院長ブログ

最期に抱く「人生の後悔」TOP5

本日のyahooのtop pageにリンクしていたタイトル。
最期に抱く「人生の後悔」TOP5
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20120427-00023596-r25

さてさてそこを覗いてみると、、、

******************************

長年オーストラリアで終末期ケアに携わってきた看護師のBronnie Wareさんによれば、
死を覚悟した患者さんのほとんどが悔恨や反省の言葉を残すそうです。

彼女は、患者さんたちが死の間際に語る言葉を聴きとり、
一冊の本『The Top Five Regrets of the Dying』にまとめました。

死を間近にした人たちはいったいどんな言葉を口にするのか? トップ5を見てみると──

◎ I wish I hadn’t worked so hard.
──「あんなに一所懸命働かなくてもよかった」

◎ I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.
──「自分自身に忠実に生きればよかった」

◎ I wish I’d had the courage to express my feelings.
──「もっと素直に気持ちを表す勇気を持てばよかった」

◎ I wish I had stayed in touch with my friends.
──「友人といい関係を続けていられればよかった」

◎ I wish that I had let myself be happier.
──「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」

*****************************

とのことでした。

いずれも、どこがゴールになる事なのか
どこまで行けば満足して、達成できたといえることか
難しいところがありますね。

あんなに一生懸命働かなくてもよかった、
というのは、仕事がつまらなかったんでしょうか。
仕事以外の価値との両立がうまくいかなかったのでしょうか。

自分自身に忠実に、もっと素直に気持ちを表せたなら
もっと自分を幸せにできたのでしょうか。

いずれも、自分の達成したいというゴールの設定次第だとも思います。

コップに水が半分入っているとして
これだけしかない、と思う人と、
こんなにある、と思える人。

その違いが、死ぬ瞬間に、いい人生だった、といえるかどうかだと思います。

 

自分が死ぬときには、出会った人達すべてに「ありがとう」と思いながら

目を閉じた向こうで笑っていたいです。

2012.07.08 | コメント(2)

総合内科について

いつもコメントをいただくtibisyukeさんから
当院に来た研修の先生について書いた記事への
素敵なコメントをいただきました。

—————————————-
総合内科に進まれる方が研修にいらしてらっしゃるのですか。
2年程前に名古屋大学の学長のお話を拝聴出来る
機会がありました。
先生は、これからは総合内科が大切、との内容の
話をせれてました。
確かに、自分の症状は何科に行けば良いのか?と
困ります。

先生のお考えの第一印象を大切に・・・ですが
以前、ホームドクターが仰った言葉と同じです。
何処で手術をしたら良いか?迷って居ると話しましたら
「第一印象で決めなさい。何回でも紹介状を書くから」と・・良い先生でした。
——————————————-

今はインターネットが発達し、情報が氾濫しているため
患者さんの医師選択もかえって難しくなっているのかもしれません。

医療の情報に簡単にアクセスでき、知識が得られる反面、
自分の症状をインターネットで出てきた一部の疾患にあてはめ
それにとらわれてしまうばかりに、
幅広い鑑別疾患から導き出した医師の回答に納得できず
ドクターショッピングに回る方がいらっしゃるのも確かです。

どのDrも忙しい中でなかなか十分な時間をとることは難しいかもしれませんが、
それでも第一印象、話し方、話の内容などから
信頼したDrに出会えると幸せだと思います。

また、総合内科についてですが、

一昔前の日本の医学教育制度は、
学生を卒業したら、すぐに外科や内科、小児科といった
専門分化した科に専属して研修を行い専門医となるストレート研修が主流でした。

その中で育った医師たちは、整形外科医は内科のことはあまりわからず、
また内科医は整形外科のことはあまりわからないといった科による壁が高くありました。

必然的に、たとえ総合病院ですべての科がそろっているとはいえ、
専門分化した自分の得意分野のみから患者さんを診断し、
パターンに当てはまらなければ、「当科の問題ではありません。」と言って
それ以上の鑑別診断は行わず、患者さんが途方にくれることもありました。

患者さんとしては少なくとも、この症状であれば、この科に相談してみたらどうだろう
といった提案まではしてほしいと思うのですが、
こういった専門分化の弊害は現在でもなくなっていません。

