院長ブログ

名古屋市の新型コロナウイルス

次第に新型コロナウイルスの感染者(PCR検査陽性者?)の数が増えてきてはいます。

名古屋市内の新型コロナ感染者数は愛知県のサイトで確認することができ、最近は40-50人/日ですね。累計の数字(黄色線)は7月頃から上がってきています。

https://www.city.nagoya.jp/kenkofukushi/page/0000126920.html

この名古屋市のサイトにある生データをもとに、グラフを作ってみましょう。

2020年7月頃から、急に累計検査実施人数が伸びていることがわかります。そして、検査陽性者数は検査実施人数の増加に伴い増えていることがわかります。

PCR検査ができる体制が整ったとみることもできますが、スクリーニングにPCR検査を使用し始めたのもこの頃です。

そもそもPCR検査は一定数の偽陰性と偽陽性が出るため、スクリーニング検査に用いてはいけないものです。

検査の正確性が99.9%であれば、0.1%は偽陽性が出るということですから、1000人検査すれば1人は新型コロナにかかっていないのに、コロナにかかったとされてしまいます。

偽陰性は本当に新型コロナであっても、そうではないと出てしまうので、感染拡大させてしまう可能性が大きくなります。

この図からは、検査陽性になってもほぼ同数の患者さんが退院していることがわかりますね。

そもそも本当に新型コロナだったのか、偽陽性だったのかはわかりません。

それでは最初のグラフから、数字の大きい累計検査数を外すと累計陽性者数が伸びた後、2週間ほどして退院者の数が同じカーブを描いていることがわかります。つまり、検査が陽性だったために2週間ほど入院して隔離しているけど、もともと入院する必要はなかった人たちもたくさん混ざっているかもしれません。

青色の日別新規陽性患者数(これは累計ではありません)は検査の増えた7月中頃から増加していますね。1日に数十名~700名ほどのPCR検査が行われていることになります。

この図からは、入院患者数が3500人近くになってきていても、累計死亡者数はほとんど増えていないことがわかります。

それでは、累計陽性者数と累計退院者数の大きな数字を外して小さなスケールで見てみましょう。

7月中頃から1日当たりの新規陽性者数が急激に増えたことが、2週間後の累計死亡者数の増加に関係しているように見えます。

それでは、2020.11.3現在の名古屋市内の累計死亡者数が62人、累計陽性者数が3455人ですから、死亡確率は1.794%です。100人の検査陽性者がいるとすると、1.8人程度が死亡していることになります。

検査陽性になった場合に、累計退院者数は3102人ですから、陽性者の中ですでに退院した人は0.8978%ですから、89.8%がすでに退院しており、8.4%の人は入院中ということになります。(89.8%+1.8%=91.6%、100%-91.6%=8.4%)

市のHPに記載されている死亡者情報では、70代~90代の高齢者がほとんどで、基礎疾患や詳細については公表されておらず、ここからは読み取れません。

医師会で発行されている名古屋医報R2.11.1号では、2020.9.13日現在の死亡者数総計52人 死亡割合1.9%、死亡者の年齢中央値は83歳(65-94歳)と記載されています。

日本全体の累計でも本日時点で累計感染者数(陽性者数?)103926人、死亡者数1798人ですから、1.7%程度と、名古屋市の数字とほぼ同じです。

それでは、この1.8%というのはどのような数字でしょうか。

インフルエンザの致死率は新型コロナのように検査陽性数、死亡者数がカウントされていないため、比較は困難です。

例えば、高齢者の死亡割合の高い誤嚥性肺炎では、2016年には男子21,730人,女子16,920人がなくなっています。誤嚥性肺炎は感染症による肺炎ではありませんが、累計で年間38000人以上が亡くなっています。

新型コロナの死亡者数は日本全体で現時点で1798人。

この数字をどう見るかは、個人個人の不安の程度かと思います。

しかし、当院の患者さんで今現実に起こっていることは、コロナを恐れるばかりに自宅から出ない高齢者では骨粗しょう症の治療を継続していても大腿骨の骨密度が下がり、下肢筋力が弱り、確実に体力が弱っているということです。

逆に、ちゃんと外に出て歩いている人では、骨粗しょう症の治療効果も上がっています。

患者さんには出来るだけ座っている時間を短くする様にしましょう、とアドバイスしています。

若い人でもリモートワークになり、体が硬くなり首・肩こり、腰痛、臀部痛、下肢痛で来院されている方が多くみられます。

過敏になりすぎず、正しい知識を持って感染症対策を行っていくことが肝要ですね。

当院では現在、発熱のある患者さんの診療は行っていませんので、自宅療養、または内科を受診していただき、熱が下がってから当院を受診していただくようにお願いしております。

