院長ブログ

当院の検査設備 迅速採血、運動器超音波、レントゲン透視、動脈硬化測定、頸動脈超音波

当院にはMRIはありません。

それは、当院から車で5分も走れば、すぐにMRIを撮影してくれる病院があり、提携しているからです。

私は開業時にMRIは導入しませんでした。そして今でも自院で保有する必要はないと思っています。

高額なMRIを保有することで、その膨大なランニングコストや人件費をペイするために、不必要な検査を患者さんに勧めることになっては嫌だからです。

その代わり、すべての診察室とリハビリ室には超音波診断装置(エコー)を完備しました。

エコーはその場でリアルタイムに皮下組織や筋肉、神経を見ることができる唯一の検査機器です。

エコーは被曝もなく、繰り返しベッドサイドで検査ができるのも素晴らしい点です。

エコーは捻挫による靭帯損傷、肉離れなどのスポーツ障害から、レントゲンには写らない微小な骨折、関節リウマチの関節滑膜炎、関節水腫、石灰沈着性腱板炎、石灰性腱炎、アキレス腱炎やテニス肘などの炎症も見れるため、痛みの原因をより絞り込むことができます。

さらに、医師や理学療法士による筋肉や神経の触診技術と合わせてエコーを使うことで、一見するだけではわからない筋肉の痛み(筋膜性疼痛症候群MPS)の診断や注射治療にも役立てることができます。

当院では、日本整形外科超音波学会でも学会発表を行い、エコーについての講演も多数行っている院長が、エコーを活用して患者さんの痛みに向き合っています。

また、採血は院内迅速検査を行なっており、感染症や尿酸値、白血球上昇や炎症の有無、肝障害や腎障害などを速やかに診断できます。

時間的に余裕のあるものについては外注検査で対応しており、関節リウマチや痛風、骨粗鬆症などではより安全に迅速に病状と副作用の有無を判断して患者さんにお伝えしています。

また、月経年齢の女性が万性の肩こりや頭痛、腰痛などのほか、手のこわばりを訴えられる場合には、月経による鉄欠乏や蛋白欠乏が背景にあることも多く、採血により栄養状態を捉えて治療やサプリメントのアドバイスも行っています。

自己判断で市中のサプリメントを使っている方も多いと思いますが、主成分としてビタミン以上に砂糖が多く入っているものもあります。

今あなたに必要なサプリメントかどうか、現在服用しているものをお持ちいただければ取捨選択のお手伝いもいたします。

レントゲンは昔も今も骨格全体を見るためには重要な検査です。

骨折やリウマチの診断はもちろん、リウマチの肺病変や胸痛の鑑別診断としての胸部レントゲンも大切です。

側弯症の診療にも力を入れており、ドイツの医師が開発したシュロス法を学んだ理学療法士がリハビリを行い、進行性の側弯症や20度を超える側弯症では、シュロス法を日本に広めた東京の白石接骨院と提携してドイツのgensingen braceという側弯症治療用コルセットの作成も行なっています。(東京に行っていただく必要があります。)

高血圧や糖尿病、高脂血症などの生活習慣病や、喫煙歴のある人、足の痺れ・怠さ・疲れやすさの症状がある人では閉塞性動脈硬化症の診断目的に、ABI(四肢動脈測定装置)により動脈の閉塞度合いや動脈硬化度合いを測定することもできます。

リスクの高い人では、頸動脈エコーを行い、頸動脈の狭窄度合いを見ることもできます。

以上当院で施行可能な検査体制について記載させていただきました。

医師の問診と診察により必要と判断された場合には健康保険にて検査を行います。

検査をご希望でも、保険適用とならない場合には自費にて健康診断扱いにて行うことは可能です。

診察の際にお気軽にご相談くださいね。

2021.10.17 | コメント(0)

ためしてガッテン リウマチでしたね!

