院長ブログ

関節リウマチとコロナワクチン

新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりましたね。

まずは医療者から、そしてリスクの高い方から順次行われていくとのことです。

新型コロナウイルス診療の手引きによると、

重症化のリスク因子は

・65 歳以上の高齢者

・慢性呼吸器疾患

・慢性腎臓病

・糖尿病

・高血圧

・心血管疾患

・肥満(BMI 30 以上)

が指摘されています。

重症化のリスク因子かは知見が揃っていないが、要注意なもの、としては

・生物学的製剤の使用

・臓器移植後やその他の免疫不全

・HIV 感染症(特に CD4 <200 /L)

・喫煙歴
・妊婦
が挙げられています。

https://www.mhlw.go.jp/content/000641267.pdf

リウマチの生物学的製剤アクテムラに関しては、重症化を防ぐ可能性も指摘されていますが、証明できなかったとの報告もあり、まだはっきりとした結果は出ていません。

関節リウマチに対する新型コロナウイルスの情報は、日本リウマチ学会のホームページにまとめられています。

それによると、

現時点では、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗リウマチ薬、ステロイド治療を受けている方がCOVID-19にかかり易くなるというデータはありません。一方、免疫抑制治療の減量・中止によってリウマチ性疾患が再燃する恐れがあります。感染が疑われない時には、現在処方されている薬(ステロイド、免疫抑制剤、生物学的製剤、抗リウマチ薬など)は症状が悪化しないよう同じ用量で続けてください。自己判断での中止は禁物です。

とされています。

ワクチンを接種するかどうかは、接種のリスクと感染のリスクを比較して決めることになります。

 ワクチンを接種すること
利点重症化しにくくなる、もしくはしなくなる効果が認められていること
現在までに知られている変異にはすべて対応していること
弱毒生ワクチン(現在開発中)と違いすべての患者で投与が可能であること
欠点ワクチンの種類が今までにないものであること
アナフィラキシーなどの重篤なアレルギー反応や局所の強い反応が認められている
今後のウイルスの変異に対応できるかどうかがわからないこと

 新型コロナウイルス感染後、重症化しやすいリスクとしては高齢者、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満があげられます。年齢ですが60歳代の重症化率は30歳代の25倍になると報告されています。
日本リウマチ学会としては新型インフルエンザワクチンと同様にステロイドをプレドニゾロン換算で5mg/日以上または免疫抑制剤、生物学的製剤、JAK阻害剤のいずれかを使用中の患者は他の人たちよりも優先して接種した方がよいとしています。
人によって重症化リスクは異なり、感染リスクも感染の流行によって変動するため、担当医とよく相談したうえで接種の可否を判断してください。

接種するならば疾患活動性が安定してからが望ましいと考えます。

基本的には接種前後で免疫抑制剤やステロイドは変更せず継続すべきと考えます。

いずれにせよ、mRNAワクチンである新型コロナワクチンは新しいタイプのワクチンであり、まだ開発されて間もないものです。日本人ではわずかながら欧米よりもアナフィラキシーというアレルギー反応が多いとのニュースも見られています。

欧米のデータをもとに上記のようなリウマチ学会の提言はされていますので参考にしつつ、重症化リスクのある合併症をお持ちの方や、暴露リスクが高いと思われる職業についている方は積極的に摂取したほうが良いかもしれません。

一方、高リスクな合併症を持たない方で暴露リスクが低い方では、まだ今後の日本の感染状況や日本人によるワクチンの副作用情報を参考にしながら摂取するべきか考慮しても良いと思います。

リウマチとワクチンについてや、その他のお薬との交差反応もデータがなく現時点ではわからないことも多いため、ご自身のリスクに応じて接種の判断をされるのが良いと思います。

2021.03.21 | コメント(0)

関節リウマチ市民公開講座

今年はオンラインで関節リウマチの市民公開講座が開催されます。

皆さんもご視聴できますので、ぜひご家族とともにご覧になってください。

http://webcast-method.com/public0314/

2021.03.13 | コメント(0)

1月27日水曜日 NHK あさイチ で「ファシア」が特集されました。

開業した10年前から当院でも研究・治療に力を入れている「ファシア」

今日のNHKで特集されていましたね。

コロナ禍のおうち時間に! 体メンテナンスの新常識“ファシア”|NHKあさイチ

あさイチの動画視聴・あらすじ | U-NEXT

昔は「筋膜」と呼ばれていましたが、現在では筋肉の膜だけでなく、骨膜、腱膜、内臓を包む膜もすべてをひっくるめて「ファシア」「fascia」と呼ばれるようになりました。

ファシアは骨と骨をつないでいる腱と筋肉をすべてつなぐ膜構造で、一番深層が骨、その上が筋肉で全身を覆われており、さらにその上にあるファシアは全身を網タイツのように覆う膜構造です。

イメージとしては、昔とんねるずがやっていた「もじもじ君」みたいな感じです(^^♪

NHKでも特集されていたように、最近では第2の骨格構造とも考えられています。

レントゲンやMRIでも構造的な異常が見つからず、原因のわからない痛みの多くは、このファシアの異常が関係しているのではないかといわれています。

実際に当院でも10年前からファシアに注目して診断、治療していますが、ファシアの痛みを診断するためには、体の動きを見て、精密に触診してファシアの動きの悪い場所を探し出し、正確に病変部位に注射することが必要です。そのために運動器超音波で観察しながら注射(ハイドロリリース)することが有用です。

運動器超音波診療とハイドロリリースについては、こちらのブログもご覧ください。

痛み、スポーツ障害に対する運動器エコー診療|さいとう整形外科リウマチ科|名古屋市名東区の整形外科・リウマチ科 (saito-seikei.jp)

ファシア研究では、イタリアのluige stecco, carla stecco先生が有名で、日本でも彼らが創設したファシアル マニピュレーション コースという治療セミナーが受けられ、院長の僕もレベル1、2を修了しています。

NHKのファシア特集でも出演されていた理学療法士の成田崇矢先生の腰痛・仙腸関節痛のセミナーにも参加させていただいたことがあります。

また、愛知医科大学で解剖研究も行っており、筋肉や神経を細かく触診しながら、病変部位を探す技術に日々磨きをかけております。

ファシアの痛みは、常にあらゆる病態と併存するため、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、変形性膝関節症、変形性股関節症、胸郭出口症候群、顎関節症、片頭痛などの病名でお薬だけ処方されている患者さんや、手足のしびれの患者さん、なかなか取れない難治性の痛みの患者さんでは、ファシアの治療により、現在の症状が良くなる可能性があります。

ファシアに注目して治療しているうちに、針治療や全身の筋肉をほぐすリラクゼーションもとても有用なことに気づき、名古屋トリガーポイント治療院リラクゼーションルーム・ファシアも5年前に開設しました。

もし、なかなか取れない痛みやしびれで困っていたら、ぜひ一度ご相談くださいね。

もちろん、一言にファシアの異常といっても、姿勢や動き、関節の状態など、病態は人によって様々。

一発で痛みが取れる人も、通院しながら玉ねぎの皮を一枚一枚剥がすように治療していかなくてはならない人もいます。

でも、他院では取れなかった痛みが取れた時は、患者さんだけでなく、治療している僕たちも一番うれしい瞬間です。

お気軽にご相談くださいね。

さいとう整形外科リウマチ科

名古屋市名東区平和が丘1-10

052-776-3110

名古屋トリガーポイント治療院

リラクゼーションルーム・ファシア

2021.01.27 | コメント(0)