院長ブログ

夢エールの効果

先日ご紹介したてっぺん夢エールの報告メールがきました。

みなさんにも読んでいただきたいので転送します。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

★★★★★★★★★★★

夢エールの大嶋です。

世界中が動いています。涙がでます。

被災地の方が、懸命に助け合われている姿、闘われている姿を見て、日本だけでなく、世界中が動き始めています。

九州や沖縄、関西、中四国、東海、甲信越、関東、日本中、ものすごい勢いで動き始めています。

昨日だけで、夢エールを見た方だけで、救援物資が20トン以上届きました。

本当に本当にありがとうございます。

昨日届いた分は、てんつく兄さんチーム、加藤秀視チームが動いている石巻エリアに届けさせていただきます。

まだまだ、救援物資が足りていないエリアがたくさんあるそうです。

今日から事務局を6人体制にして、少しでも早く、被災地の方に、必要なものが届くようにしていきます。

また、随時、報告させてください。

皆さんの熱い思い、本当に本当にありがとうございます。

また、報告させていただきます。

最後にお問い合わせ先の変更です。
昨日ご案内しましたお問い合わせメールアドレスの記載に不備がございました。
正しくは<m.onitsuka@teppen.info>でございます。
また、電話でのお問い合わせは下記連絡先にお願い致します。
080-4058-4529
又は
080-4059-2902

ありがとうございます。

2011.03.18 | コメント(0)

人生最後の病院当直


今日は名古屋医療センターで外科当直中です。

院内の東北地方太平洋沖震災対策本部には
いくつものホワイトボードが立ち並んでいます。

僕が出動したDMAT1隊目に引き続き、DMAT2隊目が仙台で医療支援にあたり、
続いて本日から国立病院機構医療班1が
岩手県山田町にて救護活動を開始しました。
さらに医療班2は医師1、看護師2、薬剤師1、事務1の5人チームで
今朝、山田町に向かって医療資機材を満載して出発しました。

国立病院機構医療班として名古屋医療センターからは
現時点で6チームを派遣することが決定しています。

今後は飛行機で花巻空港に人を運び、トラックで資機材を運ぶ体制が
整えられていく予定です。

日本全体が皆、それぞれのできることをやろうと一つになっています。

僕は今夜は当直。
先程骨折の緊急手術を終えてきました。

明日は骨盤骨折の手術です。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

2011.03.18 | コメント(0)

被災地へ救援物資を届ける方法

たまに僕のブログでも紹介する
てっぺん夢エール
というメールマガジン。
いつも元気をもらうのですが、
今回はすごいことをやってくれました。
以下転送です。

名古屋市名東区平和が丘一丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長(未) 斉藤 究
http://saito-seikei.jp/

★★★★★★★★★★

緊急のお願いです。

夜分遅くに本当にすみません。

夢エールの大嶋啓介です。

全国の皆さんに、救援物資のお願いがあります。

今、てんつく兄さん、加藤秀視、筒井アニキ、てんつく兄さんの仲間たちが、被災地に直接行って、救援物資を運んでくれています。

皆さんがご存知の通り、被災地では、全く救援物資が足りていない状況です。

被災地の方は、ギリギリの状態で闘われています。

まだまだ救援物資が届いていない地域もあるそうです。

どうか、皆さんの力を貸してください。

一般の方の救援物資を被災地まで、運んでいただける救世主の運送会社さんが名乗りを上げてくれました。

【関東・北陸・甲信越エリア】
会津通商株式会社関東営業所
〒340-0801埼玉県八潮市八條1610-9ミノルビル2F
TEL:048-998-2725
担当:伏見さん

株式会社関根エンタープライズ
〒343-0012埼玉県越谷市増森207-12関根ビル2F
TEL:048-969-5510
担当:塩谷さん

【関西エリア】
会津通商株式会社関西営業所
〒578-0963大阪府東大阪市新庄3-21-47
TEL:06-4309-1880
担当:中野さん

【東海エリア】
名備運輸株式会社
〒485-0084愛知県小牧市大字入鹿出新田字大島312-1
TEL:0568-72-3552
担当:丸川さん

三重執鬼株式会社
〒513-0821三重県鈴鹿市地子町523-2
TEL:0593-84-0003
担当:寺田さん

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

送っていただきたい救援物資は、

『お米』
『お水』
『トイレットペーパー』

です。

わかりやすく“夢エール救援物資”と書いてください。

念のため箱詰めしていただいた物資(米・水・トイレットペーパー)もあわせて書いてください。

一人ひとりの救援物資が、たくさんの方の命を救います。

日本中の皆さんのお力を、どうかお貸しください。

一人でもたくさんの人の命が助かりますように。

どうか、どうか、よろしくお願いします。

●お問い合わせ先

てっぺん事務所
TEL:03-6416-9208
メール:m.onitsuka@teppen.info
大嶋、鬼束まで

─━─━─━─
有限会社てっぺん
代表取締役 大嶋啓介
◆ブログ
http://ameblo.jp/k-teppen
◆携帯メルマガ登録
(空メール送信)
→tp@japj.jp
─━─━─━

2011.03.16 | コメント(1)