また、院内では入室時に手指アルコール消毒とマスクの着用をお願いしております。マスクを忘れた方には受付でお渡ししております。

これから寒い季節になりますが、院内換気のため風除室の表側は開け放してあります。院内も窓を開けて隙間風を作っておりますので、体温調節のために院内では適宜上着の着用をお願いいたします。

また、適宜院内のアルコール清拭も行っておりますが、椅子は間隔をあけてお座りいただくようにお願いいたします。

2020.11.05 | コメント(0)

難治性の腰痛

なかなか治らない腰痛で困っている患者さんがたくさんおられます。

一般の整形外科では、レントゲンで骨の変形や椎間板のすり減りが指摘されたり、MRIで腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症などの診断のもと、ロキソニンやボルタレン、リリカやトラムセットなどのお薬が処方されます。

それでは治らない患者さんが当院に来られますが、筋肉に触ってもらったことがない方がほとんどです。

腰痛は、体の動きを見て、背骨や股関節の可動域を見て、筋肉を触診し、圧痛を確認することが大切です。

患者さんは腰で痛みを感じていても、痛みを感じている腰には腰痛の原因がないこともあります。

それだけでなく、病気としての腰痛の原因として、1番怖いのは細菌感染による腰痛である化膿性椎体椎間板炎。

腰椎圧迫骨折は、最初のレントゲンではわからないこともよくあります。問診やベッドから起き上がるときの痛み方で疑えば、レントゲンに異常がなくても早期診断には腰椎MRIが必要になります。

仙腸関節障害や、臀部表層の知覚神経である臀皮神経障害はネットで有名になりましたが、それを疑って来院される患者さんのほとんどは真の殿皮神経障害や仙腸関節障害ではありません。

仙腸関節周辺の痛みでも、仙腸関節自体が悪い方はほとんどおらず、仙腸関節周辺の筋肉、靭帯が問題になっていることがほとんどです。

たまにみられるのが脊椎関節炎という病気。

脊椎関節炎は、乾癬という皮膚の病気や、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、梅毒などに伴う、脊椎と仙腸関節炎とともに、四肢関節炎を併発することもあります。

脊椎関節炎には、ヒュミラなどの生物学的製剤による治療が必要な場合もあります。

でも、多くの難治性腰痛は、そんな病気などではなく、筋膜性疼痛です。

身体は全体が協調して動いています。

腰が痛いからと腰だけ見ていては、本当の腰痛はわからないもの。

患者さんでぎっくり腰の急性腰痛で来院した人でも、腰だけでなく身体の様々な場所が疲れていることが多いです。

患者さんには、今回のぎっくり腰は、お風呂の水が最後に溢れて症状になっただけで、それまでに体に疲れを溜めてきていたんですよ、と説明しています。

慢性腰痛もその延長線上にあります。

腰だけでなく、全身の筋肉を診て整える必要があります。

トリガーポイントへのハイドロリリースやリハビリはその強い味方になります。

また、知覚過敏に陥り、少し体を押しただけで痛みを強く感じてしまう人もいます。

知覚過敏をこじらせてしまうと、全身に痛みが広がり、線維筋痛症と呼ばれてしまうような状態に陥ってしまう方もいます。

そうした人には知覚過敏に対して、下降性疼痛抑制系という脳の痛みコントロール機能を元気付けてあげる必要があります。

その場合に、トラムセットやサインバルタ、ノイロトロピンなどのお薬が活躍するのです。

知覚過敏を疑わず、ただ漫然とそれらのお薬を腰痛に処方している医師もたくさんいますが、本来の治療のあり方とは違うのではと思います。

あくまで治療で大切なのは、痛み止めを使うことではなく、動かなくなった筋肉、筋膜を動くように治療してあげること。そして患者さん本人でも体を動かすことなのです。

ロキソニンやボルタレンを飲み続けていれば胃腸障害や腎機能低下を招きます。

お薬だけ処方して筋肉の痛みは放っておけば自然に治る、というのは間違いです。

また、動ける筋肉を取り戻すためには、筋肉に良いことをしなくてはいけません。

動くこと以外には、食事も大切。

糖質や炭水化物を摂りすぎている患者さんも多いです。

筋肉のためにはタンパク質やビタミン、ミネラル、そして魚やω3などの良い脂質を摂ることも大切。

血流を良くして、筋肉に十分酸素が届けられる状態を作ることがとても大切なのです。

そのため、当院では腰痛といえど採血を行うこともあります。

1番多いのは蛋白不足、鉄不足、それに伴う貧血です。

その場合は必要な栄養のアドバイスをしたり、鉄剤を処方することもあります。

難治生の腰痛は、その様々な要因を診てあげる必要があるのです。

2020.11.01 | コメント(0)

体に合う枕とは?

