院長ブログ

骨粗鬆症の怖さと治療の大切さ

来る9月29日に行われるイーライリリー主催の
骨粗鬆症ナースセミナー。

H23年5月の開業当初から使用している
最新の骨形成促進薬、フォルテオの自己注射導入実績を認められ
そのナースセミナーで当院の看護師が講演を行うことになりました。

骨形成促進薬 フォルテオは
これまでの内服薬に比べて、骨を積極的に作る力を持ったお薬。
副甲状腺ホルモンを自己注射にて毎日間欠的に投与することで
骨の新陳代謝を高め
従来の内服薬よりも効率よく骨密度、骨質の改善をはかります。

当院でも骨密度低下の著しい方や、すでに骨折歴のある
骨折リスクの高い骨粗鬆症患者さんにおすすめしています。

しかし、糖尿病のインスリンのように自分で毎日注射しなくてはいけないこと、
高価であること、
看護師に自己注射指導のノウハウが必要なこと
など、患者さんがその薬の恩恵にあずかるには
越えなくてはならないハードルがあり、
なかなかうまく導入できない病医院もあります。

これらのハードルを越えるためには、
骨折により日常生活に制限が出てしまうこと。
大腿骨頚部骨折では手術が必要になること。
歩行レベルが下がること。
脊椎圧迫骨折では背中が丸くなり、内臓が圧迫されて胃酸の逆流や
食欲低下が起こること。肺活量が低下すること。
そして骨粗鬆症の骨折は繰り返すこと。
そういったリスクを患者さんがしっかりと受け止め
自己注射をしてでも現在の骨粗鬆症を治療するんだ、という必要性を認識してもらうことが必要です。

この会では、
当院の開業以来、看護師たちが自己注射指導を行いながら蓄積したノウハウを
他院のナースたちと共有することで
より多くの患者さんたちがこのお薬の恩恵にあずかれるようにすることが目標。

現在、当院のナースが協力して、これまでの実績を振り返っているところです。

今日もそのための院内ナースミーティングがありましたが、
ディスカッションを聞きながら、開業から1年半で育った、ナースたちの頼もしい姿に感動するのでした。

*******************************

敬老の日特別企画 無料骨密度検診プレゼント!→応募はこちら

*******************************

2012.09.07 | コメント(0)

すぎちゃん 10m飛び込みで破裂骨折だぜぇ

愛されキャラでブレイク中のすぎちゃん。

10mの飛び込み台からの着水で破裂骨折をしたとのニュースで
今日は持ちきりでした。

診断は第12胸椎破裂骨折。
12個ある胸椎の一番下。
5個ある腰椎の一つ上にある脊椎の骨です。

テレビの情報では、体重80㎏のすぎちゃんが10mから飛び降りると
時速50kmの車が壁にぶつかって、水のエアバックに受け止められたようなもの
とのこと。

高齢者では転倒するだけで骨折しますが、これは骨がもろいから。
骨粗鬆症ですね。
この場合、脊椎の圧迫骨折と言って、
円柱の形をした脊椎椎体骨の前方がつぶれてしまいます。
すると、高度の猫背(円背といいます。)の原因となります。
身長は低くなり、
胃が圧迫されて胸やけや食欲低下の原因となり
肺も圧迫されて肺活量の低下にもつながります。
慢性の痛みの原因ともなり、
活動性低下から要介護の原因ともなります。

すぎちゃんの場合は破裂骨折ですから、
椎体の前方だけでなく、後方の壁までが骨折しています。
後方の壁の後ろには脊髄があるので
破裂骨折の重症度によっては
脊髄神経を圧迫して足のしびれや麻痺の原因となるため
手術が必要になることもあります。

全治3か月とのことで、手術のニュースはないので
ベッド上の安静とコルセットで治療可能なレベルなのでしょう。

芸人仲間がインタビューを受けて
命があるなら、いいネタができた。
と言っていたのが、プロだなあ、と思いました(^^;)

転倒しただけで骨折しないためにも、
骨粗鬆症の治療は大切ですよ^^
みんな、骨折した後に気づくんです。
骨粗鬆症治療の大切さに。

*******************************

敬老の日特別企画 無料骨密度検診プレゼント!→応募はこちら

*******************************

2012.09.04 | コメント(2)

敬老の日企画(9/15土曜日) 無料骨密度検診のお知らせ

当院の理念
「患者さんの「楽しい!」明日のために。」

これは、医師が病気を治すだけでなく、
一期一会でお会いした患者さんの
病気が治った先にある「楽しい!」と思える時間を
スタッフ全員で支えることにあります。

そして、当院の目標の3本柱は
1. 最新のリウマチ診療を身近に提供する。
2. 名東区から転倒による骨折をなくす。
3. 慢性の痛みに悩む患者さんの痛みからの解放。
です。

その2つ目の目標の対象となる骨粗鬆症。

背骨や足の付け根(大腿骨頚部)を骨折すると
手術が必要になったり、
骨癒合までの治療期間の長期化により
歩行レベルや活動レベルが低下して
介護が必要になることもしばしば。

そのためには、骨折して要介護になるまえに
骨密度や骨質を改善しておくことが大切です。

現在骨粗鬆症には、骨形成促進薬をはじめとして
とてもよいお薬が出そろっています。

「転んでも折れない骨づくり」のためには
まずは自分の骨の強さを知ることが必要。

少しでも多くの患者さんに、自分の骨密度を知ってほしい。
そんな思いから、こんな企画を考えてみました。

名付けて、
「おばあちゃんありがとう。いつまでも元気で歩こうね大作戦!」です。(^^;)

敬老の日の2日前、9/15土曜日13時から
抽選で10名の方に無料骨密度検診をプレゼントします。

応募条件は
1.ご両親、祖父母へのプレゼントであること。
2.ご両親、祖父母の方が、当院で骨密度を測ったことがないこと
です。

応募される際は
ご両親、または祖父母の方のフルネームと年齢に
ご両親、祖父母の方へのメッセージを添えて
keirou2012@live.jp
までメール送信してください。

抽選で10名の方に当選通知を送らせていただきます。

締切は9/12水曜日 正午12:00着のメールまでとします。

9/15(土)当日は
骨密度測定ののち、院長から結果につき説明をさせていただき
メールでいただいたメッセージをメッセージカードに印刷して
ご両親、祖父母の方にプレゼントさせていただきます。(^o^)

たくさんのご応募、お待ちしております。

2012.08.28 | コメント(4)