電話によるお問い合わせ

営業時間 8:30~11:30 / 15:30~18:00
休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

電話をかける

blog

与える人

与える人

自分から動き、周りの人達に向かって発信することは
とても大切なことだと思います。

僕は開業してからも、自分が日々行っている診療から
何か発信できないかと学会発表を続けています。

医師として診療を行い、
院長として人事労務や事務仕事、経営を行いながら
学会発表を続けるのはとても大変ですが、

今自分が行っていること、考えていることが
はたして現在、他の医師たちが考えていることや
時代に則しているのか、進んでいるのか、遅れているのか。

自分から発信することで、それに対して
賛成、反対、無関心と
いろんな反応が得られ、自分がまた修正されていきます。

英語の習得と同じように、
ただ聴いているだけでは勉強になることは少なく
自分から相手に向かって話して身につくことのほうが大きいのです。

趣味で行うDJイベントも
今では年に1回程度になってしまいましたが、
人が集まり、つながり
自分のよいと思う音楽を提案して
それにお客さんが反応してくれると
なんとも言えない楽しい気持ちになります。

当院の朝礼では毎朝、
朝礼当番のスタッフから短いお話しをしてもらっています。

どんなお話しでも構いません。

スタッフみんなが今日の当番の人はこんなことを考えているのか、と共有したり
モチベーションを高めたり
ほっこり心が温まったりします。

話すのが上手でないと尻込みをする人もいますが、
でも、本人は苦手と思いながらも発してくれた言葉には
とても勇気をもらうエネルギーが隠されていたりします。

今日は僕の読んでいるメールマガジン
人の心に灯をともす
から、こんなお話しが届きました。

仕事にも、人生にもとても大切なお話しです。
皆さんと共有したいと思います。

**********************
【与える人】№1473

致知出版社、藤尾秀昭氏の心に響く言葉より

自己維新するために大事なことは「与える人になる」ということです。
会社が何かしてくれないとかそんなことばっかりいっている人は子供と同じです。

ケネディという大統領がいいました。
「国家が自分に何をしてくれるかを問うな。自分が国に何ができるかを問え」

これはものすごく大事なことだと思います。
会社が何かしてくれないという人ばかりいる組織は衰退していくんです。
自分が所属している組織のために何ができるかと考える集団が発展していく。

自分の周りの人に何が与えられるか。
その視点を持つことがすでに維新です。

ジェームズ・アレンという人の言葉に

「成功を手に出来ない人たちは
 自分の欲望をまったく犠牲にしていない人達です。
 もし成功を願うならばそれ相当の犠牲を払わなくてはいけません。
 大きな成功を願うならばこの上なく大きな犠牲を払わなければいけないのです」

これは真理だと思います。

自己犠牲を払うから事はなる。
自己犠牲も払わないのに事はならない。
その人の出しきったものがその人に残るものになります。
手抜きをする人は残らない。
己から出たものは己に帰る。
自己犠牲した人はいい意味で自分に帰ってきます。

楽しく自己犠牲して艱難(かんなん)にむかっていく。
与える人になりたいものです。

「歴史創新」…心に残る致知の言葉…

『月刊致知 2013年10月号』致知出版社

昨今は、自己犠牲という言葉に反応する人は多い。
自己犠牲は、偽善と捉えているからだ。
しかし、ここでいう自己犠牲は、セルフコントロールの意味。
セルフコントロールとは、自分の欲や感情、あるいは行動を制御すること。
たとえば、ダイエットで考えるなら、
「運動せずに、たくさん食べてダイエット!」
というようなうまい話はないのと同じこと。

ダイエットしたければ、
「運動する」か、運動をしないなら「食べない」の
二つに一つしかないからだ。

いずれにしても、強烈なセルフコントロールが必要となる。

何かを買って欲しいと、床の上に寝転んで泣きわめく小さな子供を見かける。
「まわりが何かをしてくれない」、と文句を言う大人もそれと同じ。
欲しい欲しいと欲しがるばかりの人は、セルフコントロールができない人。
その逆に、何かを与えることができるのが大人。
大人はセルフコントロールができる。

欲しがる人ではなく、与える人でありたい。

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117

PROFILE

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究

日本整形外科学会専門医日本リウマチ学会専門医日本整形外科超音波学会会員