電話によるお問い合わせ

営業時間 8:30~11:30 / 15:30~18:00
休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

電話をかける

blog

福岡の整形外科火災 トラッキング現象?

福岡の整形外科火災 トラッキング現象?

福岡の整形外科で起こった痛ましい火災。

どうやら、どこの整形外科にもある
リハビリ用のホットパックを温める温熱機のコンセントから
発火したようです。

朝から患者さんのリハビリでホットパックを使用するため、
夜中も温熱機のタイマーは入っており
コンセントは差しっぱしで使用するものです。

今日のニュースをみると、
コンセントの差し込み口にたまった埃がショートして
引火したようですね。

ホットパックはタオルでくるんで
患者さんの患部に当ててあげるため
通常は近くにタオルがあります。

当院でも、改めてコンセント周囲の清掃をしっかりしようと思います。
皆さんも、ご自宅のコンセントを見直してみてはいかがでしょうか?

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20131014-00000766-fnn-soci

福岡・整形外科火災 「トラッキング現象」で発火の可能性
フジテレビ系(FNN) 10月14日 13時19分配信

福岡市の整形外科が全焼し、10人が死亡した火事で、
警察と消防は、温熱治療用の器具が、
いわゆる「トラッキング現象」で発火した可能性があるとみて、
調べを進めている。

警察と消防のこれまでの調べでは、
1階の処置室に置かれた、温熱治療用の器具の電気プラグが
差し込まれていたコンセントの周辺に、
ショートした跡があることがわかっている。

消防によると、火災当日は雨が降っていたことから、
コンセントの隙間にたまったほこりが湿気を吸い、発火する、
「トラッキング現象」が起きた可能性があるという。

さらに、火元とみられる処置室では、
大量のタオルの燃えかすが見つかっていたことが、
新たにわかった。
タオルは、高温に保たれた温熱治療用の器具を包むために
置かれていたとみられていて、
警察と消防は、ショートして出た火がタオルに燃え移って、
一気に広がった可能性があるとみて、調べを進めている。

PROFILE

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究

日本整形外科学会専門医日本リウマチ学会専門医日本整形外科超音波学会会員