院長ブログ

1年ぶりにDJ&LIVEのJAZZイベントやります!

◆◇◆ 3/10(日)『JAZZCOMPASS! Special Night』◆◇◆

□ genre…All around JAZZ

□ cast…[Special Live&DJ]SWING-O a.k.a. 45(from ORIGAMI PRODUCTION)
[Guest Live]丸石輝正
[DJ]KIWAMU / 徳島 / 桑原 / 古川

□場所 矢場町 cafe DODO
□ charge…2000yen(1drink別途)
□ start…17:00
□ end…23:00

□ coment&concept…1年ぶりに再びJAZZCOMPASS!が帰ってきます。
しかも、スペシャルゲストは
CHARA、MISIA、清水翔太、堂本剛、Zeebra、近藤房之助 etc…への楽曲提供でも定評のあるキーボーディスト&プロデューサーの【SWING-O a.k.a. 45】

一夜限りのスペシャルなジャズナイトです!

ゲストのライブ映像です。
45trioライブ@恵比寿liquidroom
http://www.ustream.tv/recorded/26906068

当日のタイムテーブルです。

17:00open〜DJ究、古川
17:45~DJ桑原
18:15~丸石輝正ライブ
19:00~DJ究
19:30~DJ古川
20:00~swing-oライブ
20:45~DJ徳島
21:15~swing-o DJ
22:00~DJ allstars

■cafe DODO
http://www.hotpepper.jp/strJ001000511/?vos=cphpporgsmaf110524001
▽このお店の地図
http://www.hotpepper.jp/strJ001000511/map/?vos=cphpporgsmaf110526001

【SWING-O a.k.a. 45】
黒い現場にこの男あり!
70年代ソウルフレーヴァに日本人的感覚が融合したサウンドと圧倒的な鍵盤さばきでシーンに新風を吹き込む鍵盤奏者。
今話題の音楽レーベルorigami PRODUCTIONSの中心人物にして、CHARA、福原美穂、Zeebra、近藤房之助、DJ Kawasakiなど様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュースする(参加したアルバムは100枚以上!)ほか、2011年には椎名純平(vo)、竹内朋康(gt)らとSOULバンドDezille Brothersを結成するなど、様々な音楽活動を通し、100枚を超えるアルバムへの参加で黒い音楽普及にアグレッシブに挑んでいる。
2011年12月7日には45として3作目となるアルバム”Stop!Look!Listen!”をリリース、英BBCラジオでヘビープレイされるなど各所で話題となっている。

【丸石 輝正】
 柔らかく素直な歌声は、時に優しく、時に力強く聴く人の心に語りかける。 2005年に日テレ、オーディション番組の『歌スタ』に合格し、作曲家コモリタミノル氏が楽曲提供。その後、自分の音楽を追求するため名古屋のストリートやライブハウスで唄い始める。2012年2月、日本クラウンより「ヒマワリ」「僕だけが僕になれない」をリリース。

2013.03.03 | コメント(0)

天国と地獄

稲盛和夫さんの
「成功」と「失敗」の法則 を読み始めました。

これまで天国は雲の上でおいしいごちそうがたくさんあって
とても暖かくて明るい場所というイメージがありました。

地獄は閻魔様がいて、鬼にお尻をつつかれながら
釜茹でにされて、舌をぬかれて、、、というイメージでした。

でも、稲盛さんが、京都の円福寺のご老師から聞いた
天国と地獄は別物でした。

天国も地獄も、外見上は全く同じというのです。
違うのは、そこに住んでいる人の心だけ。

地獄には自分のことしか考えない利己的な人が住んでおり、
極楽には思いやりにあふれた利他の心を持っている人が住んでいる。

心が違うだけで、天国と地獄がわかれるとはどういうことでしょうか。

たとえば部屋の真ん中に大きな釜があり、うどんが煮えています。
天国でも地獄でも、1mくらいの長い箸の端っこを持って食べなければならない
というルールがあります。

釜の大きさも、釜を囲んでいる人数も一緒で、
そこにいる人の心だけが違います。

すると、地獄では我先にとうどんをつかみますが、
箸が長すぎて自分の口に入らない。
反対側からは、こいつに食われてたまるか、と
人の取ったうどんを箸で引っ張る。
こうして阿鼻叫喚の図が出現し、うどんは飛び散り
誰も一口も食べることができず、人は餓鬼道に走ってしまうというのです。

