院長ブログ

100年前のパンデミック

スペイン風邪のパンデミック。
100年前も人の活動の中止と再開の中で悩んできたことでしょう。
今の日本は少子高齢化最先端だけど、100年前は日本の総人口5600万人。
そこから日本は2005年の1億2777万人まで人口を増やした。
それを考えたら、今本気で少子化対策をすれば、日本の総人口を今から増やすことに絶望しなくてもいい気がしてきた。
1868年 明治維新を機に人口は3300万人から爆発的に増えています。
https://www.soumu.go.jp/main_content/000273900.pdf
コロナ対策も必要ですが、人知を尽くしてなんとかなる少子化対策こそ政府が最優先で行ってほしい。


僕はワクチンが最終的な解決になるとも思っていません。

なぜならインフルエンザはワクチンも薬もあるのにコロナ以上の死亡者を出しているから。むしろ薬なんて飲まなくてもウイルス感染だから治る人はほとんど治ります。薬による副作用で自殺する可能性があるくらいなら、タミフルなんて飲まない方が良いとも思ってしまいます。

これはウイルス感染症を理解している医師なら反論はしないでしょう。


人は人と交わることでウイルスを交換して耐性を獲得して強くなってきたという記事もあります。

人の進化はミッシングリンクが埋まらないダーウィンの進化論よりも、ウイルスによる突然の進化であるという、ウイルス進化論を唱える本もあります。

https://amzn.to/2HqgUHN

ウイルスの拡大は、人の活動を抑制しても無くなるわけではなく、全ての人に暴露が行き渡るまでの時間稼ぎにしかなりません。

大切なことは、医療崩壊を起こさないレベルで感染拡大のスピードを抑えることと、新型コロナ重傷者をいかに助けるか、そして、医療崩壊により通常の医療が行えなくなってしまうことを最小限に止めるか、ということ。

以下の記事は100年前にもウイルスの前に人間は無策だったことを感じてしまいます。

https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20200228-00165191/

以下上記サイトより引用

1918年から1920年までの約2年間、新型ウイルスによるパンデミックが起こり、当時の世界人口の3割に当たる5億人が感染。そのうち2000万人~4500万人が死亡したのがスペイン風邪である。現在の研究では、そのウイルスはH1N1型と特定されている。
 スペイン風邪によって、最終的に当時の日本内地の総人口約5600万人のうち、0.8%強に当たる45万人が死亡した。

・(はやりかぜに)かからぬには
1.病人または病人らしい者、咳する者に近寄ってはならぬ
2.たくさん人の集まっているところに立ち入るな
3.人の集まっている場所、電車、汽車などの内では必ず呼吸保護器(*マスクの事)をかけ、それでなくば鼻、口を「ハンカチ」手ぬぐいなどで軽く覆いなさい

日本各地で猛威を振るったスペイン風邪は、1920年が過ぎると自然に鎮静化した。なぜか?それは内務省や自治体の方針が有効だったから、というよりも、スペイン風邪を引き起こしたH1N1型ウイルスが、日本の隅々にまで拡大し、もはやそれ以上感染が拡大する限界を迎えたからだ。そしてスペイン風邪にかかり、生き残った人々が免疫抗体を獲得したから

2020.11.23 | コメント(0)

コロナの時期の関節リウマチ治療

今日は院内で大阪の井上病院副院長の佐藤宗彦先生のwebセミナーを看護師さん達と拝聴しました。

ご講演のタイトルは

「withコロナ時代におけるRA治療」

コロナの時期にはテレビの情報しか見ていない方では特に不安を煽られています。

第1波のときには、まだ新型コロナについての情報がほとんどない中で、患者さんも医療者も不安の中にいました。

その中で、リウマチ患者さんたちが考えたことは、

・リウマチのお薬を飲んでいると新型コロナにかかりやすくなるのではないか

・リウマチのお薬は新型コロナを重症化させないのか

・お薬を減らしてでも、クリニックにかかる期間を延長できないだろうか。

・電話だけでお薬がもらえないか

などなど、当院でもさまざまな事例がありました。

その中でお伝えしてきたことは、感染する頻度が少ないコロナウイルスを恐れてリウマチの治療を自己判断でおろそかにすれば、必ずリウマチは悪化するし、大切な採血検査を行わなければ、知らない間にお薬の副作用が出ている場合もあるということ。

