院長ブログ

骨折は骨粗鬆症の合併症

 

今日は骨粗鬆症の会で座長さんでした。

 

骨折治療を頑張っている東部医療センターと

骨折術後の回復期リハビリを行っている木村病院と

開業医として骨粗鬆症治療を担う当院とのコラボ企画。

骨折連鎖を防ごう!二次性骨折予防のための地域連携

という会でした。

 

骨粗鬆症で骨がスカスカになってしまうと、一度骨折が起こると、骨粗鬆症の治療をしなければ当然2回3回と骨折を起こしていくわけです。

圧迫骨折で背骨が折れれば姿勢が悪化して猫背になり首や腰の慢性的な痛みを抱えてしまいます。

大腿骨が折れれば歩行状態が悪くなり、杖や歩行器のお世話になることになったりします。

その結果、活動性も下がり、5年生存率、10年生存率が下がってしまうといったデータもあります。

 

高齢の患者さんはみんなピンピンコロリがいいよね!と言います。

そのためにも、骨折してからはもちろん、骨折をする前から骨粗鬆症を早期に発見して、骨を弱くしないためにも早期から骨粗鬆症治療を行っておく必要があります。

 

もう一つ大切なのが、筋力を衰えさせないこと。

座ってばかりいると、脚の筋力も弱り、大腿骨の骨密度は例えお薬で治療をしていても低下する人すらいます。

コロナ禍では、治療をしていても大腿骨の骨密度が下がる人が続出しました。怖いですねー!

これもコロナの間接的な弊害です。

 

例えば大腿骨頸部骨折を起こして手術した後は骨粗鬆症治療が大切ですが、今日の講演では、退院後にちゃんと骨粗鬆症の治療をしているのは、内科かかりつけ医の9%、整形外科かかりつけ医の50%との数字が提示されました。

骨粗鬆症の骨密度は特に腰椎と大腿骨で測定するDEXA法を行うなことが大切で、薬剤の治験データは全てDEXA法て行われていることもあり、治療の効果判定はDEXA法でないと分かりません。

しかし、昔ながらに手関節や踵の骨で骨密度を定期的に測定しているクリニックもあります。手関節や踵の骨で正常でも腰椎や大腿骨のDEXA法では骨粗鬆症が進行していることもあり、その逆もあります。

骨折後にはちゃんとDEXA法で骨密度を測定し、骨粗鬆症の重症度に合わせた治療薬を使用することが大切です。

内服薬のビスフォスフォネート(ボナロン、ベネット、アクトネル、ボノテオ、ボンビバ、フォサマック、リカルボンなど)、注射薬のプラリアでは、歯周病がひどい人では顎骨壊死(抜歯した後に歯を抜いた穴が埋まってくれません)がまれに発生することがあり、治療前に歯科で歯周病チェックを受けることも大切です。

当院ではボナロンやプラリアを使用する前には、歯科検診を受けているか問診して、歯周病が無いことが確認できない場合にはまず歯科に受診してもらっています。

日本が元氣でいるためにも、高齢者がいつまでも自分の足で歩いて、介護のお世話にならないことが大切です。

東京歯科大学の水野先生は、今日の講演で

糖尿病の合併症が網膜症や腎症であるように、

骨折は骨粗鬆症の合併症なのです!

と話していました。

 

骨粗鬆症治療は、リウマチ治療、運動器エコーとハイドロリリースによる痛み治療と共に、当院が取り組む重要な使命の一つです。

 

名古屋市では骨粗鬆症検診のクーポンが送られてきた年には無料で検査を受けることができます。

それをきっかけに、早期に骨粗鬆症を発見して、骨折を未然に防ぎましょうね!!

 

 

【執筆者:さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究(プロフィール)】

さいとう整形外科リウマチ科

名古屋市名東区平和が丘1-10

052-776-3110

https://saito-seikei.jp

2023.12.20 | コメント(0)

佐久平で講演。慢性疼痛と骨粗鬆症

今週末はイーライ・リリーさんの企画で
当院の看護師小島さんと
長野県 佐久平まで出張講演でした。

まだまだ佐久地域では
骨粗鬆症の骨形成促進薬フォルテオや
慢性疼痛治療薬サインバルタ
がそんなに使用されていないようで、
今回使用経験の多い私に講演の依頼が来ました。

名古屋駅から新幹線で東京経由。
北陸新幹線で軽井沢を超えて、佐久平に到着しました。


佐久平の町の結婚式場が会場となり、
医師だけでなく沢山の看護師さんが
聴講に来てくれていました。

僕からは、
「実臨床におけるフォルテオの効果と
 当院の慢性疼痛治療戦略」
というタイトルで、
開業以来取り組んでいる
トリガーポイント治療や筋膜リリースを中心に
慢性の痛みの原因をしっかりと追究して治療することを中心に
痛みの慢性化に伴う知覚過敏や
高度な関節変形が痛みの原因になってしまった場合には
サインバルタ1錠でも効果のある症例が
よく見られることについて講演させていただきました。
同時にフォルテオのお話も頼まれていたので
1時間猛スピードでスライドをめくって駆け抜けました。