一方天国には思いやりにあふれた人だけが住んでいるので
うどんを箸でつかむと、「はい、どうぞ」と
釜の向こう側の人に食べさせてあげる。
すると、「ああ、おいしゅうございました。今度はあなたがどうぞ」と
その人にうどんをとってあげる。
誰もがうどんを穏やかに、感謝しながら食べているとのことです。

心の在り方次第で、現実は天国にも地獄にもなる。

稲盛和夫 「成功」と「失敗」の法則

稲盛さんは、
私たちの暮らす現代の社会が、
自分よりまず相手のことを思いやる、優しい心に満ちた人々であふれる
素晴らしい社会となることを心から願っています。
と締めくくっています。

Give and Takeという言葉がありますが、Takeの前にGiveがあります。
Give, and Take. 与えよ、さらば与えられん。です。
反対に、Take and Giveの心では、いつまでたってもうどんは食べられそうにありませんね。

2013.02.22 | コメント(0)

魂の約束

今日はメルマガ、人の心に灯をともす、から
とても素敵なお話をご紹介します。

少し長い文章ですが、
是非読んでみてください。

今回紹介されている本の著者は中学校の先生。
こんな言葉をかけてくれる先生が増えれば
日本の将来は明るくなりますね。

【魂を磨く】№1140

醍醐千里氏の心に響く言葉より…

この世でたった一人の大切なあなたへ

【魂の約束】       

私たちは生まれるとき、神様から魂をいただきました。

みんなその魂を、自分の真ん中においています。

魂は磨けば磨くほど光ります。

漢字の練習を一生懸命しました。

魂は昨日より光ります。

電車でおじいさんに席をゆずりました。

魂は昨日より光ります。

弟におやつをあげました。

魂は昨日より光ります。

今日はごめんねが言えました。

魂は昨日より光ります。

あの人にありがとうが言えました。

魂は昨日より光ります。

努力をすることや、誰かや何かに優しくすることは、魂を磨きます。

けれど 、努力をすることや、優しくすることだけではなく、 楽しいこと、うれしいことも、 魂を光らせることが分かりました。

友だちと楽しく大笑い。

魂は昨日より光ります。

誕生日のプレゼント。

魂は昨日より光ります。

楽しいことやうれしいことも魂を磨くと知って、 私はなんだかホッとしました。

ある日、そうじをさぼって友だちと遊びました。

友だちと楽しく大笑い。

けれどその日、自分の中の魂を見て驚きました。

あんなに楽しく笑ったあとだったのに、 魂は、光るどころかくもっているのです。

ある日、友だちからネックレスをもらいました。

お店から盗ってきたネックレスだと言います。

ほしかったものなので、 よく考えもせずにそれを受け取りました。

   その夜、魂を見てみたら、その日もまた魂は、 昨日よりくもっていました。

ある日、一人が言いました。

「ねぇ、あの子、気に入らないよね?」

あっという間に、その子はひとりぼっちになりました。

私は、その子をひとりぼっちにさせる側にいました。

その輪の中で私には、急に仲間が増えました。

新しくできた仲間とともに、 おもしろおかしく過ごしました。

そんな日々を送る中、 私は久し振りに、自分の中の魂を見てみました。

私の魂は真っ黒になっていました。

私は、自分の魂の色を見て、 とてもおそろしくなりました。

楽しいこと、うれしいことの中にも、 魂をくもらせること、 魂を濁らせることもあると分かりました。

楽しいこと、うれしいことには、 2種類あると分かったので、 これからは、 気をつけていかなければならないと思いました。

毎日魂を磨き、 毎日魂の様子を見ているうちに、 私は不思議なことに気がつきました。

磨いたつもりのない日でも、 魂の輝きが、増しているときがあるのです。

そういう日の一日を振り返ってみると、 その日は、きれいな花を見たり、美しい夕焼けを見たり、 そういう日だったことが分かってきました。

映画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり。

そういうことでも魂を、磨くことができるのです。

楽しいことやうれしいこと、 目にした景色や、聞こえてくるメロディ、あたたかな言葉。

