電話によるお問い合わせ

営業時間 8:30~11:30 / 15:30~18:00
休診日:水曜日午後・土曜日午後・日曜日・祝日

電話をかける

blog

首の痛みの患者さん

首の痛みの患者さん

今日の午後診療の遅がけに来院された患者さん。

数年前からの首の痛みを訴えてこられました。
首の左側から左前胸部、左肩甲骨~背中にかけての広範な痛みです。

寝返りを打っても痛むので、夜も20分ごとに起きてしまうとのこと。

痛みの出たきっかけは交通事故だったのですが、
その後、近くの整形外科で治療を受けるも軽快せず
痛みは強くなり、痛みの範囲も広がっていきました。

総合病院にかかってMRIも行ってもらいましたが、
特に異常は認めないとのことで
リハビリなども続けていましたが痛みはよくなりません。

画像的な原因はないから、心因性の痛みと言われ、
痛みは気のせいだとも言われていました。

本日僕のところへ来られた時には
頸椎レントゲンでは確かに加齢による経年変化は認めるものの
前屈、後屈をしてみると経年変化の部位は動きが悪くなっていました。
これはふつうの所見で、この方に限った事ではありません。

しかし、軽く首に触れるだけで、
痛みで声を上げるほどです。
首を動かすことも痛みで困難になっていました。

頚部~肩甲骨、上腕、前胸部などのトリガーポイントを
触診で丁寧に探して注射を行ったところ
これまでの首の痛みは半分近くに減りました。

痛みを抱えた患者さんはさまざまな理由が複雑に絡まって
痛み自体が難治となる悪循環に陥っています。
時にはそれが、画像には写らない筋筋膜性疼痛に
理解のない医療者の言葉だったりします。

さらに痛みはその人の人格も奪います。

表情は硬くなり、様々なドクターショッピングの上で来院するため
医療者に対して懐疑的になり、時には攻撃的にもなります。
それが医療者には、余計に心因性という印象を強くさせます。

トリガーポイント注射が万能ではありませんが、
まずは患者さんが痛いといえば本当に痛いのだと受け入れ、
そのうえで患者さんを見て、触れることで
画像検査では写らなくても痛みの原因に近づくことができます。

今日の患者さんは、
トリガーポイント注射で痛みが軽快した後
これまで心因性の痛みと言われていたのが、
自分が気のせいで痛いと思っているだけではなかったのだと確認し
何度も涙を流されていました。

画像検査は神経障害や腫瘍、骨折、感染など
重篤な病態を除外するためにも必要なことがありますが、
画像に写るものがすべてではないのです。

PROFILE

さいとう整形外科リウマチ科 院長 斉藤究

日本整形外科学会専門医日本リウマチ学会専門医日本整形外科超音波学会会員