院長ブログ

現実を視よ

【送料無料】現実を視よ [ 柳井正 ]

【送料無料】現実を視よ [ 柳井正 ]
価格:1,575円(税込)

日曜日の夜は、最近買った本
ユニクロの社長 柳井正さんの「現実を視よ」
を読み始めました。

バブル崩壊後、失われた20年を
今も低迷し続ける出口の見えない日本。
ジャパンバッシングされていた頃の勢いのある日本から
ジャパンパッシング、そしてジャパン ナッシングとされた現状。

一方勃興するアジア経済の中で
たくましく、志高く活躍する外国企業。

海外からの対日投資はGDP比で約4%。
一方日本を除く先進国や新興国の多くは30%~40%。
外貨で稼がず、消費税を上げる日本の政治。

顧客が何を求めているのかよりも
自分本位に高度な機能を盛り込んだ
日本でしか通用しないガラパゴス携帯。

一方スイッチは中心のくぼみ一つだけ。
いつでもスタートメニューに戻れる
シンプルでデザインも美しいiphone。
使い方に説明はいらず、世界に通用します。

柳井社長は登山用が主流だった高価なフリースを低価格で提供しました。
加えて綿100%が主流だった下着を、新素材の開発で改革し
暖かいだけのババシャツにアウターとしても着られるお洒落感を加え
ヒートテックを投入。
これまでになかった新しい価値を提供すれば、そこに需要が生まれるといいます。

先日セミナーを行った骨粗鬆症も、まだまだ日本国内での危険意識は低く
救急病院の若手整形外科医達は
毎日骨粗鬆症による骨折の手術に追われています。

全身の骨が弱くなっているのですから、当然、手術をしても骨折を繰り返します。
しかし、若手医師たちは手術だけで手いっぱいで
骨粗鬆症を十分に治療する時間はありません。

寝たきりや介護が必要となってから、
骨折する前に骨粗鬆症を治療しておけばよかったと嘆いても遅いのです。

すべての女性は閉経を迎え、骨密度は急激に低下します。

新しい価値を創造するというほどのものではないかもしれませんが、
骨粗鬆症のリスクをもっと広く知ってもらうことで
骨折が減って手術や入院に伴う医療費が減り
介護による中年層の負担が減って経済活動が活発化し
元気な高齢化社会を迎えることが目標です。

老夫婦がいつまでも手をつないで歩き続けられる世の中に
貢献できたらと思います。

2012.09.30 | コメント(7)

フォルテオ エキスパートナースセミナー


今日はイーライリリー主催の
フォルテオ エキスパートナースセミナーでした。

骨折の連鎖を引き起こす骨粗鬆症ですが、
50代の女性の実に1/4は骨粗鬆症であるという統計もあります。

壊して作ってを繰り返して新陳代謝する骨ですが、
閉経を迎えると女性ホルモンであるエストロゲンの作用が弱まり
壊すほうが作るほうよりも優位となり、骨粗鬆症が進みます。

従来の週1回から4週に1回内服するタイプの
ビスフォスフォネート製剤と呼ばれる一群のお薬は
骨を壊す作用を抑えることで骨密度を上昇させるのですが、
新陳代謝も抑えるため、最近では3年以上の長期連用により
非常にまれではあるものの
抜歯後に治りにくくなる顎骨壊死や
転んでいないのに大腿骨が骨折する非定型骨折
と呼ばれる現象が報告されています。
(だから、歯医者さんではこの種のお薬をやめないと
 治療できません、と言われることがあります)

一方、骨形成促進薬として登場したお薬フォルテオは
毎日自己注射しなくてはならないものの、
これまでの内服薬に比べて
骨の新陳代謝を促進させ
積極的に骨を作っていくことが可能になりました。
そのため、骨折後にも骨が早く癒合することも報告されています。

当院でも1年半前の開業当初から積極的に取り入れていますが、
効果がよいことよりも、患者さんにとっては
毎日自分で注射することのほうが抵抗があるようです。

そこで骨の未来を見据えたDrと
現在の自己注射がいやだ、という患者さんの架け橋となるのが
看護師さんの重要な役割で
お薬の効果を時間をかけて説明し
いかに簡単に自己注射ができるか
小さな小さな針のため痛みがないか
安心して治療にあたってもらうよう頑張ってくれます。

今日のフォルテオの会では約30名の看護師さんたちが参加してくれました。
まず僕から「看護師も知っておきたい骨粗鬆症のキホン」
という講義をさせていただき、
次に当院の看護師から、「フォルテオ導入のコツ」
と題して、この1年半患者さんに接して学んだポイントについて
お話しさせていただきました。

グループディスカッション形式をとったため
参加されたそれぞれの看護師さんたちのノウハウを
グループの中で共有することもでき
大変有意義な会になりました。

参加してくれた看護師の方々
サポートしてくださった、イーライリリーの皆様
どうもありがとうございました。

みんなでがんばれば
いつの日か、転倒して骨折する人をなくせる日が来るかもしれませんね!!

2012.09.30 | コメント(4)

敬老の日

昨日は子供と日曜洋画劇場のバイオハザードを観ながら
床で意識を失っていました。

今日は敬老の日
嬉しい連休に、ゆっくりと起きだして
両親に電話をしました。

土曜日には敬老の日企画
無料骨密度検診プレゼントを行いました。

本人ではなく、子供から親へのプレゼントのための申し込み
という形をとったため
やや企画が複雑だったのか、2件、3名のお申込みでした(^^;)

来院された方の骨密度を測定し
骨粗鬆症の基本的なお話しと結果説明をしたのち、
お子さんから事前にメールでいただいていたメッセージを
当院の事務の子に読んでもらいました。

「自分の足で元気に歩ける事に感謝して、毎日を楽しんで下さい」
「じいちゃん、ばあちゃん、いつもありがとうございます。長生きしてね。」

メッセージを印刷したカードをプレゼントすると、
目に涙を浮かべた方もいらっしゃいました。

親は普段会えなくても、生きていてくれるだけでありがたいもの。

お申込みは少なかったものの、
やってよかったなあ、と思う企画になりました。

2012.09.17 | コメント(0)