自分でお薬を減量したり、怖くて中止したりした患者さんは、やはり関節がまた腫れてきて、リウマチの状態が悪化して来院されました。

しばらく顔を出さなかったから、また受診するのに気が引けてしまう患者さんもいらっしゃるかもしれませんが、そんなことは全く気にしません。

そんなことよりも、ちゃんと治療をして、リウマチで関節を壊して欲しく無い、という気持ちでリウマチ診療を行っていますから、安心して御来院くださいね。

当院では、もともと出来るだけリウマチ患者さんの来院頻度が少なくなるように配慮して予約を行なっています。

リウマチになって間もない時期には、いち早く関節の炎症を抑えることを考えて、2週間から4週間に一度来院してもらっています。

関節の炎症が完全に落ち着いて、寛解という状態になった患者さんでは、2ヶ月から3ヶ月に1回の来院頻度にしてもらっています。

院内の滞在時間を気にされる患者さんには、採血後の診察待ち時間を院外で過ごしていただき、順番が来る頃にお電話でお呼び出しもしています。

さて、以前のブログにも書きましたが、今日のwebセミナーでもリウマチと新型コロナに関しての情報がシェアされました。

新型コロナに対しての感染リスクや重症化率が上がるのは、ステロイド(プレドニン、プレドニゾロン)を10mg以上使用している患者さんです。

また、治療内容としては、内服薬を使わずに生物学的製剤のmono therapyをしている患者さんでリスクが低いとのことでした。

当院の治療では、寛解に至った患者さんでは出来るだけ内服や注射製剤を減らしていくようにチャレンジしています。

生物学的製剤のmono therapyを行なっている患者さんもたくさんおられます。

ただし、すべての患者さんが生物学的製剤のmono therapyができるわけではなく、あくまで病状が非常に落ち着いている患者さんに限られます。

お薬を減薬するときはいつもチャレンジです。

しっかりと超音波検査を行い、すべての関節で炎症が残っていないことを確認している方で、初めて減薬チャレンジが可能になります。 

それでも、減薬途中でリウマチが再燃してくる方もおられます。

リウマチ診療は、採血を見るだけではなく、いつも丁寧に関節を触り、怪しい関節には超音波検査を行い関節の炎症が出ていないか確かめることが大切です。

また、新型コロナ感染のリスク以上に、自宅にこもって座ってばかりいることで足腰の筋力が弱って動けなくなってきたり、骨粗鬆症が進行してしまったりするほうが確実におこる不利益です。

関節リウマチに関しては、上記のようにステロイドを10mg以上使用していなければ、新型コロナのリスクが高まることはないというエビデンスも出てきています。

お薬を自己中断したり自己減薬することなく、きちんといつも通り副作用が出ていないか採血検査は行い、リウマチが安定した状態を続けていただくことが1番大切です。

2020.11.17 | コメント(0)

リウマチの痛みの治し方

最近お薬メーカーさんも勉強会、講演会をたくさん行ってくれています。

オンライン勉強会も花盛りで、開業医としては移動時間も節約できて、診療後に学ぶ機会が増えてありがたい限り。

そういう僕もコロナで無くなっていたリウマチの講演の機会も再び増えてきています。

最近は浜松で講演の機会をいただいたり、近くの東海病院の勉強会にお呼ばれしたり、今日はリウマチのお薬メーカーさんにお呼ばれして、新人さんを含めた社員さんにリウマチという病気の講義をさせていただきました。

今年は東名古屋病院の理学療法士さんの卵の学生達にも講義を4コマ行ってきました。

僕が最近講演しているのは、関節リウマチの病状はしっかり寛解導入して、リウマチが症状として身体に出ていない状態になってからも残っている痛みについてです。

筋膜性疼痛に対する超音波ガイド下ハイドロリリースをリウマチ患者さんに応用すると、リウマチの残存疼痛も解決することがあります。

そのためには、リウマチ患者さんが痛みを訴えた時に、超音波で関節の滑膜炎が残っていないか見抜くことがfirst stepです。

second stepは、しっかり痛みの原因を触り分けて触診すること。触診力は磨き上げないと一夜にしては身に付かないものです。

僕も開業して10年、解剖と触診を学び続けています。そのため、10年前に比べると痛みの原因を触り分けることがだいぶできるようになってきました。触診は奥が深いです。

そして触診で見つけた痛みの場所に超音波を当てることで、炎症や組織の損傷がないかを診断します。

最後のthird stepでは、超音波でリウマチの滑膜炎も組織損傷もないと診断できた患者さんに対して、画像に映らない痛みである慢性筋肉痛、筋肉のコリ、トリガーポイントや神経の絞扼部位を触診で見つけて、エコーガイド下にハイドロリリースしてあげることです。

リウマチ患者さんは関節の痛みや変形もあるため、筋肉に無理がかかりやすい状態です。

そのため、関節の痛みだけでなく、筋肉痛やコリの痛みもできやすく、日常からのマッサージやリハビリが大切だったりします。

でも、今の日本ではリウマチを見ている大病院では薬物治療や手術、術後のリハビリは行っていても、外来通院リハビリは行っていないところが多かったりします。

内科系のリウマチクリニックでは、リハビリを行なっていないところもあります。

薬物治療で寛解が得られて、関節からリウマチの炎症は消えていたとしても、慢性の筋肉のコリが残っていると痛みが残ってしまったり、関節の動き(可動域)が悪くなっていたり、筋力が衰えていたりします。

そう言った症状まで治してあげると、リウマチは本当に良くなります。

まずは寛解を目指して早期にしっかり治療すること。

そして、痛みの原因をしっかり治療すること。

リウマチ専門クリニックとして、医師、看護師、理学療法士、放射線技師、柔道整復師、そして医療事務さんみんなが患者さんをサポートできるように頑張っています!

2020.11.11 | コメント(0)