院長ブログ

第4回 日本仙腸関節研究会

連休前の土曜日
午前中いつもより患者さんが多かったにも関わらず
みんなでがんばって早く終わることができました。

そのまま僕は東京に向かい、
日本仙腸関節研究会に出席してきました。

仙台社会保険病院 腰痛・仙腸関節センター長の
村上栄一先生を代表とする、
これまで原因の特定できなかった腰痛を
仙腸関節を中心として考える研究会です。

今回で第4回だそうですが、100名を超える医師、理学療法士の方が参加していました。

それでもまだまだ全国でこのくらいの人数なんですね。

太ももやスネなどの痛みやしびれで整形外科に受診しても
まだまだ椎間板ヘルニアが原因ですね、とか坐骨神経痛です、と言われて
湿布とビタミン剤、痛みどめなどを処方されて終わるか、
症状がひどいと脊椎の手術まで勧められてしまうこともまだまだあります。

今回の研究会に出席した先生たちは
少なくとも神経支配には合わない腰痛、下肢痛があり、
その原因として仙腸関節をはじめとした
レントゲンやMRIなどではわからないものがあると気づいている方たちです。

つまり、画像上認識できる腫瘍、感染、炎症、変形、神経の圧迫をはじめとした
腰痛の中の15%といわれる特異的腰痛と
それ以外の85%といわれる非特異的腰痛の原因を単に心理的腰痛とかたずけずに
器質的原因を考えようとしているのです。

仙腸関節研究会といっても、
10題あった一般演題は内容も様々で仙腸関節に限定されず
靭帯や筋肉を含めた発表があり
それぞれの先生が試行錯誤する、まだまだ混沌とした感じを受けました。

仙腸関節は背骨を支える仙骨を横から挟み込む腸骨との間にできる関節で
強靭な靭帯の複合体で支えられています。
また、背骨も仙腸関節も前後から筋肉で挟み込まれており、
仙腸関節がゆがむということは、靭帯や筋肉にも無理がかかっているということです。

膝関節、股関節、肩関節をはじめとしてあらゆる関節は靭帯と筋肉でつながっています。

その連結を理解し、どこに一番無理がかかっているのか理解しつつ
リハビリや局所注射などでその無理を解消することが痛みを改善することにつながります。

そして、痛みを再発しないためにも、
自らが普段行っている姿勢や繰り返し動作の中に原因を探り、改善することが大切です。

2013.11.04 | コメント(7)

時間外の腰痛患者さん

今日は腰痛の患者さんが受付終了時間を過ぎてから駆け込んできました。

実は昨日も当院にかかられた患者さんだったのですが、
昨日は腰を曲げながら小股で少しずつずり足歩行をしてきたところ
トリガーポイント注射を行い、
理学療法士によるリハビリテーションを行うことで
何とか歩けるようになり帰宅しました。

しかし、今日千葉まで行かなければならない用事があったとのことで
心配していたのですが、
やはり長距離の新幹線と座りっぱなしの仕事であったため痛みが増強し
昼前に千葉を出て、急いで当院を受診してくれたのです。

今日来院された時には、つかまりながらなんとか歩いて
座るのも腰をかばいながら恐る恐るといったところでした。
腰は横に傾き、疼痛性側弯という状態になっていました。

今日の最後の患者さんになりましたが、
午前診療のみの土曜日に家族との楽しい用事もあっただろうに
だいぶ残業になってしまったにもかかわらず
患者さんの痛みを取ろうとしっかりと時間をかけて
当院の理学療法士が頑張ってくれました。

固くなった関節と筋肉に手をかけてしっかりと動かし、
痛みの出づらい生活動作を指導してくれました。

その後、診察室で僕がトリガーポイント注射を行いました。
脊椎に沿った左の腰部から両臀部にかけて注射を行い、
その後痛みの残っているところに注射を加えました。

筋肉が縮んで固くなったために横に傾いていた腰は
注射後にはほぼまっすぐに戻り、
つかまらずに自分で歩いて帰ることができました。

受付のスタッフも1時間以上の残業になったにもかかわらず
嫌な顔一つせず一生懸命患者さんのために動いてくれました。

その後スタッフからは「患者さんがよくなってよかったです」と
メールがありました。

院長としてこんなに嬉しいことはありません。
本当に自慢のスタッフです。

みんなありがとう。

2013.09.07 | コメント(0)

慢性胃炎の病態?機能性ディスペプシア

今日は名東区医師会の勉強会で
機能性ディスペプシアのお話を聴きました。

・辛いと感じる食後のもたれ感
・早期飽満感(満腹感、膨満感)
・心窩部痛
・心窩部灼熱感(焼けるような感じ)
のうち一つ以上が当てはまり、
胃カメラやバリウム胃透視などでも異常が見られない場合
機能性ディスペプシアと呼ばれる慢性胃炎の可能性があります。

10人に1人から2人と頻繁に見られますが、
検査をやっても異常がなく
生活の質(QOL)の低下や
労働生産性の低下が問題となります。

ガスモチン、プリンペラン、ナウゼリンなどのお薬が
胃内容物の排出を助けるために使われていますが
最近アコファイドという機能性ディスペプシアのお薬が
発売になりました。
アセチルコリンエステラーゼを阻害して
効果を発揮するようです。

満腹感を感じる脳機能の異常も報告されているようです。

慢性の胃炎でも
ヘリコバクターピロリの関与する慢性胃炎とは
原因が異なります。

食道でもGERDという病態があり
粘膜の異常ではなく機能異常という点では
機能性ディスペプシアと同様といえます。

胃部不快、心窩部痛は
胃だけでなく、心筋梗塞などの怖い病気の可能性もありますが、
整形外科的に言えば、
腹筋や横隔膜の筋肉の痛みの場合もあります。

内科的に異常がない心窩部痛では、
胃の症状としての機能性ディスペプシアや
整形外科的な腹筋の筋痛症なども考える必要があります。

2013.07.28 | コメント(0)