院長ブログ

2019→2020

2019年もあと1時間と少しでおわり。

目まぐるしく飛んでいく時間の中で
だんだんと正月という季節感が
なくなりつつもあります。

昔は正月というと石川県の母の実家に
家族で帰省していました。

路上にも高く積もった雪が残る中、
雪吊りはその役目を
しっかりと果たして樹々を守っていました。

年賀状を大切に思い
作品発表のつもりで作ってきましたが、
SNSの発展とともに
遠くの人達との距離感も
隣にいるかのように感じることができ
年賀状を辞める方も増えてきました。

今年も殆どの週末は
勉強に出たり
自分の講演で埋まっていました。

今年はこれまでやってきた
筋肉や筋膜の痛み治療を
世に発表する機会も増えてきました。

自分の講義と実技を受けてくれた先生が
動かなかった患者さんの背筋に
ハイドロリリースしたら
動けるようになって驚いた!
と感謝のメールもいただき
自分がお会いしていない患者さんが
そうやって治ることに貢献できたと
これも喜びの一つでした。

日本整形外科超音波学会では
ヒラメ筋の治療症例を発表させていただきました。

日本関節エコー研究会では
リウマチ超音波の日本を代表する先生方の前で
リウマチ患者さんへの
ハイドロリリース治療の応用
という内容を講演させていただく機会にも恵まれ
開業から8年半やってきたことが
世に出せる形になってきました。

日本トップクラスのエコーマニアの集まる
sigmaxエコーキャンプでは
小豆島まで足を伸ばし
全国の先生たちと再会し
交流を深めました。

そして、筋膜マニピュレーションコースも
レベル2を修了し、
筋膜の連結についての知識も
深めてきました。

勉強すればするほど
今まで取れなかった痛みが取れるようになり
目の前の患者さんに
自分の勉強をすぐに還元できる喜びが
医者という仕事の醍醐味です。

一方、どれだけ勉強しても
びくとも取れない痛みにも出会い
いまだに自分の心に
どんよりと悔しさと残念さを
刻み込まれることもあります。

それでも治せない痛みと戦うため
注射やリハビリの前段階
プレコンディショニングとしての
分子栄養学も学び始めた1年でした。

栄養の世界も奥が深いですが、
それでも痛み患者さんの中には
ベースに貧血や鉄欠乏を伴っていることが多く
その補給で元気になることも多くみられます。
ビタミンDやB群が欠乏している人も多いです。

そんなことをしていると
あっという間に週末は埋まり
1年が飛び去って行きます。

リウマチ超音波についての
デジタルコンテンツも執筆し
もうすぐ出版されます。

来年は締切を過ぎてしまった
関節痛についての本を
いよいよ完成させないと、、^_^;

そして、最後に、
今年1年
電子カルテの入れ替えなど
さまざまな大きなイベントを乗り越えて
クリニックを支えてくれたスタッフに
感謝を述べたいと思います。

ありがとう。

来年もスタッフのみんな
そして出会った患者さんたちにとって
素晴らしい1年になりますように。

斉藤 究

2019.12.31 | コメント(0)

オーソモレキュラー医学入門

分子栄養学という医学分野があります。
ノーベル賞受賞者の生化学者
ライナスポーリング博士が提唱した
最適な量の栄養素と
身体の正常な(ortho)構成要素を
主要な治療として使う方法のことです。

体を構成する必須栄養素から
現在発症している病気を捉えて
必要な栄養素を補い治療しようというものです。

なにも意識しなければ、
現代の食事は糖質過剰、低蛋白質になりがちです。

僕が昨日食べた、
ピザとコカコーラなんか
ほとんど糖質ばかりで最悪です^_^

コンビニでも丼ものやパンやおにぎり。
昼はうどんやパスタだけ。
なんて食生活の人が溢れかえっています。

筋肉の原材料はタンパク質です。
骨の原材料はタンパク質と鉄とビタミンCです。
有名なカルシウムは、それを強くしてくれます。
カルシウムだけではダメなんですね。
過剰な糖は骨も筋肉も弱らせます。

たっぷりのおかずでお腹を膨らせて
ご飯や麺は、まだお腹が空いていれば
最後に少しだけ。
お弁当でも、まずは野菜やタンパク質を食べて
最後にご飯を食べる。
食べ順から血糖値を急上昇させない工夫をする。
そんな1人懐石が良いと言われます。

当院では筋肉や筋膜に対して
トリガーポイント注射やハイドロリリースを
行なっていますが、
筋肉の治療をするにも、
必要な栄養が取れてない人に注射をしても
効きが悪かったり
すぐに痛みが戻ったりしてきます。

そんな経験から、
最近は分子栄養学に注目して勉強しています。

久々に勉強のない休日の朝は
なかなさ読めなかった
オーソモレキュラー医学入門
という本を読んでいます。

そこから、糖質に関わる部分を
みなさんとシェアしてみましょう。

以下引用

グルコースは唾液と膵液で加水分解

蔗糖スクロースは多くの疾患の原因
鬱、不安、アルコール症
スクラーゼで加水分解。肝臓で中性脂肪にかわり、血中で脂肪に。

グルコースが他の栄養素とともに食物からゆっくり放出されるときだけ安全

フルクトースは少量で甘味が強い。
膵臓を刺激してインスリンを絞り出すことがない。しかし他の栄養を含んでいない。

ガラクトースは牛乳の乳糖ラクトースの主成分
ラクトースはラクターゼで加水分解

二糖類は吸収前に単糖類に加水分解が必要
分解されなければ、腸内細菌の栄養となってしまう。

蜂蜜は自然糖だが、養蜂家が砂糖水を与えていることがある。晩夏から秋に収穫された蜂蜜なら砂糖水は与えていない。
蜂蜜はフルクトースを含んでおり、同じ量でもスクロースより甘い

一般的に未加工の炭水化物は安全。
加工精製された食べ物は安全ではない。

精製炭水化物病 
脳を含む多数のさまざまな期間に症状が出る病気の、唯一の根本的な原因
精製白糖、精白パン×

全粒穀物シリアルはむしろ有用

未加工の炭水化物
ジャガイモ、玄米、小麦など
炭水化物の食べ過ぎは肥満の原因となり、タンパク質、脂質の摂取不足から栄養バランスを失う

加工した炭水化物
精白米、精白小麦粉
さまざまな神経症や多くの身体疾患の原因となる。

2019.12.29 | コメント(0)

2階の本棚

28日で今年の診療も終わりました。
開院9年目も残りわずか
5月からは10年目突入です。

昨日の仕事終わりには、
開院から少しづつ蔵書を増やしてきた
2階の本棚の本から、
少し入れ替えを行いました。

また目に止まるタイトルがあれば、
診察待ち時間にぜひ手に取ってみてください。

読んで勇気づけられたり
元気をもらったり
微笑んだり
涙したり
今度はこんなところに行こうかな、とか

そんな本を選んでいます。

大人が読んでホロリとくる絵本も沢山。

ちなみに
ブラックジャックは
僕が幼心に医師を志したバイブルです。

ぜひ2階ラウンジもご利用くださいね。

2019.12.29 | コメント(0)