院長ブログ

成長を目指せる人と、目指せない人

昨日はたっぷり寝て、日頃の寝不足を解消。
今日は早起きして、朝から書類仕事と原稿の仕事をしています。

早起きは三文の徳とはよく言ったものです。
日頃夜型の僕にはなかなかハードルが高い目標でもあります(^_^;)

さて、今日読んだ本
入社3年目までに知っておきたい
 プロフェッショナルの教科書

社会人歴15年の僕が今読んでも
もっと早くから気づいておけばよかったと思う
仕事のエッセンスがちりばめられています。

その序文には

25歳というのは、ものすごく大事な年齢です。
「自分はこのくらいが限界だ」
「みんな、こんなもんだろう」
と思って自分を成長させる努力をやめてしまう人と、
そこからさらに自分を成長させていける人とで、
道が大きく分かれてくるのがちょうどこの頃だからです。

と書かれています。

僕が研修医1年目の時には
研修医教育の先生から
研修医の2年間で、一生の働き方は決まる。
と言われました。

でも、僕が研修医教育の仕事に携わってからわかったのは
2年どころではない。
1年目の終わりには、同じ年に入職した研修医の間にも
大きな差が開くということです。
この差は、遅れた人が猛スピードで取り返そうとしても
先に全力疾走していた研修医には追いつけないくらいの差です。

ウサギとカメではありませんが、
ウサギは休んだから負けたのであり
ゴールまでウサギが走り続けたなら当然カメには勝っています。

最初に身に着けたスキルは一生ものです。
先に身に着けて一生役に立てるか
10年目にしてやっと気づくか。
その差は大きいものと思います。

さて、プロフェッショナルの教科書の序文は続きます。

成長を目指せる人と、
目指せない人の差はどこから来るかといえば、
僕は単純に、まずは知っているか、いないかの差ではないかと思います。
つまり、
「こうすれば自分で限界だと思っているものは限界ではなくなる」
「上を見れば、みんなこんなもんじゃなく、もっと努力している」
ということを知ることができる環境にあるかどうか。
それを知らない人は、
「自分の限界はこんなもんだろう」
「みんなこれくらいで妥協しているはずだ」
と思い込んでしまう。
だから、知ることはすべての第一歩です。

2014.05.25 | コメント(0)

骨折診断のコツがムック本に収載されました。

名古屋医療センター時代からずっと続けている研修医教育の仕事。
現在も、八事日赤の総合診療科から、
毎週土曜日に若い先生が勉強に来てくれています。

若い先生に自分の診療スタイルを伝え、
その先生がまた自分の知らない人と出会い、助けていく。
教育は本当に素敵な仕事です。

さて、このたび、勤務医時代に執筆した
研修医向け雑誌レジデントノートの
骨折診断のコツについての記事が
ムック本に収載されました。
下記画像クリックで楽天ブックスにリンクします。

【楽天ブックスなら送料無料】ズバリ!日常診療の基本講座(3) [ 奈良信雄 ]

ズバリ!日常診療の基本講座(3) [ 奈良信雄 ]
価格:3,456円(税込、送料込)

研修医が穴のあくほどレントゲンを見つめても
なかなか見つけるのが難しい骨折もあります。
それを、骨折のプロフェッショナルである整形外科医が
どのようにレントゲンを見て一瞬で骨折を見抜くのか
できるだけわかりやすく解説した記事です。

自分の伝えたいことが記事になった上に、
年を経てこうして単行本になっていくのも
うれしいですね。

羊土社のみなさん、よい機会をありがとうございました(^v^)

僕の担当した骨折診断部分の目次です。
その21 骨折診断のコツ… ………………………………………………………………… 斉藤 究 197
 プライマリ・ケアの整形外科
 体を痛がる患者さん〈診察のコツ〉
 X線は撮ったものの,どう読めばいいの?
 整形外科医を呼ぶか,帰宅させるか?
その22 見逃しやすい骨折の転機と鑑別のポイント…………………………… 斉藤 究 203
 転んでから立てないと来院した患者さん
 転んで手を突いてから手関節周辺の痛みを訴える患者さん
 腕を動かさない小児

2014.04.13 | コメント(0)

Wishくん 10巻

小牧のアーティスト ドン・カ・ジョンさんの作品
Wishくんの第10巻
が届きました。

9巻までのはがきサイズから、一回り大きくなって
リニューアルした第10巻は
今の季節の桜色。

wishくんとは、
「いろんなお店に、wishくん(ポスト)を置いてもらい
 一般の方がハガキを買って、
 ちょっと未来の自分にお便りするように、
 住所、氏名、そしてお願い事を書いて投函してもらいます。
 ドン・カ・ジョンがすべて回収し、表面にそのお願い事を
 絵や詩にして、一度すべてギャラリーに展示した後に
 切手を貼って みなさんの家に発送します。
 ポストにハガキを入れて、ポストに届くまでがこの展覧会で
 原画が一枚も残らない展覧会です。」
(本文1ページ目から抜粋)

当院でも、七夕の前になると
受付にwishくんポストを置いて
この展覧会に協力しています。

さて、ドンさん今回は1199枚の願い事を絵にしたとのこと。

この表紙の一枚も本文にありました。

その願い事は、、、

「お父さん(77才)前立腺がんで落ち込むな!
 息子りょう養中 まご4人の笑顔忘れないで
 何度試練がこようとも、絶対私は負けない」
とありました。

ドンさんは、その願い事にこの桜の絵を描き
詩を付けました。

wishくん 第10巻
「あと100回 お父さんと 桜 見るからね
               don ca jon 」

今回も心温まり、ほろりと涙が落ちる1冊でした。

Wishくんは、当院のラウンジで全巻お読みいただけます。
(貸出は行っていません、、。)

また、ドンさんのホームページからも購入できますので、
こちらからどうぞ。
ドン・カ・ジョンさん ホームページ 「月面サーカス」

2014.04.08 | コメント(0)