院長ブログ

腰痛の日

月曜日の今日。

午前は首の痛い人

午後は何故だか腰痛の人がたくさんきました。

今日はぎっくり腰デーだな、という日がたまにあります。

理由はわかりませんが、人の動きや痛みの出方には、ある程度の環境要因もあるんだと思います。

気圧が低くなると関節の痛みや肩こり頭痛の人が多くなります。

今日は何故だかぎっくり腰デーでした。

ぎっくり腰と言っても、ヘルニアや感染、骨折などのレッドフラッグ疾患をちゃんと見抜いた上で、怖い腰痛ではないなと思ったら、ただ痛み止めを出すだけでなく、できるだけ早くぎっくり腰で固まってしまった緊張した筋肉をほぐしてあげられるように考えます。

痛みの強さや筋肉を触った感じで、これは注射の方が痛みが取れて動けるようになるな、という判断をしたり、これはリハビリやってから痛みの取れ方をみようとか、注射、リハビリ、電気治療、薬の中から考えます。

もちろん、腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、高齢者の圧迫骨折や子供の疲労骨折、脊椎の感染症や強直性脊椎炎といった膠原病まで、腰痛の鑑別疾患はいろいろあります。

中でも筋・筋膜性腰痛は全ての疾患に併発します。

だから、腰部脊柱管狭窄症があっても、筋肉を治してあげると痛みレベルがぐっと減ることもあります。

筋肉に注目して治療をしてきたからこそ、当院は鍼灸院、リラクゼーションの選択肢も持っています。

腰痛治療の基本は、痛み止めを飲むことよりも筋肉をほぐすこと。

硬くなった筋肉は老廃物をたくさん含んだ静脈血の排出が悪くなり、うっ血した状態にあります。

それを注射、鍼灸、リハビリ、電気、リラクゼーションなど、様々なオプションを駆使して血流改善に努めます。

何より大切なのは、痛みを早く止めて、動ける体に戻すことです。

動くことに勝る薬無し。

でも、筋肉は持続的に同じ姿勢をとって収縮し続けることや、繰り返し同じ筋肉ばかり使うこと、もしくは、自分の筋力以上の負荷がかかってしまうことは非常に苦手です。

正しく動いて、収縮と弛緩が正しく行われることで、筋肉の毛細血管には血が流れ、新しい酸素が運ばれてきます。

筋肉は血流ポンプ。

今日のぎっくり腰さんたちは、リモートワークも原因という人が何人かいました。

テレビが表面上の感染者数の爆発ばかり報道するので、みんなまた怖がって座っている時間が長くなっています。

座っているうちに筋肉は硬くなり、弱くなる。

骨まで弱くなって骨粗鬆症が進みます。

コロナを過度に怖がることで、かえって自分の体に実害を及ぼしている人が本当に多いです。

適度に恐れ、適度に楽観的に捉えて、体をなまらせることがないように気をつけましょう。

さいごに、腰痛にならないためのポイントは、ふくらはぎの下の方と、太腿の裏を毎日触って揉んでおくこと。

下肢が硬くなると、骨盤が動かなくなるので腰に負担が増えちゃいます。

自分の筋肉を毎日触る癖をつけておくといいですよ!

愛知県名古屋市名東区平和が丘1-10

さいとう整形外科リウマチ科

052-776-3110

院長 斉藤究

2020.08.04 | コメント(0)

有効と判断される界面活性剤が報告されています。

基本的には顔に触る前に手を洗うことがとても大切ですが、手についたウイルスは水道水で洗うだけでもかなり落ちるとのこと。

もちろん、石鹸などの界面活性剤を使えばもっと良いのですが、不用意に口、鼻、目に触らないことが大切です。

今回yahoo newsに有効と判断される界面活性剤のリストがありましたので、ご紹介させていただきます。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d4a0d75651bd1c359fc3c2e4308ad40bd1e137eb

製品評価技術基盤機構(NITE)は、新型コロナウイルスへの消毒目的として利用されている「次亜塩素酸水」について、「新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない」との中間結果を発表した。

販売されている製品については、製法(電気分解、混和等)や原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、また安全性も根拠不明なものが多いとする。

NITEの調査で販売状況を確認できた81品目中、66品目が空間除菌を謳って販売しているが、空間噴霧については、ウイルス除去性能の評価方法が国際的に確立されておらず、また、次亜塩素酸水の噴霧が「換気によるウイルス排出や、『3密』回避による感染防御よりも有効とする分析は、発見されていない」としている。

同様に消毒液噴霧による人体への安全性についても、確立された評価方法が無く、消費者からの事故情報データバンクには「次亜塩素酸(水)の空間噴霧による健康被害」と捉えられる報告が届いていることなどを指摘している。

なお、新型コロナウイルスに対して有効な界面活性剤の検証も進めており、新たに塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)、塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)も有効と判断。

有効と判断された界面活性剤は、以下の7種。

・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
・アルキルグリコシド(0.1%以上)
・アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
・塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
・塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)
・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

これらを含んだ住宅・家具用洗剤のリストも公開している。ただし、これらは身近な物の消毒用で、手指・皮膚には使用してはいけない。

2020.05.29 | コメント(0)

TNFα阻害薬を使っているリウマチ患者さんではコロナは重症化しない可能性??

https://www.medscape.com/viewarticle/930913?nlid=135672_864&src=WNL_mdplsfeat_200526_mscpedit_rheu&uac=69918FJ&spon=27&impID=2396092&faf=1

TNF阻害薬を使っているRA患者ではCOVID-19が重症化しないかもしれない、というCOVID-19 Global Rheumatology Alliance Registryの情報です。

TNF阻害薬というのは、レミケード、エンブレル、ヒュミラ、シンポニー、シムジアなどの薬剤名の生物学的製剤です。

この報告の対象患者さんの背景などが分からないので詳しいことはわかりませんが、リウマチは新型コロナに感染しやすいのではないかと不安なリウマチ患者さんの安心にもつながるのではないでしょうか。

人種の違う日本人でのこれからのデータの蓄積も待ちたいところです。

最近来院されたリウマチ患者さんの中には、コロナが怖いからと内服しているお薬を自己中断したり、自己減薬したりしていた方もいらっしゃいました。

もちろん、リウマチの病状は悪化して、関節がいくつも腫れていました。

腫れるだけならまだいいのですが、1度落ち着いていたリウマチに火がつくと、これまで飲んでいた量よりも多くのお薬を必要とする場合もあり、また関節が腫れたままだとだんだん骨に穴が開き、軟骨が溶かされていくのがリウマチの怖いところです。出来るだけ落ち着いた状態を長く続けていくのが大切なんです。

ワイドショーなどで不安と恐怖を植え付けられて、必要以上に過敏になっている方もいらっしゃいます。

かかるかわからないコロナばかりが頭の中を支配してしまい、自分の病気のコントロールよりもコロナを優先することで、確実に悪くなる未来を選択してしまうのは1番体によくありません。

上記のような朗報もありますので、過度にコロナを恐れることなくしっかりとリウマチのコントロールを行い、関節機能を正常に保つことが何より大切です。

2020.05.27 | コメント(0)