院長ブログ

2周年&新入スタッフ歓迎会

昨日は2011年5月10日の開業からの2周年お祝いと
新しいリハ助手さんの歓迎会を行いました。

以前ランチを食べに行ったときに
パスタのうまさに感動した
本山のCOTTOというお店です。

COTTO
写真はお店のHPから。

コースでお願いしてあったのですが、
前菜、パスタ、メイン、デザートと選べるのが嬉しい(^-^)

僕は前菜いろいろ盛り合わせと
前回もうまかったカルボナーラ。
そしてメインはバルサミコ酢が甘酸っぱい牛肉のタリアータ。
写真 2013-05-18 19 22 07 写真 2013-05-18 20 40 58

くじ引きで座ったスタッフのみんなと
娘が彼氏と旅行に行ったらどうする?なんて話をしながら
おいしいお食事をいただきました。
・・・どうしましょうね(+o+)

今月から入職したスタッフも
早くも馴染んでいる様子で、よかったよかった。

お店の方も感じよく、
大満足の土曜日でした。
ごちそうさまでした!!

CIMG7686COTTO梅田さん花木さん
CIMG7691CIMG7694
CIMG7688CIMG7701

2013.05.19 | コメント(0)

今日購入した雑誌
MODERN LIVINGの中に
「気分と建築」という記事がありました。

「風をおこす」というタイトルで、
建築家の中村拓志(ひろし)さんの書いた文章の入口が素敵です。

「窓を開ければ、さまざまなものが動き出す。
 表面に出ている皮膚やうぶ毛に意識を集中し、
 風を感じてみよう。

 カーテンや観葉植物の葉が
 わずかに揺れたのは目の錯覚だろうか。

 床のチリがほんのすこし舞い上がり、
 髪や体毛がかすかに震えてはいないか。
 
 皮膚表面の体温がほんの少しゆらいだ気がしないか。

 風は分け隔てなく、場所と場所をつないでいく。

 暖気と冷気をつなぎ、気圧の差をうめる。

 よい匂いだろうが嫌なにおいだろうが、
 すべてをまぜこぜにする。

 部屋の隅々が世界のあらゆるところとつながっていくのだ。

 当たり前だが風に実体はない。

 大気が均質性を好むせいで、 空気が移動するわけだが、
 その結果を風と呼んでいるだけなのだ。

 にもかかわらず、風を確かな存在として感じ、
 そこに意思を感じるのはなぜだろうか。」

・・・

ちょうど風が気持ちのいい季節になりました。

これまで暖房を入れていた院内も、
少し風を入れ始めています。

 
 

2013.03.20 | コメント(0)

イベント終了!

3月10日 日曜日は、
1年ぶりに僕が主催するイベント JAZZCOMPASS!でした。

社会人が会社帰りにふらりと立ち寄り
いい音楽と新しい仲間に出会えるイベント
というコンセプトで、
勤務医の時には2か月に一度開催していましたが、
開業に伴い今は年に1度となりました。

おかげ様で、矢場町のcafe DoDoは外までお客さんがあふれるほどの大盛況!
皆さん、ありがとうございました\(^o^)/

僕も30分ほどの久々のDJ
JAZZやハウス、ラテンなどをかけました。
image

今回のゲストライブは
優しく伸びのある歌声の丸石輝正くん
写真
ホントに心に響く歌声です。
こちらのYOUTUBEもチェックしてください。
「ありがとう」
「ヒマワリ」
今回のライブでは、ぼくの妹もコーラスで参加して、
またソロとは違った美しいフレーズでお客さんを魅了してくれました。

そして、もう一組のゲストライブは
ORIGAMI PRODUCTIONより
SWING-O a.k.a. 45
が東京より参加してくれました。

これまでクラブミュージックだけでなく、MISIA、近藤房之介などの
POPS、BLUESのミュージシャンともコラボレーションするキーボーディストで
参加したアルバムは述べ100枚以上!

このSTOP!LOOK!LISTEN!は
swing-oさんがほんとにいろんな音を聴いて、それを自分の音楽に昇華しているのが感じられる
ジャズ、クラブジャズ、アシッドジャズ、ダンス、ヒップホップなどの要素を併せ持った
ジャケットの見た目よりもとても美しい旋律を持ったアルバムです。
最近名古屋のHMVでもレコメンドされていました。
ぜひ聴いてみてください。

様々なDJの持つ素敵な音楽セレクションも楽しみながら、
懐かしい顔、最近出会った方たちとの再会、新しい出会いもありました。
またこれから一年、音楽からもらったエネルギーを
患者さんに還元していきたいと思います。
写真2

丸石輝正official website
http://www.maruteru.jp/

swing-o official website
http://swing-o.info/

2013.03.13 | コメント(4)