院長ブログ

コロナより怖いのは人間

トイレットペーパーが街の棚から無くなる店舗が出てきているようですね。

総理大臣までが、トイレットペーパーは国内生産であり、中国を含めたサプライチェーンには問題がないと言及する、という異常な事態です。

今朝はこんなニュースを見つけました。

「コロナよりも怖いのは人間だった」。ドラッグストアの店員が語る恐怖の体験
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200301-00010002-bfj-soci
この中で、一生懸命お客様対応をしている店員さんからは、罵声を浴びせるよりも、一言でもありがとうがあれば、と悲痛な叫びを吐露しています。

SNSで急速にデマも広がる、広げられる時代であるため、アオサや長芋までも感染予防効果などないにも関わらず売り切れていきます。

そうなると、買い占め、転売で不当に儲けようとする人が喜ぶだけです。

マスク転売で2000万円 新型コロナでボロ儲けする中国人美女
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200301-00000001-friday-soci

大切なことはインターネットやSNSに氾濫する情報に対する真偽を見分けられる能力(これを情報リテラシーと言います)を養うことです。

そもそも、以前のブログでも記載しましたが、医療者の間では通常のマスクにウイルス感染予防効果は無いことが常識です。

 サージカルマスクは直径5μmまでの粒子を除去しますが、細菌の大きさは約1μm、ウイルスは0.02~0.1μm程度で、マスクで防ぐことはできません。

 ただし、咳やくしゃみは、粒子の周りに水分を含んだ直径約5μmの飛沫となって飛ぶためサージカルマスクも意味があります。マスクは、咳やくしゃみをしている人がすべきものなのです。


https://www.nishinippon.co.jp/sp/image/165596/

接触感染は、手指で顔を触ることで、口や鼻、目の粘膜から感染する機会が増えることから、手洗い前に不用意に顔を触ることは避ける方が良いでしょう。

https://note.com/syuichiao/n/n0bb3d9b4f806

また、コロナに限らず冬の乾燥した時期はインフルエンザや通常の風邪、肺炎も増えるのが普通です。

高齢者、免疫抑制患者さんは、毎年となんら変わらない対策をするだけで十分です。

すなわち、すべてのウイルス感染対策は、適度に水分を取り喉を潤すこと、手洗いをすること、不用意に目、鼻、口を触らないこと、体を冷やさないこと、適度に運動をすること、体温を高めること、ちゃんと寝ること、疲れを溜めすぎないこと、など、生活の基本を守ることに尽きます。

コロナばかりに過敏になりすぎるのは、トイレットペーパーの例が示すように、我々の生活に不利益を起こすことが多いように思います。

コロナウイルスについては、すでに市中感染が広がってきており、インフルエンザと同じく、感染を完全に制圧し、感染を避けるということはできなくなっています。

爆発的な感染拡大が起これば医療機関が対応に追われて、コロナどころか通常の病気の患者さんの治療に手が回らなくなります。

そちらの方が国民への不利益が大きくなります。

そのためにほ、感染拡大を防ぐことができなくなった現状では、感染拡大のスピードを緩やかにすることが大切です。

そういう意味では、子供は重症化する確率は少ないながらも学校の休校をしたことは、子供が高齢者への感染媒介者となりうるため、正解だったと思います。

また、健康保険でコロナウイルスの検査ができるようになるそうですが、これも上記観点から意味がないどころか、医療の弊害になります。

それについては、内科クリニックの先生が詳細な記載をしてくれています。
http://www.someya-clinic.jp/blog/sometaka/2020/03/post_279.html

インフルエンザのような簡便な検査キットがないこと
PCR検査で陰性でも、偽陰性の可能性は拭えないこと。つまり、検査陰性は100%の陰性を保証するものではないこと。
などから考えれば、テレビで感染症専門と言われる医師ですら、全国民にPCR検査を受けさせろと叫ぶことは、専門家として非常識なことがわかります。

軽症であればコロナといえどただの風邪。
重症となり肺炎になることがいけないのですが、これはコロナに限らず、インフルエンザでも細菌性肺炎でも同様です。

そうしたことから、現在示されている指針である、37.5度以上の発熱が4日以上続いた場合に医者にかかろう。
高齢者や免疫抑制患者さんでは2日以上。
息苦しさやダルさが強い場合には医者にかかろう。
ということが、医療機関をパンクさせないためにも、不用意にコロナ感染を拡大させないためにも重要なことだと思います。

それよりも大切なことは、コロナに限らず疲れを溜めないこと、ちゃんと寝ること、タンパク質やビタミン、ミネラルの栄養をちゃんととっておくこと、手洗いをちゃんとすること、なのです。

情報リテラシーを持って、怪しいデマに惑わされずに通常の生活を続けたいものです。

2020.03.02 | コメント(0)

