院長ブログ

豊田で出張講演

今日は中部労災病院膠原病内科の滝澤先生、猪飼先生と企画運営している、関節リウマチエコーの会である、SUMIREの会のスピンオフで、豊田に出張講演してきました。

猪飼先生からはJAK阻害薬の基礎から、関節エコーでは滑膜炎の見られないリウマチ残存疼痛に対して、中枢性疼痛を考慮してSNRIを内服投与したところ著効した症例提示までをお話いただきました。

これもエコーをしなくては滑膜炎の痛みではない!と言い切ることはできない症例ですね。

僕からは関節エコー陰性の際に考えるべき末梢性疼痛としての筋膜性疼痛症候群の診断と治療についてお話させていただきました。

筋膜性疼痛は、関節リウマチではないかと心配で当院に来られる患者さんにも多く見られますし、本当の関節リウマチの患者さんの痛みの原因としてもよく見られるものです。

座長の高杉先生の前腕筋群のマッスルトリガーポイントハイドロリリースも実演して、伸展不良だった示指も伸びやすく改善。高杉先生のお疲れも少しとれたかな?

オミクロンが広がりつつある中の開催で、非常に少人数ではありましたが、その分参加された先生方とコミュニケーションもはかれた会になりました。

お声かけいただいた高杉先生、ありがとうございました!!

2022.01.12 | コメント(0)

スタッフ募集!(求人 看護師・理学療法士・柔道整復師)

さいとう整形外科リウマチ科で一緒に働きませんか?

当院の理念

”出逢った人の「楽しい!」明日のために”

は、
医療という仕事を通して出逢った人たち
すなわち、患者さんのみならず
スタッフ、家族、友人達が
楽しい明日を送れるように
自分ができることをする!
ということが理念です。

もちろん患者さんに対しては、
痛みや病気から解放された先にある人生を
積極的に楽しんでいただけるよう
応援することを目指しています。

当院の理念と指針です。
医療者である前に、社会人としての成熟を目標としています。

院長は運動器エコー、関節エコー診療を行う
整形外科専門医・リウマチ専門医です。

理学療法への理解も深く
院長自身が
筋膜マニピュレーションlevel2や
組織間リリースセミナーなど
さまざまな理学療法セミナーを受講しており
理学療法士と協力して
ハイドロリリース治療を行っています。

リウマチにおいては500名を超える患者さんが通院されており、柔道整復師さんや放射線技師さんが関節エコーを行い助けてくれています。

さいとう整形外科で、
出逢った人達の
楽しい明日を一緒に応援しませんか?(^o^)/

各職種については下記をご参照ください!

####### 応募資格 #######

応募資格としては、

患者さんを元気にしたあげたい!という気持ちを持っていること
笑顔を忘れないこと
謙虚に学ぶ姿勢を持ち続けること
そして、院長ブログを読んで共感していただけた方
が条件です(´∇`)。

現在下記職種を募集しております。
下記クリックにて職種別ページへどうぞ。

看護師さん(パート・常勤)

理学療法士さん(常勤)

現在下記職種は現在募集しておりません

医療事務さん(常勤・パート)
診療放射線技師さん

関連施設である名古屋トリガーポイント治療院では、鍼灸師を募集しております。勤務地、給与規定は下記とは別になります。
鍼灸師

関連施設であるリラクゼーションルーム ファシアでは、セラピストを募集しております。
リラクゼーションセラピスト(常勤、パート)
リハビリ助手さん
柔道整復師(診療補助、各種超音波検査、整復固定等)

####### 勤務条件と福利厚生 #######

勤務時間は午前8:30~13:00 午後15:20~18:50です。
水曜午後、土曜午後、日曜、祝日はお休みとなります。
患者さんの多い日には残業となることもあります。

常勤さんは現時点において
・交通費月20000円上限にて実費支給
・年2回のボーナス
(基本給の3か月分が基本。初年度は寸志となります。本人の能力により増減します)
・お盆休暇、年末年始休暇各1週間(日数はカレンダーに合わせて変わります)
・有給休暇 30分単位で取得可能
(年に5日は院内の休みと合わせてみんなで計画的に消化します(労働基準法に準じる))
・大学院卒者 資格手当10000円アップ
・3年以上勤務者には退職金制度あり
・勤続表彰あり 5年勤続 50000円支給 10年勤続 100000円支給 15年勤続 150000円支給
などの福利厚生があります。

学ぶ人を応援します!!
・年に1回の関連学会・研究会への参加費、交通費、宿泊費支給
・学会・研究会での発表は参加費、交通費、宿泊費何度でも支給します。
(ただし、企業から依頼の講演にて講演料が支給される場合には院内からの支給無し)
・勉強会参加費支給 下記
院長が依頼したもの 交通費、宿泊費、参加費全額支給
本人希望によるもの 参加費の半額支給(院内で伝達講習を行った場合)
・勉強会参加・外部講演のための休暇 取得可能(有給使用)
(ただし、他職員と休暇をずらして通常業務に支障がないよう取得するように。)

運動会、新年会なども
みんなで楽しくやってます!

コロナで今はお休み中ですが、、
CIMG6604OLYMPUS DIGITAL CAMERA

保育所はありませんが、お母さんが働いている間、
スタッフルームにお子さんに来ていただくことは構いません。

通勤は公共交通機関が望ましいですが、
遠方など難しい場合は車での通勤も可能です。

===== 応募方法 =====
まずは
info@saito-seikei.jp
までE-mailを送信してください。

当院での仕事を通して、スタッフそれぞれが自分達の夢を実現し、
人として成長していける医院となれるよう頑張っております。
当院を退職したのちにも、
「あの時が一番楽しく働いていたなあ」
という思い出になってほしい。と思っています。

あなたの笑顔が、患者さん達の元気になります!!
さいとう整形外科リウマチ科の素敵なスタッフ達の一員になりませんか?

2022.01.11 | コメント(0)

PsA 乾癬性関節炎を考える会

今日は名古屋の乾癬の会で勉強。

乾癬性紅皮症の症例提示

IL36シグナル伝達経路と疾患との強い関連性

関節炎は尋常性乾癬や膿疱生乾癬で合併が多いこと。

乾癬では高血圧、肥満、高血糖、非アルコール性肝障害NAFLDなどの合併が多い

NAFLDは男性、PASIが高いと起こりやすい

PASIとHbA1cには相関が見られる。

IL17A抗体療法で皮疹とHbA1cが改善する。空腹時血糖も下がる。

爪(油滴・爪甲剥離は関節炎と関連)、後頭部、耳介後部病変も見逃さない。

殿裂の皮疹はPSAのリスク因子

足底腱膜炎、アキレス腱炎

NAPSIで爪の重症度評価。NAPSIが高いと仙腸関節炎が増える。

PsAの45〜55%に体軸性関節炎。

びらんと骨造成

bridging osteoprolifelationはDISHと類似

仙腸関節炎は右に多い

脊椎は胸椎に多い

ADA投与24週間で仙腸関節、脊椎の全般的な所見は改善

HLA-B46は仙腸関節炎が重症化するリスク因子

乾癬外来では、抗体療法を始めてから心筋梗塞やNASHで亡くなる方が少なくなっている。

慈恵医大 皮膚科 朝比奈先生

機能的付着部 functional enthesis

擦れる部分に炎症が起こる。指炎。

禁煙、肥満なら減量が大切。

2019乾癬性関節炎ガイドライン

TNFα、IL17 head to head

皮膚症状がひどければIL17を。

2022.01.08 | コメント(0)