今日9/8のためしてガッテン!は

リウマチ特集でしたね。

東京女子医大の田中栄先生が出演なさっていました。

僕はといえば、ちょうどその時間に「リウマチ関節エコー入門」というお話を、web講演でしていました。

当院には健康診断でリウマチ因子RFが陽性だったと、リウマチを心配されて来られる患者さんもいれば、指がこわばると言って来院される方、親がリウマチだったから心配、という方など、さまざまな患者さんが訪れます。

もちろん、本当に関節リウマチです、と診断しなくてはならない方はとても少ないのですが、「リウマチのような症状」を呈する方はたくさんいらっしゃいます。

健康診断でリウマチ因子が陽性だった方では、自覚症状としての関節痛も、診察による他覚所見としての関節腫脹(腫れ)もない方が大半でその時点では全く治療の必要はありません。

指の関節がこわばる、という患者さんでは50歳前後の女性が非常に多く、その時期には閉経前後の更年期症状として筋肉の凝りが強く出たり、ヘバーデン結節やブシャール結節といった軟骨が擦り減って関節が変形してくる加齢性の変化もよく見られる時期です。

診察では丁寧に手の指だけでなく、足の指まで触って触診することがとても大切です。

さらに、今日のオンライン講演で視聴者の先生方にお伝えしたのは、足はちゃんと触ることはもちろん大切なのですが、触診の感度が鈍くなるため、リウマチが疑われる患者さんでは必ず足趾関節の超音波検査を行うことが大切ということ。

これはリウマチ関節超音波のレビュー論文でも示されていますし、私の経験上もそうです。

今はMTXというコストパフォーマンスの良い治療薬はもちろん、薬剤費はかかるものの生物学的製剤という自己注射薬や、5種類のJAK阻害薬も使えるようになり、ほとんどの患者さんがリウマチを忘れて生活できる「寛解」というゴールに達することができます。

それだけでなく、超音波で検査してもリウマチが消えている超音波寛解に達した患者さんでは、薬剤の減量ができることもよくあります。

さまざまな治療の選択肢が広がった現在、特に大切なのはきちんと足の指まで触診し、リウマチの可能性があるのであれば超音波まで行い早期診断につなげることです。

関節の痛みやリウマチが心配、という方は、お気軽にご相談くださいね。

さいとう整形外科リウマチ科

院長 斉藤究

名古屋市名東区平和が丘1-10

052-776-3110

http://saito-seikei.jp

2021.09.08 | コメント(0)

何を食べるか ではなく 誰と食べるか

久しぶりに、メルマガ「人の心に灯をともす」からの引用です。

コロナにおいて人と出会い、親交を深めることが難しくなりました。

それだけに、久しぶりのリアル学会で同じ目標に向かって頑張る仲間の先生たちとお会いできた時の喜びは本当に大きいものでした。

zoomなどのオンラインで学びの機会は増えましたが、新しい人とzoomでお会いしても記憶には薄いものです。

当たり前ですが、やはり人は実存の生き物で、その人の背格好、立ち方、雰囲気、しぐさなど、オンラインではわからない部分のほうが印象として深く残ります。

コロナはそんな当たりまえのことを思い出させてくれる、きっかけになったともいえるでしょう。

人と人とが会うこと。今回の「人の心に灯をともす」は、その大切さを教えてくれるメルマガでした。

以下引用です。

小林正観さんの心に響く言葉より…

人生には「折り返し点」があります。 寿命が80歳の人であれば、人生の折り返し点は「40歳」。

折り返し点を過ぎて、「人生の半分を越えた」と思える人は、次のことに意識を切り替えてみることをおすすめします。

●旅をするときは、「どこに行くか」ではなく「誰と行くか」 

●食事をするときは「何を食べるか」ではなく「誰と食べるか」 

●話をするときは「何をしゃべるか」ではなく「誰としゃべるか」

私は「講演会」のほかに、みなさんからのリクエストに応じて、人間や自分の潜在能力、そのしくみや構造、宇宙の構造、神秘現象、人間の生き方・考え方などについて話し合う「合宿」を行なうことがあります。

