院長ブログ

肩こり、腰痛、手足のしびれ

開業すると、これまでの大病院で勤務していた時に比べて
こんなに腰痛、肩凝りで悩んでいる人がいたのかと驚くばかりです。

痛みの発現部位の診断をしっかり行い、骨なのか関節なのか神経なのか、
はたまた筋肉の痛みならどの筋肉か。
問診と診察と検査で痛みの部位を絞り込みます。

その上で筋肉の痛みと診断すれば、トリガーポイント注射をおすすめします。

一回で大幅に痛みが軽減する方もいれば、
長年にわたる慢性痛の方では何回か注射をして、
痛みのピークが下がっていく方もいます。

しこりとなった筋肉を探し、圧痛のある部位に注射をします。

針は非常に細いので、思ったよりも痛くないという方がほとんどです。

開業して2ヶ月ですが、
これまで椎間板ヘルニアと言われていた人や、
腰部脊柱管狭窄症で手術が必要、と言われていた人のなかには
実は思い込んでいた神経痛だけではなく、筋痛が原因となっている人が
かなりいるように感じています。

加茂先生のご経験には遠く及びませんが、
これまでの骨やMRIから神経痛の原因を探す治療だけでなく
筋痛も放散痛やしびれを起こし、
それがトリガーポイント治療で消失していく症例も数多く経験しています。

まだまだトリガーポイントについて学び始めたところですが、
患者さんのつらい痛みをとる手持ちの手段が増えたことで
また一つお役にたてることも開業してからのやりがいです。

465-0097
名古屋市名東区平和が丘1丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究
Tel 052-776-3110
Fax 052-776-3112
http://saito-seikei.jp/

2011.07.12 | コメント(2)

トリガーポイント


トリガ-ポイントブロックで腰痛は治る!」を執筆された、
石川県小松市、加茂整形外科医院院長の加茂淳先生に連絡をとり、
本日その診療現場を見学させていただきました。

先生の外来に並んだカルテには、石川、富山のみならず、
京都、岐阜、三重、埼玉など全国からの地名が上がります。

そのため外来には大きな日本地図が。(^_^)

加茂先生のところには、
これまで頚椎ヘルニアや脊柱管狭窄症で
手術でしか治らないと言われた患者さんが数多く通われ、
トリガーポイント注射で速やかに痛みが和らぎ、また消失していきます。

これまで整形外科の教科書で習った神経痛の概念を基に臨床に当たっていると、
坐骨神経痛や頚椎ヘルニアと類似の症状を示しながら、
MRIを撮ってみると何もない。

その逆に、MRIでは所見があるにも関わらず、診察上は神経支配が合わない
という患者さんにも多数出会いました。

現在常識となっている整形外科医療ではなかなかそれを説明できず、
患者さんが痛がっているにも関わらず「異常はありません」と言われて
病院から追い出される、ということも頻繁に行われています。

そして患者さんがドクターショッピングに陥ったり、整体、針治療に救いを求めたりします。

患者さんにしてみればどんな方法でも今の「痛み」をとってくれればいいはず。

そんな僕が感じていた違和感が、
加茂先生の本を読んで、また臨床の現場を見てだいぶ解消されました。

加茂先生は患者さんの膝の痛みには肩凝りならぬ「膝凝り」、
腰の痛みには「腰凝り」といって説明します。

それが全身に広がったものが線維筋痛症といいます。
痛みは慢性になると過敏性が増して治療が難しくなる。
早いうちに治療するほどよい。

忙しく言葉少なですが非常に分かりやすく、
患者さんも納得して注射を受けていきます。

先生の指には毎日のトリガーポイント注射でできた
注射ダコが盛り上がっていました。

筋痛という世界を知るための本もご紹介いただき、
とても実りの多い一日になりました。

お土産に好物の竹の皮に包まれたあんころを買って、
また名古屋行きのしらさぎに乗るのでした(^_^)v。

465-0097
名古屋市名東区平和が丘1丁目10番地
さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究
Tel 052-776-3110
Fax 052-776-3112
http://saito-seikei.jp/

2011.04.17 | コメント(43)