院長ブログ

いつまでマスクをつけるべきか

現在どこのクリニックでも、手指消毒、窓を開けて換気、ソーシャルディスタンス、アルコール清拭などの対策を続けていることと思います。

愛知県の最近の新規新型コロナ感染者は0-1人。

https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/

0524日別感染者数

目の前の患者さん、スタッフ、友人が新型コロナである可能性は限りなく低くなってきています。

もちろん、テレビでは「緩みに注意!」と、しきりにコロナに注目するように毎日報道されています。視聴率ほしいですから。

しかし、どれだけ我々はワイドショーやニュースにあおられて毎日テレビやネットにくぎ付けになったことでしょう。

もちろん、私も医者ネットワークでできるだけ科学的で正しい情報を得ようと努めてきました。こちらのブログでも発信してきました。

世界では日本の死亡者数があまりに少ないので不思議がられているのですが、遺伝子の問題とか、真面目な国民性でマスクを着用したとか、自粛をちゃんとしたとか言われています。

しかし、自粛している間にレナウンなど大手の企業も倒産しました。小さな飲食店はつぶれました。

出かける先もないため、歩くことが少なくなり、患者さんの大腿骨骨密度は下がりました。

テレワークでパソコンに向かい続けて、眼精疲労、肩こり頭痛、腰痛、椅子による大腿の圧迫で体も硬くなりました。歩かなくなり、ふくらはぎもカチカチです。

今、そんな患者さんが緊急事態宣言が明けてから来院されてきています。

もちろん、凝り固まった筋肉にハイドロリリースやリハビリは有効です。

でも、自分で動くことに勝る治療はないです。

座り続けることは体をめぐる血流を落とします。

筋肉を動かすことで血液は活き活きとめぐるのです。

新規コロナ発生者がどんどん増えている間は仕方ないかもしれません。

でも、今はどんどん外に出るべきです。

テレビに踊らされて過敏になっていても仕方ありません。

過度に新型コロナを恐れて出歩かないほうが直接の体への害があります

東京ロードマップが発表になりました。

確かに、これまでクラスター発生のある施設では気を付ける必要がありますが、カラオケ店、ライブハウス、スポーツジムの経営者たちは絶望したことでしょう。1000人のイベントはOKになってもカラオケ店は×です。

休業要請緩和のステップ(施設別)

医療崩壊で日常医療にあずかる患者さんも立ち行かなくなるから自粛していたはずです。

愛知県内での新規発生者がほぼ0である現在、どこまでマスクを続け、ソーシャルディスタンスをキープし、友人と会食することを避けなくてはならないのかかなり疑問です。

新型コロナの潜伏期間は5日程度。長くて2週間だそうです。

新規発生0が2週間続いたら、他府県他国からの流入を除けばまずリスクはない。

気温の上がってくる中で、いつまで窓を開けたまま冷房をかけるべきか。

お会いした患者さんの顔を見て、自分の顔もマスクで隠すことなく笑顔で患者さんをお迎えできるのはいつにするのか。

そのタイミングを、科学と空気感の中で計っています。

2020.05.25 | コメント(0)

自粛疲れのおからだに

5/14に緊急事態宣言が解除され、先週から新型コロナ感染を不安に思っていた方たちが少しずつ来院再開されてきました。

予想した通りではありましたが、 自粛生活で座りっぱなしとか、 テレワークで肩も腰もバンバンに張ってきたとか これまで継続していたリハビリを中断していたため、また調子が悪くなってきてしまった。 という声が聞かれています。

何より心配なのは、これまで骨粗鬆症で治療してきていた患者さんも

自粛生活で歩く距離が減ったため、

腰椎よりも大腿骨の骨密度が低下してきていることです。

それこそ、ワイドショーで日々連呼されるニュースで、インフルエンザよりも遥かに死亡者数の少ない新型コロナを極端に恐れて自粛することで、新型コロナにかかる前に、大腿骨が弱くなったり、脚力が低下してしまいます。

一度落ちた骨密度はゆっくりとしか増えません。

ぜひぜひ、歩く距離はできるだけ落とさず、座っている時間は短く、大腿骨に体重がかかるように、その場の足踏みだけでもいいのでやっておいてください。

当院でも新型コロナ対策はしっかり行っております。

医療者だけでなく、患者さんにもマスクの着用や手指アルコール消毒をお願いしています。

患者さんからは、先生がかからないでくださいね、と温かいお声掛けをいただいて嬉しく思いますが、何より患者さんに触れるごとに手指アルコール消毒や石鹸による手洗いを必ず行い、自分の顔には手洗いをするまで触らないことを徹底しています。

椅子の間隔をあけて座っていただいています。

常時窓は開け放ち換気。院内のアルコール清拭も定期的に行っております。

できるだけ外でお待ちいただくようにお願いし、患者さんの電話呼び出しサービスは以前から変わらず行っております。

診察の空いている時間帯は8:50と3:30の診療開始すぐの時間です。

11時過ぎになると、駆け込みで患者さんが増えてきますので、早めに受診されると少しでも待合室の混雑具合は避けられるかと思います。

コロナ自粛と言えど、体を壊していてはいけません。

よく寝ること。適度に運動すること。歩くこと。深呼吸すること。

そして、痛みがあれば早めに治しておくことが大切ですね。

2020.05.19 | コメント(0)

コロナがもたらしたもの

船井総研田中さんの投稿。
いつも勉強になります。

Withコロナ、ポストコロナのビジネスパーソンの働き方はどう変わるのか?

https://ameblo.jp/jiyushinryoconsultant/entry-12597159291.html

密集を避ける習慣はしばらくは収まらないでしょうね。
買い物はネット。
仕事もネット。
遠い友人との距離もかえって近くなり、学会でお金をかけて1箇所に集まることの意味もすでに希薄化していますね。
会社という形態も所属という概念も最小限になりそうです。
都会から地方への人の流れは十分起こり得ますね。
あとは、文化の置き所。
美術館やライブ、クラブなどは今後VRでどこまで本物を体感することに迫れるか。

医療は人の身体自体を検査する必要があるため、現在のオンラインでは限界はあり、しばらくはチーム医療の流れは変わらなそうです。

ともあれ、vitalはApple watchとオンラインでも可能。SpO2も今は楽天でサチュレーションモニターが買える。採血も一滴あれば様々な項目が測れるようになってきている。
https://ketsuken.com


だけど、僕のやっている触診を大切にして診断していく痛み診療はなかなかオンラインでは難しい。理学療法士による徒手療法も身体を持ってきてもらわないと行えない。

画像診断だけで痛みが分かるのであれば、そのうち医者も理学療法士もいらなくなる。

だけどそうではない。

画像診断しかされず、身体に触って診断されていない痛み難民の患者さんが多すぎる。

だから、痛み診療はやりがいがある。

少なくとも、人間が身体という入れ物に縛られている間は医者は無くならない。

未来的には脳内の思考パターンや記憶がデータ化されれば、オンラインの世界に脳がインストールされて、体に縛られず意識だけが生き続ける世界も来るかもしれませんね。
すると、体が不要になり、データがデータと結婚して、データを産むことに愛を感じる世の中になる?なんじゃそれ。

2020.05.15 | コメント(0)