続く小島看護師は
「Drに丸投げされたフォルテオ導入の受け止め方」
という講演。
この講演タイトルを見て
聴きたい!
と来てくれた看護師さんも多かったようです(#^^#)


フォルテオ導入経験の豊富な小島さんのお話は
患者さんの導入実例も含めて、
患者さんが自己注射のために行っている工夫の数々を
参加した看護師の皆さんと共有してくれる
とてもいい講演でした。

懇親会では小島さんに
これまでフォルテオの患者さん指導がうまくできずに
あきらめてしまった看護師さんが話しかけてくれたり
たくさんの看護師さんから共感の声をいただけたようで
小島さんもはるばる佐久まで来てよかったと
とても喜んでいました。

最後に佐久まで講演のお声をかけてくれた
イーライリリーの水間君、当院担当の佐島さんと
記念写真を撮って
佐久講演の旅は終了しました。

帰りの新幹線では
僕たちの講演のために
てきぱきと仕事を進めて送り出してくれた
当院のスタッフたちに感謝しつつ
小島さんと3時間語りあえたとても大切な時間となりました。

また明日からの痛み診療、骨粗鬆症診療
みんなでがんばろっと。

2017.10.16 | コメント(0)

腰椎・大腿骨骨密度と骨粗鬆症診断基準

女性では50歳前後の閉経を迎えると
女性ホルモンの分泌が低下するために
急速に骨密度が下がっていきます。

骨密度や骨質が低下し、骨粗鬆症が進んだために発生する骨折を
脆弱性骨折と呼びます。

脆弱性骨折で頻度の多いものは
背骨、大腿骨のつけね、手首、上腕骨のつけね
などですが、
背骨(胸腰椎の圧迫骨折)や大腿骨の頚部骨折を起こすと
日常生活動作レベルが下がることにより要介護度が上がったり
高齢者では寝たきりにつながることもあります。

骨粗鬆症かどうかの診断は
2012年度改訂版の原発性骨粗鬆症診断基準によると
1.すでに脆弱性骨折がある場合
  背骨の骨折がある または 大腿骨の骨折がある
  その他の脆弱性骨折があり、かつ 骨密度が若年者の80%以下
2. 脆弱性骨折がない場合 
  骨密度が若年者の70%以下
となっています。

骨密度の測定部位は
国際的には腰椎、または大腿骨での測定が基本となっており、
当院では腰椎と大腿骨の両方を測定しています。
これまで普及していた手首や踵の骨密度測定は
腰椎や大腿骨で測定できない場合の参考値にはなります。

これまで手首や踵で測定して骨密度が大丈夫と言われた方でも
骨密度は身体の中で均一ではないため
腰椎や大腿骨といった重要な部位で測定すると
骨密度が低い場合もあります。
一度腰椎・大腿骨骨密度を測定することをおすすめします。

背骨はこれまで骨折を自覚していなかった方でも
若い時に比べて2cm身長が縮んだ方では骨折が隠れている可能性があると言われます。

胸腰椎圧迫骨折をしたことのある方では
再度圧迫骨折するリスクは3~4倍。
大腿骨のつけねを骨折するリスクは3~5倍になります。

大腿骨のつけねを骨折したことのある方では
新規に骨折するリスクが2.5~6.48倍となります。

骨粗鬆症を予防するためには、
思春期から閉経までにしっかりと運動して、カルシウムをとっておくことが大切。
閉経を過ぎると、食事だけでは骨密度が増えないことがわかっています。

背骨を骨折すると背が縮み、腰が曲がり、内蔵が圧迫されます。
肺の圧迫により呼吸が浅くなり、
胃の圧迫により胃酸がこみ上げることも増えます。
痛くて寝ている期間が長くなれば、全身の筋力も衰えます。

大腿骨を骨折すれば歩けなくなり、手術が必要となります。
手術をしても杖が必要になったり、車椅子になる人もいます。

骨折してから後悔する前に
まずは自分の腰椎・大腿骨骨密度を測定して
骨粗鬆症ならば時間を味方につけて早めにお薬で治療することが大切ですね。

2013.10.21 | コメント(0)


Warning: Undefined variable $pagingMiddleString in /home/mmpartners/saito-seikei.jp/public_html/wordpress/wp-content/plugins/wp-page-numbers/wp-page-numbers.php on line 212

Warning: Undefined variable $pagingString in /home/mmpartners/saito-seikei.jp/public_html/wordpress/wp-content/plugins/wp-page-numbers/wp-page-numbers.php on line 77