院長ブログ

2019 明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

2018年はこれまで行ってきた筋膜性疼痛、筋肉・筋膜のトリガーポイント診療をケアネット社の企画でDVDにまとめて発売することができました。
それを見てくれた沖縄の先生が当院の見学に来てくれたのもよい出会いでした。

また、臨床スポーツ医学という雑誌でも、当院で行っている筋・軟部組織の治療について論文発表することができました。

東京で長年行われている医師向けのSKILL UPセミナーにおいても4時間の講演の機会を得て、そこからも見学の先生がお見えになりました。
年末には神戸大学総合内科の先生が主催する勉強会にお招きいただき、筋膜性疼痛の治療について講演する機会を頂きました。
インターネットでのweb講演ではリウマチの鑑別診断やリウマチにおける筋膜性疼痛の鑑別などについてお話させて頂きました。

全国的に有名な理学療法士でもあり、組織間リリースという手技の講習会を行っていらっしゃる蒲田先生をお招きして、当院で医師向けセミナーを開催しました。蒲田先生の触診技術を間近で見れたことは、自分の触診を1段階も2段階も引き上げることになり、また治せる患者さんが増えました。

僕が監修する名古屋トリガーポイント治療院の前田院長、高橋鍼灸師と共に、鍼灸師、理学療法士のための超音波下触診セミナー肩関節編を初めて開催し、地域で活躍する医療者の痛み診療技術の向上に貢献できたことも新しい試みでした。

それと共に、日進月歩のリウマチ診療や、超音波下筋膜治療についていくために、土日は足しげく全国行脚していました。筋膜マニピュレーション国際コースレベル1を受講したことも、自分のやってきた治療に共通することがたくさんあり、自信を深めました
今年のゴールデンウィークは10連休ですが、そのうち6日間はレベル2の受講にあてることになっています。(#^^#)

2019年は1月7日から診療開始です。

患者さんの「楽しい!」明日のために
という理念のもと、
リウマチ、慢性難治性疼痛、骨粗鬆症の治療を軸に
今年は
看護師、理学療法士、放射線技師、事務、鍼灸師、リラクゼーションセラピスト
それぞれのメンバーとの協力体制を強化しつつ、より高いレベルで患者さんを治療できるように、みんなでレベルアップを図っていくことが目標です。

一人でも多くの患者さんが笑顔になれるように頑張りますね。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

院長 斉藤 究

2019.01.01 | コメント(0)

リウマチ患者さんからのよくある質問

当院に通院中のリウマチ患者さんからのお問合せで
よくあるものをまとめました。
ご参考になさってください。

Q. MTX(リウマトレックス、メトレート)を飲み忘れたらどうしたらよいですか?

A.
 1日遅れで内服すれば大丈夫です。
  翌週からは、いつも通りの曜日に内服してください。
  もし数日間も忘れたのであれば、その週は内服をせず、
  翌週からいつも通りに内服してください。

Q. MTXを服用後、気持ち悪くなった場合はどうすればよいですか?

A. MTXを飲める量には個人差があるため、
  増量後に気持ち悪くなった場合にはご来院の上、
  その旨を医師に伝えてください。 
  MTXをもとの量に戻すか、減量しながら、
  他のお薬の併用などを考えてまいります。

Q. 風邪・発熱・口内炎・帯状疱疹などの症状がある際は、薬を飲んでいいですか?
A. 軽い風邪程度であれば通常通り内服してください。
  発熱や咳・痰、痰のない空咳などの症状がある際は、
  肺炎などの可能性もあるため、内服を中止して速やかに受診してください。
  口内炎はMTXの量が多い時や、疲れているときに出現します。
  日頃から疲れをためず、はやめに休息をとり、
  十分な睡眠と手洗い、うがいをこころがけましょう。

Q. 自己注射を忘れた場合はどうしたらよいですか?
A. 翌日投与すれば大丈夫です。
  週1回投与製剤の場合には、もし数日間遅れてしまった場合には、
  翌週のいつもの曜日に投与してください。

Q. 自己注射部位が赤く腫れた場合はどうしたらよいですか?
A. 注射によるアレルギー反応の可能性があります。
  赤く腫れた部位を写真で撮影したうえで、受診してください。
  注射針が毛細血管にたまたま当たってしまうこともあり、
  その場合には小さな出血斑(紫斑)ができることがありますが、
  その場合にはいつもよりしっかり圧迫止血をしていただければ大丈夫です。

Q.旅行に行く際に注射する日が重なります。注射の日を変更してよいですか?
A.週1回製剤の場合、1日程度であれば早めたり遅らせても構いません。
 もし数日間ずらすようであれば、その週は投与を見合わせ、翌週から投与しましょう。
 2週間に1回、4週間に1回などの投与の場合は、数日間ずらしても構いません。

Q.お薬を服用後、皮膚のかゆみや発赤が出ました。どうしたらよいですか?
A.内服によるアレルギー反応の可能性があります。
 特にアザルフィジンでは、飲み始めに発熱とともにみられることがあります。
 その他、たまたま季節のアレルギーや食物アレルギーが重なる場合もありますので、
 症状が出た部位の写真を撮って、受診するようにしてください。

2018.12.26 | コメント(0)

松本家の休日 鍼治療

今日の松本家の休日
中国の鍼の先生が宮迫さんや松本さんの
肩こりを治していましたね。

「五十肩」と言われていた左肩の可動域制限。
これは五十肩じゃないよ、と言いながら
スネと首のツボにプスプスと鍼を刺して行きます。

すると今まで後ろに回らなかった肩が
すっと回るようになる。

「すげえなあ、こんな早く効くんや」
「中国4000年の歴史」
と言っていましたね^_^

人間の体は、肩が痛いと言っても
肩だけが悪いわけではありません。

肩が動くためには、
床を踏みしめる下肢から腰の筋肉が安定して
首や背中の筋肉も強調しながら、
腕の筋肉が動いて肩関節が回ります。

そのため、肩が痛いからと
肩ばかり触っているのでは
なかなか完全には治らないんですね。

全身の筋肉は引っ張りあっこをしています。
全身が協力して、脳の考えた動作を遂行するのです。

四肢体幹の痛み、運動器の痛みを取るためには
全身を見なくてはいけません。

これは、中国の経絡にも通じますし、
イタリアの筋膜博士である
ルイジステッコ、カーラステッコは
筋膜マニピュレーションという体系にまとめました。

アメリカのトーマスマイヤーは
アナトミートレインとして
筋肉と骨のつながりを解剖の上
動きのラインとして体系づけました。

僕はアナトミートレインや
筋膜マニピュレーションを学び
また現代理学療法を学び
トリガーポイント治療に応用して
前出の中国鍼の先生のような治療を行っています。

関連施設の名古屋トリガーポイント治療院では
テレビで出てきたような電気針治療も行っていますよ。

松本家の休日 で行なっていたような治療を
やってみたいという方は
名古屋トリガーポイント治療院を試してみては
いかがでしょうか。

鍼が危険な場所を刺さないように
安全に超音波画像装置を用いて
トリガーポイント鍼治療や電気針治療を
行なっていますよ。

2018.12.24 | コメント(0)