電話によるお問い合わせ

営業時間 8:30~11:30 / 15:30~18:00
休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

電話をかける

blog

DMARDsを語る会

DMARDsを語る会

今日はエーザイ主催の
DMARDsを語る会に参加してきました。

DMARDs(抗リウマチ薬)を語る会
といいつつ、エーザイ主催なので
エーザイのお薬である
イグラチモド(ケアラム/コルベット)
を語る会になっていましたが(^_^;)

さて、そのイグラチモドですが
名古屋大学石黒教授がまとめられた成績や
今日の豊橋の平野先生のご発表では
MTXに併用することで
特に目立った重篤な副作用は見られず
良好な併用効果がみられるようです。

当院でもイグラチモドはよく使いますが
MTXだけでは十分寛解に至らず
あと一押し、という時に用いています。

もちろん、MTXを12㎎以上用いても
まだリウマチの勢いが強い場合には
生物学的製剤の導入を考慮します。

これは
本日のパネリストである
名古屋膠原病痛風リウマチクリニックの玉置先生の
使い方と同じでした。

一方僕のリウマチの師匠である
名古屋医療センターの金子先生は
合併症などでMTXが使えない患者さんに
おもに用いているそうで
医師による使い方に差があることもわかりました。

現在7種類の生物学的製剤が選択でき
ほとんどのリウマチ患者さんで
寛解~低疾患活動性まで
リウマチの活動性を落ち着かせることが
できるようになりました。

BEYOND REMISSIONを考える時代に入った今
いかに患者さんの経済的負担、
ひいては社会的経済的負担を少なく
関節リウマチを寛解導入して、
そして寛解を維持するか

一つのストラテジーとしては
MTX単剤の増量で速やかにリウマチの勢いを弱め
あと一押しならばイグラチモドの併用や
リマチル、アザルフィジンの3剤併用
療法
従来通りのタクロリムスの併用療法
などが選択できます。

もちろん、MTXのみで
リウマチの勢いがまだまだ強い場合には
生物学的製剤や
経口JAK阻害剤のゼルヤンツを考慮しますが
効果は頼もしいものの
経済的にはとても負担の大きい治療になるため
導入を躊躇される場合もあります。
また、長期継続はそれだけ経済的に
負担の大きいものとなります。

寛解導入後には
生物学的製剤の延長投与や減量投与が
選択肢になり、
生物学的製剤を休薬するための
MTX+他剤併用療法への切り替えも
寛解が維持できるならば
考えるべき選択肢になってきます。

関節リウマチ治療は
DMARDs併用療法により
BIOによる寛解導入後の維持を考えた
BEYOND REMISSIONの時代に
入ってきています。

PROFILE

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究

日本整形外科学会専門医日本リウマチ学会専門医日本整形外科超音波学会会員