総合内科はそういった専門家の高い山と山を結ぶ架け橋であり、
また登山口での道先案内人とも言えます。

患者さんをすべての科の横断的知識から診断し、
プライマリーケアの範囲で行える治療は施し、
また専門の技術、知識が必要な分野は専門家と協力して患者さんの診断治療に当たります。
当科の問題ではありません、と自分の診断能力が及ばないことに対しての
最後の切り札的な逃げ道の使えない科であるともいえます。

聖路加国際病院や虎の門病院、そして僕の研修した国立国際医療センターなど
いわゆる臨床教育病院では古くからローテート研修を行っていました。
また、名古屋大学系の病院でも1年間のローテート研修が行われていました。
そして6年前からは臨床教育制度の改革により
すべての研修医は救急を含んだ外科系、内科系の科をそれぞれ2年間かけて研修する
ローテート研修の必修化がなされました。

現在育っている若手の先生たちの中には
横断的、総合内科的な診断知識、治療技術への興味を失わず、
専門の道についている先生も現れてきています。
そういった先生が増えて来れば、
日本の医療の将来ももっと風通しがよくなり
ひいては患者さんの利益につながると思うのです。

また、地域の医師である開業医となって思うことは
やはり総合病院に比べて、患者さんのアクセスのしやすさから、
病気一つにしても非常に早期の段階で出会うということです。

その点で開業医の先生は専門家でありながらも
目の前の患者さんを中心として幅広い訴えに対応しなくてはならない
プライマリーケアの知識も必要とされることを
痛感しています。

総合内科の先生にはかないませんが、
整形外科、リウマチ科を中心として
通院する患者さんの相談には幅広く対応してあげられる医師になりたいと
改めて思いながら、
研修に来た先生からも逆に内科の知識を教わっております。

2012.01.11 | コメント(1)

骨折と骨粗鬆症治療薬

現在骨粗鬆症治療薬にはさまざまな選択肢がありますが、
その中でも現在多くの人がその恩恵を受けているのが
ビスフォスフォネート製剤といわれるお薬。

週一回内服する製剤(ボナロン、ベネット、アクトネルなど)が主流ですが、
最近月に一回内服すれば同等の効果が得られるものも出てきました。
(ボノテオ、リカルボンなど)

通常、骨は骨芽細胞と破骨細胞の働きで
作っては壊し、壊しては作られることで骨の新陳代謝がはかられ、
ミクロな骨の損傷ならば知らない間に修復されてしまいます。
(micro fracture)

しかし破骨細胞が働きすぎて、骨を壊すバランスに傾きすぎると
骨粗鬆症が進む原因となります。
その際に、ビスフォスフォネートを用いると破骨細胞の働きを抑え
骨密度を上昇させ、骨を強くしてくれます。
また、圧迫骨折などに伴う骨の痛みにも効果があるといわれます。

最近このビスフォスフォネート製剤について
顎骨壊死と並んで話題となっているのが
「非定型骨折」と呼ばれる
高齢者の大腿骨転子下骨折や、大腿骨骨幹部骨折です。
これらは通常転倒などの軽微なエネルギーでは起こりませんが、
ビスフォスフォネート製剤の長期内服との関連も指摘されています。

ともあれ、骨粗鬆症の患者さんにとっては、
骨密度を低いまま放置することの方が他の骨折のリスクは高く、
ビスフォスフォネート製剤を内服する恩恵のほうが
ごく頻度の少ない非定型骨折を心配するよりもはるかに大きいため
大切なお薬であることには変わりありません。

大切なことは、非定型骨折というものが起こり得ることを認識し、
骨折する前に早期に対処することです。

非定型骨折の注意点としては、
骨折の前駆症状として大腿骨の痛みや骨皮質の肥厚が見られ
また両側性に発生することも指摘されています。
http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtpronews/1102/1102024.html

ビスフォスフォネート製剤を長期間内服しており、
なおかつ股関節や太ももの痛みがある場合には
痛い場所だけではなく、一度大腿骨全体のレントゲンを撮ることも
早期発見の手助けとなる可能性があります。

2011.11.22 | コメント(4)