合宿に参加するのは、40人ほどでしょうか。

合宿では、「月曜日の夕食はカレーを食べる」と決まっていまして、甘口、中辛、 辛口など、さまざまなカレーを買ってきて1つの鍋で煮込みます。

味が混ざり合い、食べてみるまではどんな味になるのか見当がつきませんが、実際に食べてみると、40人の誰1人「マズイ」と口にする人はいません。

なぜなら、 「よき仲間」と一緒に食べているからです。

同じ価値観を持って、「人の間で生きて幸せ」と思える「よき仲間」と一緒にい れば、それで天国。

「何を食べるか」は関係ないのです。

人生の後半は、「物」や「中身」を選ぶよりも、「人」を選ぶ。

「何をするか」で はなく、「誰とするか」を考えてみましょう。

どんなに楽しい場所に出かけたとしても、一緒に行く同伴者が「気の合わない 人」だったり、「価値観が違う人」だったり「すぐに不平不満を口にする人」だと したら、せっかくの旅行も台無しです。

お釈迦様は、言いました。

「もしも常にこの世を歩んで行くときに、明敏な同伴者を得ることができたならば あらゆる危険困難に打ち克って、こころ喜び、念意をおちつけて、彼とともに歩め」『ブッダの真理のことば・感興のことば』(岩波書店)

「同じ方向を向いて、同じ価値観で生きている仲間」「同じ話題を、同じように笑顔で話せる仲間」「お互いにありがとうと言い合える仲間」を見つけることに、「幸せの本質」があります。

温かな人間関係の中で生きていくことが、「天国」なのです。

『もうひとつの幸せ論』ダイヤモンド社
https://amzn.to/3lTUX5U

本書の中に「良寛和尚」の素敵な話が書いてあった。

『良寛和尚もまた、「温かな人間関係」の中で生きていた人でした。

良寛和尚が「ただそこにいるだけ」で、まわりの雰囲気が和やかになったといいます。 

良寛和尚と親交のあった解良栄重(けらよししげ)という人が、江戸時代に良寛和尚の逸話をまとめた『良寛禅師奇話』を記しています。

「良寛和尚が解良栄重の家に宿泊したときのこと。

良寛和尚が家にいるだけで、上 の者も下の者も、そこにいるすべての人たちが和やかで温かな雰囲気に満たされたそうです。

そして、良寛和尚が帰ってからも、その雰囲気はしばらく続きました。

良寛和尚は宿泊中に、説教をすることも、道徳を説くことも、悟りを語ることも ありませんでした。

ときおり台所で焚き火をしたり、座禅をしたりして、ただゆっくりとしていただけ。

それでも、良寛和尚が身にまとった和やかな雰囲気から、人々は自然に教え導か れたのです。』

コロナ禍においては、大好きな仲間と話をしたり、食事をしたり、お酒を飲んだり、旅をしたり、という人と集うことができなくなった。

人生の折り返し点を過ぎてから、一番必要なこの「良き仲間と集うこと」が難しくなってしまった。

しかしながら、逆にいうと、この「温かな人間関係」が、いかに我々の人生にとって大切なことなのかが、身に沁みてわかった日々でもあった。

また、コロナ禍では、「人の流れを止める」という目的で、飲食店や観光施設、ホテルや旅館などの営業が大幅に制限された。

これも、逆にいうなら、人の流れを作る最大の施設が、飲食店や観光施設や、ホテル・旅館だということだ。

つまり、コロナが収まったら、経済の活性化策として真っ先にやる必要があるのが、この飲食関連の活性化だということ。

それはせんじ詰めれば、それら飲食関連の施設が「温かな人間関係をつくる」場所であるということに他ならない。

人生の後半には…

誰と行き、誰と食べ、誰としゃべるか。

「何をするか」ではなく「誰とするか」はとても大事なこと。

■メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

■Twitterはこちらから
https://twitter.com/hiroo117

2021.08.15 | コメント(0)