電話によるお問い合わせ

営業時間 8:30~11:30 / 15:30~18:00
休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

電話をかける

blog

禁煙補助薬 チャンピックス

禁煙補助薬 チャンピックス

リウマチの発症原因になり得るともいわれる喫煙。
リウマチの治療効果にも影響するだけでなく、喫煙によりCOPDと呼ばれる慢性肺疾患に陥り肺が悪くなれば、重篤な肺炎にかかりやすくなったり、十分な薬物療法が行えず、リウマチを寛解に導けなくなる可能性もあります。

また、筋肉のみならず、全身の血行を悪くするため、肩凝りや腰痛の治りも悪くなる可能性もあります。

当院ではチャンピックスを用いて禁煙のお手伝いをしていますが、スマホでニュースをみていたら、こんな記事がありました。
以下引用です。

禁煙どうすればいいのか…依存症脱却 の道 産経新聞 2011/10/28 10:20

「たばこをやめられないのはしみついたニ コチンに、体も精神も依存しているからで す」と指摘するのは禁煙外来があるグッドス リープ・クリニック(東京都港区芝大門)の 白濱龍太郎院長だ。

平成18年4月から、国内でもニコチン依 存症を保険診療で治療できるようになった。 その対象は、直ちに禁煙しようと考え、TD Sで5点以上、1日の喫煙本数×喫煙年数が 200以上-などの人だ。 標準的な禁煙治療プログラムでは12週間 に5回の診療が行われる。
カウンセリング や禁煙補助薬の投与で徐々にたばこを遠ざけ るという作戦だ。 禁煙補助薬に最近主流となっているのは 20年5月に発売された経口内服薬「チャン ピックス」(販売元・ファイザー)。同薬は 主成分がニコチンの代わりに脳内のニコチン 受容体と結合。喫煙による満足感を抑制する のと同時に少量のドーパミンを放出するの で、禁煙時のイライラやたばこの切望感を軽 減する。
ファイザーの調査では12週間投与 の最後の4週間での持続禁煙率は65・4% になるという。

白濱院長は、「酒とストレスをきっかけ に“1本だけ…”と手を出してタガが外れる ことが多い。1本だけが一番危険です。成功 した人の話を聞き、実際に禁煙外来を訪ねて ほしい」と話している。

■服用中の運転、注意徹底 「チャンピックス」については、服用者が 意識障害を起こし、車を運転中に事故を起こ すケースが報告されている。厚生労働省で は、ファイザー社に添付文書の改訂を指示 し、注意を呼びかけた7月以降も事故が発生 していることから、改めて服用期間中に車の 運転はしないよう、服用者や医療機関に徹底 を求めている。

PROFILE

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究

日本整形外科学会専門医日本リウマチ学会専門医日本整形外科超音波学会会員