院長ブログ

ストレス解消には、、

台風近づくお盆休み
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

忙しいお仕事のひと時のお休み
僕は慶應大学で開催された勉強会で
御遺体を用いて超音波で神経を見ながら
注射で神経をリリースする勉強と、
静岡では仙腸関節の痛みの勉強を
してきました。

そして、今週末は
以前当院に見学に来られた
沖縄の伊佐先生にお声掛け頂き
先生のとよむファミリークリニックで
痛みに悩む患者さんの診察と
筋膜性疼痛のハイドロリリース治療について
講演と実技講習をやってきます。

日常診療で1日の大きな時間が割かれ
夜は執筆や講演のスライド作り
土日はどこかに勉強に行き、、、

3ヶ月に1回程度のゴルフは
スコアなぞ数えられない^_^;

そんな生活をしている中で、
ストレス解消は何をしてるんですか?
と聞かれることもしばしば

僕のストレス解消は、
NETFLIXにはまったり
スマホで頭を使わない、
時間もかからない簡単なゲームを
やっていることが多いです。

こんな時間の使い方をしていて
もったいないなあ、
と思っていたところですが、
そんな僕のゲーム時間を
サポートしてくれるレポートがあったので
ご紹介しますね。

medial tribune

仕事の後にストレスを解消する活動を行うことは、疲労回復を促進し、長期的に幸福な生活を送るために重要である。英・University of BathのEmily Collins氏らは、仕事の後にスマートフォンでストレスを解消する際、マインドフルネスアプリよりゲームアプリの方が効果的であるとJMIR Ment Health(2019; 6: e12853)に発表した。

10分間のプレイで「回復経験」が改善

 Collins氏らは、スマートフォンアプリによるストレス解消の効果について、ゲームアプリと幸福感の向上などを目的として開発されたマインドフルネスアプリで比較。ストレスの解消に必要な4つの条件①リラックスできる②仕事以外の新たなスキルの習得機会を提供③没頭することで気晴らしになる④活動をコントロールできると感じられる−についても検討した。

 研究1はラボ実験で、参加者は英国の大学生45人(年齢19〜36歳、女性26人)。数学の課題に15分間取り組んだ後、ゲームアプリ(Block! Hexa Puzzle:パズルゲーム)、マインドフルネスアプリ(Headspace)、または回転させて遊ぶ玩具のハンドスピナーを10分間プレイした。参加者は、作業タスクの前後と介入後にどの程度元気だと感じるか(エネルギー覚醒)、どの程度回復を感じるか(回復経験)について報告した。

 研究2は5日間のフィールドスタディで、参加者はフルタイム勤務者20人(年齢19〜58歳、女性12人)。仕事を終えて帰宅した後、研究1と同じゲームアプリまたはマインドフルネスアプリを利用。エネルギー覚醒と回復経験についてオンラインで回答した。

スマホに没頭することに罪悪感を感じる必要はない

 解析の結果、研究1ではゲームアプリ群でエネルギー覚醒が上昇した一方、マインドフルネス群とハンドスピナー群では低下していた。回復経験について差は見られなかった。

 研究2では、いずれもエネルギー覚醒への影響は認められなかった。回復経験はゲームアプリ群で5日間を通して上昇していたが、マインドフルネス群では低下していた。つまり、ゲームアプリ群では、リラックス、没頭、活動のコントロール、仕事以外のスキル習得が改善しており、マインドフルネス群では、没頭については介入期間を通じて徐々に悪化していた。

 今回の研究により、ゲームアプリは仕事後のストレス解消促進に効果的である可能性が示唆された。Collins氏らは「ゲームアプリは、仕事後のストレス解消に必要な4つの条件を満たしているようだ」と考察。「スマホゲームに夢中になることに罪悪感を感じる必要はなく、仕事でストレスの多い1日を過ごした後にこのようなゲームをプレイしている人は、健康面での利益を得ている可能性が高いことを知るべきだ」と述べている。

(木下愛美)

2019.08.14 | コメント(0)

足関節の超音波のお勉強

昨日はアルケア、コニカミノルタ主催の
足関節エコーセミナーに参加しました。

特に足関節の背屈制限の要因となる
長母趾屈筋に的を絞ってのマニアックなセミナー。

司会進行は、エコー会のスター達
岩本先生、宮武先生、面谷先生達です。

下腿後面の筋肉は3層構造で、
表面から腓腹筋の層
ヒラメ筋の層
そして3層目に長母趾屈筋、後脛骨筋、長趾屈筋があります。

長母趾屈筋は腓骨から起始して骨間膜からも起始して、足関節レベルで腱に移行しますが、3層目の筋の中ではとても大きなボリュームがあります。

足の親指がいかに支持機構として重要かが伺えますね。

そして、長母趾屈筋を足底から母趾までエコー下に辿りました。

内側腓腹皮神経と外側腓腹皮神経が遠位に行くにつれて合流して腓腹神経としてアキレス腱の外側に滑っていくことも観察しました。

脛骨神経は長母趾屈筋と伴走して足関節内果部で内側足底神経と外側足底神経に分かれて母趾外転筋の下をくぐり、足底に分布します。

脛骨神経が枝分かれする際に、後方の2本の神経の線維は、Baxter nerveと呼ばれる踵骨枝であり、これもエコーで見えました。

とてもマニアックで、とても楽しい、熱い会でした。

飲み会では、今なおトップランナーであり続ける、尊敬する有川先生と記念写真^_^

最先端を学び続けて臨床で実践する開業医の偉大な先輩です。

 

また明日から、治せる患者さんが増えそうです!