リウマチ患者さん・高齢患者さんのコロナ対策

日本リウマチ学会から、
リウマチ患者さんに向けた
新型コロナウイルスCOVID19への
対策が示されています。

医師向け情報の中から、
リウマチ患者さんが読んでおくと良いと思われる部分を抜粋してこちらに転載させていただきます。

大切なことは、煽動的なテレビの情報に不安になり、リウマチのお薬を自己中断してしまわないことです。

十分にお薬がコントロールしてくれていれば、リウマチの疾患活動性(炎症の強さ)は炭火のように鎮静化していてくれますが、お薬の自己中断により、また活動性に火がついて燃え始めてしまうと、その火を抑えるためには、より多くのお薬を必要とする場合があります。火事と同じですね。

当院にはリウマチ患者さんや高齢の方も多くいらっしゃるため、風邪症状のある患者さんは、軽症であれば回復するまで自宅待機して、治癒してから当院に受診してください。

肺炎が疑われる症状(下記)がある場合には、帰国者・接触者相談センターに相談してください。

肺炎が疑われる症状:37.5度以上の発熱が4日(リウマチ、高齢者、妊婦では2日)以上続く場合や、息苦しい、強いだるさや倦怠感

名古屋市の帰国者・接触者相談センター
http://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000125533.html

当院へ受診中の患者さんで、風邪症状がある場合には、当院へ御来院いただく前に、上記肺炎が疑われる症状に当てはまるかご確認いただき、帰国者・接触者相談センターもご利用ください。

以下、日本リウマチ学会ホームページからの抜粋です。

Q1:リウマチ・膠原病などで免疫が低下している人が注意する事はありますか?

A: 新型コロナウイルスの付着を避けることと、付着した場合でも口や鼻からウイルスを体内に入れないように注意して下さい。

付着を避けるためには、流行期間中は人混みを避けることやマスクを着用することが有効です。

ウイルスを口や鼻から体内に入れないためには、アルコール手指衛生剤による手指消毒や石鹸を使用した手洗いが有効です。

特にマスク表面に付着したウイルスが手を介して口や鼻から感染することもありますので、マスク着脱前後や帰宅後、食事前などは特に手指消毒や手洗いを行ってください。

流行地域を訪問した後2週間の間に体調不良が現れた場合は、まずかかりつけの医師や最寄りの保健所に電話で相談してください。

Q2:感染が疑われる場合、どこで相談すれば良いでしょうか?

A:一般的には、
・風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
ですが、
リウマチ・膠原病の患者さんでは、
抗リウマチ薬、免疫抑制薬、ステロイド薬を服用している方も多く、免疫抑制薬を用いている方に相当しますので、2日以上続く場合は、帰国者・接触者相談センターに相談していただくことになります。
これら薬剤を用いていなくても、高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)の基礎疾患がある方や透析を受けている方も同じ様に2日以上、症状が続いた場合は、相談してください。
妊婦の方は、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターに相談してください。

なお、発熱が続いて、病院受診になった際は、くしゃみや咳の飛沫が飛ばないように、マスクやハンカチを用いて咳エチケットを行って受診ください。
また、アルコール手指衛生剤を用いた手指消毒、あるいは、石鹸による手洗いを、こまめに行うように注意してください。
周囲に拡げない、という意識を持っていただくことも大事です。

現時点で、子どもが重症化しやすいとの報告はありませんので、目安どおりの対応をお願いします。なお、インフルエンザなどの心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医などに相談してください。

・ 正しい手指衛生(手洗いや手指消毒)を心がけて下さい
・ 咳エチケットや正しいマスク着用を心がけて下さい
・流行時には、人混みへの不要不急の外出を避けて下さい

Q3:バイオ製剤(生物学的製剤)を使用する免疫抑制者にとり、今の日本の状況においては、実際に感染し肺炎を発症した場合を想定して準備をすべきステージに既にあると考えます。予防と言うよりは、むしろ肺炎に罹った事を想定して、いかに重症化させないかにフォーカスされるべきです。現在の情報は?
A:現在得られている情報は極めて限られており、重症化のリスクにあげられている明確なものは、高齢者、糖尿病、高血圧であり、リウマチ膠原病とその治療薬に関するものは報告が有りません。情報が得られ次第、ホームページを更新してまいります。

Q4:患者さんから『免疫抑制薬をどの様にしたら良いか』という質問を受けた場合の対応はどの様にしたら良いですか?

