院長ブログ

三井厚労相、生活保護見直しに言及

YAHOO newsからの引用です。

三井辨雄厚生労働大臣は、
現在、無料となっている生活保護受給者の医療費について、
「全額無料はありえない」として、何らかの自己負担を検討する考えを示しました。

「全部を無料ということも、これはあり得ないだろうなということも含めて、検討していきたい」(三井辨雄厚労相)

生活保護費は、生活費や住宅費、医療費などで構成されていますが、
医療費がおよそ5割を占めていて、
2010年度では3兆3300億円のうち1兆5700億円に上ります。

三井大臣は、自己負担がない生活保護受給者の医療費について、
「負担も考えられるということで、実態調査を行ってしっかりとみていく」と述べました。

この発言について厚生労働省の担当課は、
「医療費に自己負担を導入することは、必要な受診を抑制してしまうおそれがあることから、
慎重に検討する必要がある」として、大臣の発言の取り消しをマスコミ各社に求める事態となっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20121002-00000048-jnn-soci

***************************
老人医療費も昔は無料で、
病院の待合室は井戸端会議で
病院に来ていないから、病気なんじゃない?
なんていう冗談も言われた時代がありました。

今は生活保護と身体障害者、一部の特定疾患と、子供が医療費無料となっています。
受診抑制という問題もあるものの、
社会保障費を納めている人と、医療費無料の人の天秤は
ますます前者に向けて傾きを強くして、いずれ天秤は折れてしまうでしょう。

消費税アップはすべての人にかかるので、増税分が正直に社会保障費のみに使われれば
その医療費格差を少しは埋められるのかもしれませんが、
震災復興費の使い道が今問題となっているのを見ると、消費税の使い道も怪しいものです。

リウマチ患者さんが高価な生物学的製剤による治療を行おうとすると
生活保護の人に比べて可処分所得が少なくなってしまうケースもあり、
関節が壊れていくリスクを負いながらも、生物学的製剤を使用できない人もいます。
すなわち、生活保護の人のための医療費を納めながら、
自分のための薬剤が買えない、という矛盾があるのです。

リウマチ専門医の目から見ると、
生活保護では通院のための交通費も、医療費もすべて無料というのは、
やはり行き過ぎていると思います。

高度経済成長期に郵便局に預けているだけで、8%の利息が付いた時代の話ではなく、
現在は歳出が歳入の2倍という、当に破綻している国の話なのです。

少子化と高齢化のダブルパンチ。
失われた20年からの出口の見えないデフレ経済下で、
医療に限らずいつまでも高度経済成長期と同じ支出ではいられません。

会社ならばとうに倒産。個人ならば破産です。
国債という、子供たちへの借金を増やしながら
歳出は節約できないのが今の日本です。
収入以上の買い物をしながらカードで払い続けているのと同じです。

実費払いをして、あとから還付を受ける手続きを必要とするか
高額療養費制度のように、月額いくら以上は還付されるとかが必要で、
「無料」という際限のない制度は見直すべきだと思います。

2012.10.02 | コメント(4)

切り傷は外科?整形外科?

今日は日曜の休日診療当番の日でした。

前回の当番日は僕一人で行いましたが、
救急外傷(怪我)の方も多く
一人で受付、電話当番、診察、レントゲン、採血、薬、お会計と
すべてやっていたらさすがに大変でしたので
今回は奥さんに手伝ってもらいました。

今日は9時から17時まで
10人の方が受診されましたが、
奥さんに受付にいてもらうだけでも助かりました。

怪我したお子さんが多く、朝から傷の縫合処置。
中には血だらけの重症の方もみえて
大きな病院をご紹介したりということも。

骨折された方のギプスを巻いたり、
捻挫した足にテーピングを巻いたり。
外傷の一日でした。

どうも整形外科というと、骨折のイメージが強いようで
切り傷は外科に行かなくては、という患者さんも多くみえるようです。

でも、整形外科はむしろ体表の切り傷はお手の物。
それこそ、四肢から脊椎、骨盤に至るまで手術を行いますし、
時には救急外傷で顔面や頭部外傷も処置をしています。

最近の外傷の常識は、傷は消毒を行わず、水道水で十分に洗浄。
汚染された砂粒や衣服の繊維を丁寧に取り除き、
縫合が必要なら丁寧に縫合しますが、
wet dressingと言って、傷を乾かさないように
創傷被覆材を用いて治療することもあります。
すると傷の治りが早く、傷跡も残りづらくなります。

市販のバンドエイドにも、水にぬれても大丈夫な素材でできたものが
薬局で見受けられます。これも優れものです。

怪我をしたら、消毒はせず、十分なお水で洗浄の上、
血が出ていればガーゼやハンカチなどで出血部位を圧迫止血しながら
来院されるとよいでしょう。

2012.09.10 | コメント(2)

後医は名医

医者の世界の格言の一つに
「後医は名医」
という言葉があります。

前に診療していた医師よりも
後から診療した医師のほうが
診断や治療を的確に行いやすい
ということを表した言葉です。

病気には時間経過があり、
初発してから次第に症状が完成し
診断もつけやすくなってきます。

また、以前にその患者さんを診察していた医師が
患者さんの自覚症状や他覚所見に対して
どのような治療を行ってどのような反応があったか
それ自体も、診断、治療を行う
大きなヒントになります。

関節リウマチも
初発時にはこわばり感や腫れもわずかで
レントゲンでもまだ骨に穴があいていない。
採血でも炎症反応もごくわずか。
最初は関節リウマチと断定できず、
可能性の中で治療のタイミングを探っていきます。

そんな中で、
すべての医師、医療者だけでなく
患者さんも知っておきたい
「後医は名医」という格言。

その格言のもと
僕が絶対にしないと決めているのは
患者さんがこれまでかかってきた医師の診断や治療を
悪くいうこと、否定すること。

その時その時で医師は一生懸命に患者さんに向き合い
最善と思われる治療をしているはず。

その時の時間経過において
医師が知恵を絞って導き出した診断のもと行われた
診断や治療内容を否定しても
その医師だけでなく、患者さんも浮かばれません。

「後医」として行ってよいのは
これまでの病気の時間経過と
「前医」の治療経過を味方につけて
現在考えうる最も正しい診断に近づくよう尽力し
最善の治療を考えることのみです。

常に「前医」を尊重し
「後医」として謙虚に診療にあたる医師でありたいと思います。

2012.07.11 | コメント(0)