その日その日のなんでもないことも、 私の魂を磨き続けてくれたのです。

できるだけ魂を光らせようと、毎日を送っていましたが、 ある日、私は少しだけ疲れてしまいました。

夢の中で私は、神様に会いました。

夢の中で私は、神様に聞いてみました。

神様、私はいつまで魂を磨けばいいのですか。

私の魂は、いつ完璧に美しくなるのですか。

神様は言いました。

あなたは、あなたの最後のひと呼吸まで、 魂を磨き続けなさい。

みんなその約束をして、地上に生まれているのですよ。

でも、神様、磨き終わらないうちに、 最後のひと呼吸がきたら、 どうすればよいのですか。

心配しなくて大丈夫。

あなたの魂は、最後のひと呼吸のとき、 必ず、最高の光を放ちます。

神様、私にはその自信がないのです。

あなたは、毎日魂を磨いています。

だから大丈夫。

最後のひと呼吸のとき、 魂はそれまでで一番美しい姿を見せてくれます。

何も心配いりませんよ。

あなたの魂は毎日、昨日より輝きを増しているのです。

ときどき、自分の魂を、離れたところから見てごらんなさい。

あなたの魂があなたの体を越えて、 まわりに光を与えていることにも、 気づくことができるでしょう。

このごろでは、あなたの魂の輝きで、 道を明るくする人も増えてきました。

さぁ、戻って、魂を磨いてきなさい。

毎日を楽しくうれしく感謝の気持ちで送るのですよ。

そうするとあなたの魂は、キラキラと光を強くしていきます。

あなたがここに来るのは、まだまだずっとずっと先。

あなたの人生を、楽しんでいらっしゃい。

あなたがどんなに素晴らしい魂を持って、ここに帰ってくるか、 私はそれを楽しみにしています。

目が覚めた私は、 それまで気づかなかったことに気づきました。

昨日より今日。

今日より明日。

私の魂は輝きを増し続け、毎日新しく生まれ変わります。

そして必ず、その日の魂が1番光る魂。

少しの努力、優しい気持ち、そして うれしいこと、楽しいこと。

日々の中に散りばめられた美しいもの。

神様との約束を思い出したので、 私は、なんにも心配しないで、 毎日を送っていくことができそうです。

なんにも心配しなくても、 私の魂は、昨日より光ります。

光り続けます。

『魂の約束』サンマーク出版

醍醐千里さんは、二人の子どもを持つ中学校の教員。

新米教師の頃は、生徒との関係も、授業もうまく行かず、朝起きるのも、教室のドアを開けるのもつらくなってしまったという。

29歳で二人の子の母となり、二度の育児休暇中に母親業に徹することで、教員の在りかたに親としての視点が持てるようになり、その結果学校での姿勢も少しずつ変わっていった。

その頃から、奇跡が訪れるようになった。

行事やクラスのトラブルに、大どんでん返しのミラクルが起こりうまくいくようになった。

教員だった両親が教えてくれた言葉、「正しいと思うことを貫く姿勢」「自分の心を磨くこと」、この二つを胸に、がむしゃらに突き進んだ。

(以上、「魂の約束」より抜粋)

そんなときに、「クラスの子どもたちが卒業するまでにもう時間がない。離れてしまう前に、今まで伝えてきたすべてのことを1つの詩にしよう」と廊下のベンチに座って書いた詩がこれだ。

「魂は磨けば磨くほど光る」

一生涯かけて、自分の魂を磨き続けたい。

■人の心に灯をともす メルマガの履歴(バックナンバー)と解除はこちらから
    ↓
http://merumo.ne.jp/00564226.html

*******************
現在 常勤の理学療法士さん、パートのリハビリ助手さんを募集しております。
詳しくはこちら

***************

現在 午前10:30~12:00は
もっとも待ち時間が長くなっております。
8:45~10:00、もしくは15:45~19:00の午後診療が
比較的早く診察にご案内できます。
水曜午後、土曜午後は休診です。

*******************
メールマガジン さいとう整形外科リウマチ科 院長通信
(休診情報、イベント情報などもお知らせします)

空メール登録はこちらから
00607619s@merumo.ne.jp

2013.01.21 | コメント(3)