A: 現時点では、免疫抑制薬服用者が感染リスクを上昇させるというエビデンスは報告されていません。

重症化のリスクが上昇することが報告されているのは、糖尿病、高血圧、心疾患、脳血管疾患です(参考資料1)。

これらのリスク評価を行い、リスク・ベネフィットを慎重にご検討ください。

減量・中止によって原疾患の再燃や増悪を来す恐れがあること、COVID-19の病態に炎症性サイトカインや免疫が関与している可能性が考えられていること(参考資料2,3)、などを考慮する必要があります。

以上から、免疫抑制薬、生物学的製剤、抗リウマチ薬、ステロイドは、原則として同じ用量で継続投与とし、感染症の兆候がある場合は、これら薬剤は機序的に重篤化のリスクが考えられますので、ステロイドは原則同じ用量で維持、他の薬剤は減量や投与の一時的延期などを慎重に検討し、通常の感染症時と同様に御対応ください。

また、COVID-19をはじめとする感染予防には、アルコール手指衛生剤を用いた手指消毒、あるいは、石鹸による手洗いをこまめに行う事、ならびに咳エチケットの励行が重要で、この点をご指導ください。

参考資料1:JAMA online February7 2020
参考資料2:National Geopgrahic日本語版『新型コロナウイルスに感染するとこうなる』
参考資料3:日本内科学会雑誌:【緊急掲載】新型コロナウイルス感染症について

2020.02.28 | コメント(0)

新型コロナウイルス市民向けハンドブック

新型コロナウイルス市民向け感染予防ハンドブック第一版

マスクは咳やくしゃみをしている人が行うことで飛沫を飛ばさない効果を期待するものです。

こんな記事もありました。

新型コロナウイルス対策を巡り、米疾病対策センター(CDC)のレッドフィールド所長は2月7日、「米国民にとって今、真の脅威はインフルエンザだ。中国湖北省に滞在歴がない人で、呼吸器症状がある場合は可能性が高い」と訴えた。新型ウイルスの予防目的でのマスク使用も「勧めない」とした。
https://this.kiji.is/599397639592903777

本来マスクをする必要があるのは、風邪症状のある人です。
くしゃみや咳で飛沫の拡散を少しでも抑えるように、^_マスクをする必要があります。

感染予防を期待して、何も症状のない人がマスクをするのは意味がないだけでなく、市中のマスク不足が起こります。

すると、本当にマスクをする必要のある風邪症状のある患者さんにマスクが回らないことになりますので、結果として感染を蔓延させてしまうことになります。

予防的にマスクをしても良い(必ず必要ではない)人の例は、
症状が何もない人で、人混みに行かなくてはならない、高齢者や免疫抑制状態の人
風邪症状のある患者さんの間近で、看病にあたる人
などです。

政府から会合自粛要請が出ましたが、これは爆発的な感染拡大を防ぐ意味では大切なことと思います。

いずれは感染は拡大するでしょうが、拡大を出来る限りゆっくりにすることで、検査体制や治療薬開発の時間を稼ぎ、全国の医療機関、検査期間が対応できる体制を構築できます。

テレビでは毎日感染者数、死亡者数が発表されていますが、同時にインフルエンザの感染者数と死亡者数も発表して欲しいと思います。コロナ以上に死亡者は多いはずですから。

テレビでは、ダイアモンドプリンセスを下船時に陰性確認された患者さんが発症したことはなぜか、と検査体制の不備などが報道されていますが、そもそもPCR検査も100%なものではないですから、起こり得ることだと思います。

偽陰性であれば、実は陽性であっても検査結果は陰性と出ますので、もともと陽性であったということです。
すると、その後また検査をした時に陽性となる可能性もあります。

反対に、偽陽性であれば、もともと陰性なのに検査結果は陽性とでてしまうので、陰性なのに隔離されてしまうことになります。

それは検査精度が100%でない以上、仕方のないことなのです。

また、安心のために全ての人にPCR検査をすれば良いと一般の方は思われるでしょう。
安心が欲しいとは思いますが、殆どの風邪症状はコロナではありません。
コロナでも殆どが軽症であり、軽症であればコロナも放っておけば治ります。
もしコロナであると、軽症者が医療機関を受診することで医療者や患者さんに感染拡大させるリスクもあります。

そもそもインフルエンザでも、感染力の強さから出勤停止になります。

インフルエンザでも、そもそも放っておけばほとんどの人が治るのに、日本だけ抗インフルエンザウイルス薬を投与する医師が非常に多いのは薬に頼る国民性と自己負担の少ない保険制度の故かと思います。

どんな原因にせよ肺炎であれば入院の必要が出てきます。
例えば、37.5度以上の熱が続く、息苦しさがある、咳や痰が続くなどの肺炎を疑わせる症状がある場合には、胸部レントゲンを撮る必要がありますので、内科を受診することです。

以下の記事が現実的で妥当と思われるため、転載させていただきます。

 

新型コロナ、なぜ希望者全員に検査をしないの?  感染管理の専門家に聞きました

utm_source=dynamic&utm_campaign=bfsharefacebook&ref=mobile_share

http://agora-web.jp/archives/2044468.html

https://note.com/syasukaw/n/n1a893bcaa312

2020.02.27 | コメント(0)