今日はテレビにも数多く出演していらっしゃる、整形外科枕でご高名な、16号整形外科の山田朱織先生のオンラインミーティングに参加しました。

山田先生はテレビでも学会でもご高名で、私も一度お話を聞いてみたいと思っていました。

先生の枕サイトはこちらです。

https://makura.co.jp/

筋・筋膜の痛みを治療していると、起きている間でも同一姿勢の保持、つまり、同じ姿勢でいることは、特定の筋肉だけに負担をかけ続けています。

筋肉は伸びて縮んでポンプ機能を発揮し、血流を改善しています。

筋肉はよく動かすことがとても大切なのです。

特に、新型コロナにより在宅ワークが増え、パソコンの前に座っている時間が長くなったり、猫背姿勢が長くなったり、太ももの筋肉が椅子で圧迫を受けたままでいることは、太ももの痛み、腰の痛み、お尻の痛み、肩こり、首の痛み、頭痛など、筋肉の連結により痛みが広がります。

また、コロナを怖がるばかりに高齢者の方たちも家からでなくなり、座っている時間が長くなった結果、筋肉を使わなくなり、下肢筋力が非常に弱くなって、重力に負けてしまっている人もたくさんいます。歩かないことで、大腿骨の骨密度も低下している人もたくさんいます。

大切なことは、動くこと。筋肉の収縮、弛緩を繰り返し、動かし続けることです。

そのためには、座っている間には肩を回し、腰を回し、貧乏ゆすりをするのもよいでしょう。

何より、座る時間を少なくすることが大切です。

さて、寝ている間はどうでしょう。

そうです。寝ている間にも動き続けることが大切なのです。

睡眠中は意識がないので、自然に寝返りをうてることがとても大切。

そのためには、柔らかすぎて沈み込む寝具はあまりお勧めしません。

枕の高さは、ベッドの柔らかさにより体が沈み込むため、現在のベッドに合わせて枕の高さを変えることが大切です。

すなわち、あおむけ、横向きで寝た時に、それぞれちょうどよいと思われる高さを見つけることです。

本日の山田先生も、寝具、体、枕の三位一体が大切とおっしゃっており、自分で考えていたことと同じだなあと納得しました。

寝具が変われば、枕の高さも変わります。

枕は自分が心地よいと思う感触の素材でよいと思いますが、高さにはこだわりたいです。

寝ている時間は、起きているときに酷使した抗重力筋を休める大切な時間。その間に、抗重力筋は寝返りにより収縮弛緩を繰り返し、血流を改善して酸素がたくさん補給されます。

寝返りがとても大切なのです。

私は寝返りしないんです、という人でも、山田先生の研究によると、最低5回、平均20回は寝返りをしているそうです。

寝返りが自然に打てるようになるためには、今使っているベッドで寝がえりしてみるとよいでしょう。

硬すぎて肩が圧迫されすぎていたり、柔らかすぎて寝返りが打ちづらい場合には、ベッドのマットの上に、柔らかい素材、または硬い素材の敷物をするとよいでしょう。

体の寝返りがしやすくなったら、枕の高さを合わせましょう。

あおむけでは、枕が高すぎると首が前に出すぎてしまいます。低すぎれば首の支えがなくなり、負担がかかります。顎が引けてしまえば気道が狭くなり、息がしにくくなります。

横向きでは、枕が高すぎたり低すぎたりすれば首が横に曲がるため、筋肉が引き延ばされてしまいます。

ちょうど筋肉全体がリラックスして脱力しているポジション。らく~に深呼吸ができるポジションに高さ調節すればよいでしょう。

高さ調節には、バスタオルをお勧めしています。

枕の上、または下に折りたたんだバスタオルを置けば、枕の高さが調節できますね。

それだけです。お金もかかりません。

実際にこのアドバイスをして、朝首が痛かったのが楽になった患者さんの声もあります。

今日のオンラインミーティングでは、頚椎症で首の神経が圧迫されており、手のしびれがある患者さんが、枕の高さを合わせただけで、首の痛み、手のしびれが治ったという報告がありました。

神経の圧迫自体が治るわけではありませんが、寝姿勢が悪化要因になることがあるということだと思います。

今日から、寝返りがしやすいように寝具の硬さ調節、枕の高さ調節をしてみてくださいね。

山田朱織先生の、寝姿勢の計測による専門枕に興味がある方は先ほどのサイトの購入方法の項を参照してください。

https://makura.co.jp/pillow/top/#anchor_PERCHASE

また、安い偽物が多く出回ったため、山田先生は出版社と企画して、高さ調節可能で安価な枕もお試し用に発売したとのことです。

もしバスタオルで調節したものよりも、山田先生プロデュースのものが使いたいということでしたら、ご参照ください。

より良いものを、という方は、こんな枕もあります。

でも、一番良いのは直接計測してもらって高さ調整をしてもらうものが良いのでしょうね。お試しあれ。

2020.10.21 | コメント(0)