 

2019.07.21 | コメント(0)

武田先生の腰痛のご経験

発信力のある武田先生が
youtubeで自分の腰痛治療経験について
語っていらっしゃいます。
https://youtu.be/GihUcAwJGsA

多くの腰痛患者さんは
同じようなご経験をされてきたことでしょう。

科学者武田先生も、
この時ばかりは一患者としての治療経験から
科学的ではなく
整形外科医はダメ、整体師はオッケー
のようなお話をされています。

整形外科医の僕がいうのもなんですが、
一理あります^_^

だって、10件以上かかった整形外科で
治せなかった腰痛が
「整体」にかかって、
一発で治ったんですから、
全世界にそう発信したくなるのもわかります。

殆どの腰痛は
画像検査では異常がみられません。

患者さんの痛み方を聞いて
体の動きを見て、筋肉を触れば
だいたいどこが悪いのかわかります。

時には、
腰痛なのに腰は悪くなくて
ふくらはぎが悪いこともあります。

そこにトリガーポイント注射や
ハイドロリリースをすれば
多くの人で痛みが改善し、
根の浅い腰痛なら
その日に痛みが取りきれることもあります。

だけどちょっと待って。

じゃあ、武田先生の言うように
全ての腰痛は「整体」に行けば
良いのでしょうか。

そもそも、武田先生も
整形外科と接骨院、鍼灸院、整体、カイロ
などの違いをわかっているでしょうか。

一般の人はあまり知らないかもしれませんね。

整形外科医は医師ですので
病的状態を診断治療するのは得意ですが、
筋肉の治療を得意とする医師は
まだ多くはありません。

接骨院は
国家資格を持った柔道整復師が
治療に当たります。
骨折の初期治療は保険適応。
それ以外の痛みやコリの治療では
保険適応はありません。
(しかし殆どの接骨院が本来のルールを破って保険適応としています。これは、本当に病気で保険を必要としている人に使う財源を、コリのもみもみに流用されているという問題があります。)
画像検査はできないため、
病気を見逃す可能性があることがリスクです。
基本的に体に触って治療をします。

鍼灸院は
国家資格を持った
鍼灸師が治療に当たります。
針や灸を用いて治療をします。
痛みに限らず、様々な症状に対して
治療を行っています。
医師が必要と認めた場合のみ
限られた疾患にのみ保険適応となります。

そして「整体」は
無資格です。
達人もいるでしょうが、
自分で整体師と名乗れば
今日からでも誰でも整体師になれます。
だから、本当に気をつけて
自分の体に合うのかどうか
確かめてください。

多くの整形外科医は
整体、鍼灸、接骨院に行ったけど
治らない腰痛の中に
手術適応なのに状態が悪くなった人
帯状疱疹を見逃されていた人
圧迫骨折が見逃されていた人
などを経験しています。

一般的な整形外科医師は、
まずはレッドフラッグと呼ばれる
手術適応の強度の変形性関節症や
手術適応の腰部脊柱管狭窄症や
手術適応の椎間板ヘルニア
そのほか骨壊死や感染症、腫瘍、免疫病など
手術や内服の治療が必要な
「病的な」ものを除外してくれます。

そのため、まずは整形外科医に受診して
病的な状態ではないことを確認すると
安心でしょう。

しかし画像的になにも異常がないと、
整形外科医も
武田先生の言うように
湿布とロキソニンを処方して終わり
ということが多いのも事実。

筋肉の診断と治療は、
画像には写らないため
筋肉の診察の勉強を専門にして
自ら勉強していかないと
できるようにはなりません。

もちろん、
筋肉を中心に治療をしている当院でも
初診時にはほとんどのケースで
レントゲンは撮ります。

時にはエコーも行い、
レントゲンでは写らない病的状態を
見逃さないようにします。

その上で、
筋肉の診察に入ります。

他院で行った画像所見があれば
持ってきていただければ
重複した検査はしなくて良い場合もあります。

さらに、身体の状態を見て
採血まで行うこともあります。

貧血や炎症、内臓の状態や栄養状態が
現在の痛みに関わっていないか
知るためです。

難治性の腰痛の中には、
膠原病である強直性脊椎炎などが
隠れていることもあります。
診断には採血やMRIが必要です。

武田先生のご経験は、
流石に10回以上整形外科に受診して
なにも病気がなかった腰痛で、
なおかつ「整体」で治ったということは
やはり筋肉筋膜による腰痛だったと
いうことでしょう。

もっと多くの整形外科医が
筋膜性疼痛を理解して
筋肉の触診技術を身につけ、
ハイドロリリースの治療を
できるようになると
武田先生のご意見も
変わるかもしれませんね。

2019.07.02 | コメント(0)