院長ブログ

12/27〜1/3はお休みです。

今年は静かな年末年始ですね。

暗くなると街中の車通りも少なくなっています。

先日仕事終わりに味噌煮込みが食べたくなって、近くのサガミに行ってみたら、夜8:50頃にはもう準備中の看板がかかっており、仕事終わりにご飯を食べるところが無くて困りました。。。

さて、今年のカレンダーでは、さいとう整形外科は12/27日曜〜1/3日曜までお休みです。

新年は1/4から診療開始しています。

もし急な腰痛など、体の痛みや疲れでお困りの方は、一社駅の名古屋トリガーポイント治療院と、リラクゼーションルーム ファシアは12/30まで営業しています。お困りの方のお役に立てれば幸いです。

名古屋トリガーポイント治療院

052-753-3231

リラクゼーションルーム ファシア

052-753-3235

2020.12.27 | コメント(0)

リウマチ超音波 MIRAIの会

今日は中部労災病院の膠原病内科 猪飼先生と滝澤先生と開催している、

リウマチ超音波入門のための講習会

MIRAIの会 の 第二回目が開催されました。

今回の趣向は、

コロナ前に開催された第1回MIRAIの会で、ハンズオン講習も受けた医師や技師さんたちが、その後どのようにエコーを活用してリウマチ診療に活かしているか、を発表していただきました。

若手の先生がレントゲンや採血では異常が見られない関節リウマチを、超音波で診断して治療に結びついた症例や、

臨床検査技師としてMIRAIの会を経て自信をつけて、医師からの検査オーダーに答えてリウマチ診断の力になった話を聞いて、

主催者である僕も、猪飼先生も、滝澤先生も、みんなで嬉しくなって大喜びしていました。

そして猪飼先生からは指と手関節の解剖と、採血データや寛解基準に惑わされないリウマチ超音波診療についてお話いただきました。

僕からは、リウマチの滑膜炎だけでなく、肩の痛みをどう診察するのか、筋肉の解剖を提示させてもらいました。

名古屋周辺を中心に、僕の知り合いの全国のリウマチに携わる医療者の方達も試聴いただいていたようです。

こうしてリウマチ超音波診療ができる人が増えていけば、ますます多くのリウマチ患者さんたちが早期診断と真の寛解のゴールに達することができるようになっていきますね。

次回MIRAIの会は半年後。

その頃にはコロナも落ち着いて、プローブを持つ手に手を添えて直接エコー技術を伝達できるようになっているといいなあ。

サポートしてくれたabbvieのスタッフの皆さん、誠にありがとうございました!

2020.12.12 | コメント(0)

100年前のパンデミック

スペイン風邪のパンデミック。
100年前も人の活動の中止と再開の中で悩んできたことでしょう。
今の日本は少子高齢化最先端だけど、100年前は日本の総人口5600万人。
そこから日本は2005年の1億2777万人まで人口を増やした。
それを考えたら、今本気で少子化対策をすれば、日本の総人口を今から増やすことに絶望しなくてもいい気がしてきた。
1868年 明治維新を機に人口は3300万人から爆発的に増えています。
https://www.soumu.go.jp/main_content/000273900.pdf
コロナ対策も必要ですが、人知を尽くしてなんとかなる少子化対策こそ政府が最優先で行ってほしい。


僕はワクチンが最終的な解決になるとも思っていません。

なぜならインフルエンザはワクチンも薬もあるのにコロナ以上の死亡者を出しているから。むしろ薬なんて飲まなくてもウイルス感染だから治る人はほとんど治ります。薬による副作用で自殺する可能性があるくらいなら、タミフルなんて飲まない方が良いとも思ってしまいます。

これはウイルス感染症を理解している医師なら反論はしないでしょう。


人は人と交わることでウイルスを交換して耐性を獲得して強くなってきたという記事もあります。

人の進化はミッシングリンクが埋まらないダーウィンの進化論よりも、ウイルスによる突然の進化であるという、ウイルス進化論を唱える本もあります。

https://amzn.to/2HqgUHN

ウイルスの拡大は、人の活動を抑制しても無くなるわけではなく、全ての人に暴露が行き渡るまでの時間稼ぎにしかなりません。

大切なことは、医療崩壊を起こさないレベルで感染拡大のスピードを抑えることと、新型コロナ重傷者をいかに助けるか、そして、医療崩壊により通常の医療が行えなくなってしまうことを最小限に止めるか、ということ。

以下の記事は100年前にもウイルスの前に人間は無策だったことを感じてしまいます。

https://news.yahoo.co.jp/byline/furuyatsunehira/20200228-00165191/

以下上記サイトより引用

1918年から1920年までの約2年間、新型ウイルスによるパンデミックが起こり、当時の世界人口の3割に当たる5億人が感染。そのうち2000万人~4500万人が死亡したのがスペイン風邪である。現在の研究では、そのウイルスはH1N1型と特定されている。
 スペイン風邪によって、最終的に当時の日本内地の総人口約5600万人のうち、0.8%強に当たる45万人が死亡した。

・(はやりかぜに)かからぬには
1.病人または病人らしい者、咳する者に近寄ってはならぬ
2.たくさん人の集まっているところに立ち入るな
3.人の集まっている場所、電車、汽車などの内では必ず呼吸保護器(*マスクの事)をかけ、それでなくば鼻、口を「ハンカチ」手ぬぐいなどで軽く覆いなさい

日本各地で猛威を振るったスペイン風邪は、1920年が過ぎると自然に鎮静化した。なぜか?それは内務省や自治体の方針が有効だったから、というよりも、スペイン風邪を引き起こしたH1N1型ウイルスが、日本の隅々にまで拡大し、もはやそれ以上感染が拡大する限界を迎えたからだ。そしてスペイン風邪にかかり、生き残った人々が免疫抗体を獲得したから

2020.11.23 | コメント(0)