超音波診断で病的状態や炎症を除外できれば、あとは筋肉の痛みが残ってきます。

というよりも、ほとんどの痛みは筋肉、筋膜が起こしているので、そちらの治療の方が大切とも言えるでしょう。

今回の講演では、肩の周囲の筋肉や神経、血管の解剖を元に、超音波での見え方、実際の治療例も報告してきました。

少しでもリウマチの先生達が筋肉の痛みを理解してくれる手助けになれば幸いです。

2019.06.19 | コメント(0)